2006年6月28日 (水)

【配列】バックオーダーにおけるサーブレシーブフォーメーション

さて、今のこの時期(黒鷲の後)になぜこの話題(フロントオーダーバックオーダー)について、書き始めたのか?

もちろん、前からいつか書こうと思っていたのは間違いないのだが、なぜこのタイミングだったのか? と言えば、実は黒鷲旗で久々に男子のトップレベルでフロントオーダーを採用しているチームをみたからである。
それは、準優勝に輝いた東海大学である。それについては、また後日詳しく(修理したてのビデオで撮った映像を確認の後)アップする。

まぁ、その東海大学のことは別にして、前に書いたように現在のトップレベルのバレーでは男子も女子もバックオーダーを採用しているチームがほとんどである。極端な言い方をすれば、どのチームも戦術的に似通っていると言えるわけで、今年の黒鷲旗で、特に男子で大学勢の活躍が目立った要因の一つには、そのことが影響していると思う。以前なら、4年間という限られた時間のためにレギュラー陣がめまぐるしく変わらざるを得ない大学勢は、なかなか2人・3人でのサーブレシーブフォーメーションを敷くことすら難しい様子だったが、今やVリーグチーム勢と大学勢との間での戦術面での違いを探そうにも、組織的なブロック力でVリーグチーム勢の方が少しキャリアの分だけ勝っている、という程度の違いしかないように見える。この光景をたとえるなら、それまでアメリカ・ソ連などの一部の国だけが独占していた世界最先端のバレー戦術が、イタリアを筆頭とする新鋭国から全世界に一気に広まり、戦国時代に突入した10数年前の世界の男子バレーの光景に似ている。

さて、前置きはこのくらいにして本題に入ろう。
現在のトップレベルのバレーで常識のバックオーダーでの配列では、本来ならば6通りある全サーブレシーブフォーメーションの中で最も弱点となりうるローテーションである、セッターが後衛レフトに位置するローテーションが弱点とならない(というか、弱点にしないためにバックオーダーを採用する)。となると、バックオーダーが常識の現在のバレー戦術の下で最も弱点になるローテーションは?? 答えは2つあると思う。
①男子バレーでは、特に「弱点となるようなローテーションは存在しない」であろう。
②女子バレーでは、「セッターが後衛センターに位置するローテーション」であろう。

これについては、今年のVリーグ女子の決勝戦で露呈した、と思う。決勝戦直後に書いたとおり、今年のVリーグ女子決勝戦の勝敗を分けたのは、久光製薬のこのサーブレシーブフォーメーションにあった。

Dsc00362オポジット/ライトの2番成田選手がサーブレシーブの要である久光では、ご覧の通りセッター(10番鶴田選手)が後衛センターのローテーションにおいても、かなりコート後方に構えざるを得ないため、ポジショナルフォルトのルール上セッターは彼女より前に出られず、結果的にコートかなり後方からセットアップ位置に向かう必要があるのである(それが、決勝戦の勝敗を分けたことは説明済みですね)。日本のVリーグにあっても女子の場合は、このように久光同様にオポジット/ライトに攻撃力もさることながらサーブレシーブの巧い、いわゆる「ユーティリティプレーヤー」が配されることが多く(東レ・JTが代表)、この写真にあるようなサーブレシーブフォーメーションを「女子型(オポジット/ライト=ユーティリティプレーヤー型)」とでも呼ぶことにしよう。

一方、男子ではオポジット/ライトにはチームで最も攻撃力のある「スーパーエース」を配することが多く、従ってオポジット/ライトの選手は基本的にはサーブレシーブは行わない。そのため、同じセッターが後衛センターのローテーションでは、このようなフォーメーションとなる。(写真が少し悪く、オポジット/ライトに配されている江口選手の背番号が確認できないが、、、一応全選手の中でもっとも前に位置して、半身になっているのが江口選手であり、当然16番の内田選手がセッター。)

Dsc00363女子のVリーグチームでこのスタイルをとるのは、写真のパイオニアや武富士が代表である。これを「男子型(オポジット/ライト=スーパーエース型)」とでも呼ぶことにしよう。
このサーブレシーブフォーメーションでは、当然セッターが後衛センターのローテーションも、写真でわかるとおり特に弱点とはなり得ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

【配列】フロントオーダー/バックオーダー

フロントオーダーよりバックオーダーが優れている理由は他にもある。

フロントオーダーでは、セッターが後衛ライトのフォーメーションで、前衛は「レフトにオポジット/ライトプレーヤー・センターにレフトプレーヤー(裏レフト)・ライトにセンタープレーヤー/ミドルブロッカー」と並ぶ。この際のサーブレシーブフォーメーションで、当然オポジット/ライトプレーヤーはレフト側から、裏レフトプレーヤーはライト側から攻撃を仕掛けることになる。その次のローテーションでのサーブレシーブフォーメーションでも、両者の関係は変わらないので、やはりオポジット/ライトプレーヤーがレフト側から、裏レフトプレーヤーがライト側から攻撃を仕掛けざるを得ない。即ち、本来レフトからの攻撃が得意なはずのレフトプレーヤーが前衛3回のローテーションのうちで2回はライト側から攻撃しなければならず、逆にライトからの攻撃な得意なはずのオポジット/ライトプレーヤーが前衛3回のローテーションのうちで2回はレフト側から攻撃しなければならないのである。これは、各ポジションの専門性という意味から見て、非常に不都合である。この点において、トップレベルに限らず、スパイクサーブなどの強烈なサーブのほとんどないB級レベルにおいても、フロントオーダーは採用すべきでないと私は昔から考えている。

しかし、敢えて上述の「フロントオーダーの欠点」を逆手に取るならば、時にフロントオーダーを採用する意味が出る場合がある。最近のトップレベルの試合で、うまくフロントオーダーを採用して成功していた例として印象に強く残っているのは、アテネオリンピック最終予選(OQT)の時の全日本女子である。あのときの全日本女子は、レフトからの攻撃が得意な高橋みゆき選手をオポジット/ライトプレーヤーに配し、一方ライトからの攻撃が得意な木村沙織選手を裏レフトに配していた。あの大会の初戦のイタリア戦で、当時まだ高校生だった木村沙織選手がスタメンであったことを、「イタリアのデータバレーの裏をかくための奇襲」と考えた方もいたようだが、私は「フロントオーダーを採用していたこと」から考えて、あのときの柳本監督の頭の中であくまでスタメンは木村沙織選手で固定されていたことを確信した。(実際、ゲーム途中でよく見られた木村沙織選手と佐々木選手との選手交代が行われると、フロントオーダーを採用しているがために、オポジット/ライトプレーヤーの高橋みゆき選手と裏レフトの佐々木選手が上述の関係に陥り、佐々木選手にしかトスが上がらない、単調なトスまわしになっていた、、、結果的にはそれで彼女が大活躍したわけだが。)そしてオリンピック本番では、バックオーダーに戻っていた。オリンピック本番では木村選手をスタメンで使うつもりは最初からなかったのであろうと、そこから受け取れる。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月10日 (土)

【配列】前回の解答(その4)

もしも、このローテーションで、フロントオーダーを採用しているチームはどうなるのか? 考えてみる。

フロントオーダーでは、セッターが後衛レフトの位置に配置されているローテーションの際に、セッターの真ん前に配置されるのはレフトのプレーヤーとなる。現代バレーでは、レフトプレーヤーはサーブレシーブの要であり、従ってサーブレシーブフォーメーション上、コート中央からやや後方に構えざるを得ない。そうするとそのレフトプレーヤーより後方に位置しなければならないセッターは、コートかなり後方からセットアップ位置に向かわなければならなくなるのである。現代バレーではサーブは強力なスパイクサーブが主流となってきており、特に男子バレーではその傾向が顕著のため、フロントオーダーではセッターが後衛レフトの位置のローテーションの際、サーブを打たれてからセットアップまでの時間的余裕がほとんどないのである。そのため、現在の男子バレーでフロントオーダーを採用しているチームを見ることは、トップレベルではほとんどないのである。

ということで、前回の問題の解答が、どのようにして瞬時に導きだされるのかというと、、、
即ち、ここまで書いてきたフロントオーダーバックオーダーの違いをよく理解している方ならば、例のサーブレシーブフォーメーションを見て、瞬時にセッターの位置を確認するだけで、バックオーダーのチームと判断して、前衛は「8番・11番・2番」とわかるのである。さらに言えば、バックオーダーの特徴をよくご存知の方なら、この次のフォーメーションも6人の位置関係がほとんど変わらないことをご存知のはずである。

Dsc00361

これが、前回の問題にしたローテーションの次のローテーションでのサーブレシーブフォーメーションである。10番の鶴田選手と8番の大村選手の位置関係が微妙に変わっている以外には、ほとんど変わっていないのが一目瞭然であろう。当然このサーブレシーブフォーメーションでは、前衛の3選手は「10番・8番・11番」であり、2番の成田選手は後衛である。このように、サーブレシーブフォーメーションがほとんど変わらないのに、オポジット/ライトの選手が前衛か後衛かが変わるのがバックオーダーでの特徴であり、これは「知っているか知らないか?」それだけのことである。プレーヤーでも知らないことが多く、実際私はB級レベルの試合で、このことを逆手に取って、前回問題にしたローテーションから試合を始めて、相手チームにオポジット/ライトの選手を「後衛」だと勘違いさせて、相手ブロッカーをノーマークにすることに何回か成功した経験がある。(ちなみに、私はチームを作るとき、バックオーダーでしかチームを作ったことがない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【配列】前回の解答(その3)

何回も言うが、配列には2種類あり、フロントオーダーバックオーダーである。プレー経験者でこのことを知っている方でも、この両者に決定的違いがあることに気づいていない方は多いはずである。なぜならば、実際B級レベルの試合を見ていると、フロントオーダーのチームが意外に多いことに気づくからである、、、。

はっきり断言する。現代のバレー戦術において、両者のうちで明らかに戦術的に優れているのは、バックオーダーの方である。実際今年のVリーグ男女18チーム中で、両者の内訳を見れば一目瞭然である。

男女18チーム中、フロントオーダーを採用しているチームは、たったの1チーム(NEC女子)しかない!
さらに言えば、吉田清司さんによれば、アテネオリンピックに出場した男子チームのすべてがバックオーダーを採用していたとのことである。

では、なぜ? バックオーダーが優れているのか? それにはいくつかの理由があるのだが、もっとも大きな理由が例の問題に出したフォーメーションにある。

自チームがサーブレシーブの場面で、セッターが相手チームのサーブが打たれた瞬間から、セッターの定位置(セットアップ位置)へ向かうのが最も技術的に難しいローテーションはどこかわかるだろうか? (セッターを一度でも経験したことのあるプレーヤーならわかるはずだが、セッターの経験が全くないプレーヤーはひょっとするとわからない方もいるかもしれない。)それは、セッターが後衛レフトのポジションにいるローテーションである。なぜならば、セッターは普通自チームのレフト側に顔を向けてトスアップを行う。セッターが後衛レフトからセットアップ位置へ向かう際には、物理的に移動距離が長いだけでなく、その移動中に相手チームのサーブの軌道から目を離さずに体を270°ほど右回りに回転させなければならないのである。(移動距離的には後衛ライトの際も長いのだが、体はほとんど回転させなくてよい。)

それを前提として、例の久光製薬のフォーメーションを見てみる。実は例の写真のフォーメーションは、その問題の「セッターが後衛レフト」のローテーションでのサーブレシーブフォーメーションである。このとき、バックオーダーを採用している久光製薬では、セッターの10番鶴田選手の真ん前に配列される前衛選手は、センター/ミドルブロッカーである8番の大村選手となる。前衛のセンター/ミドルブロッカーがサーブレシーブをすることは現代バレーではあり得ず、サーブレシーブフォーメーションでその選手(8番大村選手)はネットに張り付いた状態で構えることができる。そのためその選手よりポジショナルフォルトのルール上後ろにいないといけないセッターの10番鶴田選手も、写真のとおり、ネット際に近い位置で構えることが可能となり、セッターの定位置までの移動距離はかなり短くなるため、セットアップが容易になるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

【配列】前回の解答(その2)

前回指摘したとおり、「配列」には2種類あり、フロントオーダーととバックオーダーである。実は、6種類ある久光製薬のサーブレシーブフォーメーションのうちで、「なぜわざわざ私が問題のローテーションを選んだのか??」この意図まで把握できた方は、ここから先は恐らく読む必要がない。

実を言えば、解答(その1)で先ほど説明したものは、私の頭の中での思考回路を正確に書き出したものではない。後から論理的になぞっているだけである。実は、あの写真のサーブレシーブフォーメーションを見た瞬間に(もちろんセッターが10番であることは瞬時に判断するとして)、このチームがバックオーダーであり、当該ローテーションはセッターが後衛レフトのローテーションであるとわからなければならない。そして一番右側に位置する2番がオポジットの選手で、当該ローテーションでは前衛ライトである、と次の瞬間に機械的に判断される。

なぜそれが可能なのかは、次回説明する。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【配列】前回の解答(その1)

まずお礼から。
サブさん、ディーラーさん、コメント及びご回答頂き、ありがとうございました。

さて、解答だが、せっかくお二方に貴重な意見を頂いたので、それに則って書いてみる。

実は、この問題を考える段階で期待された「典型的間違い」が、ディーラーさんの回答のとおりの「8番(大村選手)・10番(鶴田選手)・11番(ケニア選手)」である。恐らく、プレー経験のない方はほとんどはこの回答を思い浮かべるであろうし、プレー経験者でもこの回答をする方が多いと思う。
ただ、ディーラーさんが奇しくも指摘してらっしゃる「写真を見ると、フロント3人の位置取りは微妙」というのが、実はかなり重要なポイントである。恐らくディーラーさんは、ご自身の回答の矛盾点に気づいてらっしゃると思う。即ち、「オポジット」の「成田(選手:2番)がバックライトにいる」ということは、当然対角のセッターである鶴田選手(10番)がフロントレフトにいるはずで、「鶴田(選手:10番)  大村(選手:8番)  ケニア(選手:11番)」がフロントの3人であるならば、鶴田選手(10番)は大村選手(8番)よりも左に位置していないとポジショナルフォルト(反則)となるため、写真から見て明らかに間違いとわかる。

なぜわざわざ「2秒以内に」答えるように指示したのかと言えば、要するに上述のように「最初から問題のチーム(久光製薬)の各選手のポジションに関する知識」を頼りに回答されるのを避けるためである。ディーラーさんは、久光製薬の各選手のポジションを恐らくもともと知っているはずで、それに基づいて冷静に時間をかけて考えれば、上述のようなことに気づくはず(実際ご自身の回答の矛盾に、後から気づかれたはず)である。更に言えば、サブさんのコメントの通り、確かに冷静に時間をかけて考えると、この久光製薬の各選手の知識が全くなくても、バレーボールのポジショナルフォルトに関するルールを正しく理解していれば、正解が5通りあるというのは「正しい」。サブさんは、それを理解したうえで「2秒で答えるのは至難の業」とコメントして頂いたはずだが、それはあくまで「ルール上での可能性の話」であって、そんなことを言っていたら試合には残念ながら勝てない。全く未知の相手チームと試合する場合に、試合開始時の相手のサーブレシーブフォーメーションがこの写真のような状態であったとしたら?? 「至難の業」と言って済まされるはずはないのである。

では、いよいよ解答。上述の通り、「最初から問題のチーム(久光製薬)の各選手のポジションに関する知識」に頼らずとも、自ずと正解には到達する。プレーヤーの視点から言えば、まず相手チームのフォーメーションを見て、瞬時にまず把握すべきは「誰がセッターか?」であり、ラリー中のセッターの定位置である、「ネット際のセンターからややライト寄りの位置(今回の写真で言えば、サーブ側のチームの前衛レフトに位置する6番の選手とネットを挟んで向かい合う位置)」に向かって、サーブが打たれた瞬間に一直線に向かおうという足の向きをしているプレーヤーがセッターであり、従って10番がセッターであると瞬時に判断できる。それと同時に、セッターが後衛であることにすぐに気づかなければならない。なぜならば、セッターが前衛であるならば、最初からネット際について自チームのコート側に体を向けている方がプレーしやすいはずであり、わざわざ相手チームに体を向けて、かつ8番の選手よりも明らかに後方に位置しているというのには、それはポジショナルフォルトのルール上の制約のためでしかあり得ない。従って、実はセッターが10番と判断できるとほぼ同時に、その10番の真ん前に「配列」上位置する選手が8番と判断でき、かつ8番は全選手の中で最も左かつ前に位置することから前衛レフト・そして自動的にセッターの10番が後衛レフトと判断できる。となると、後衛レフトの10番より左側に位置する11番は後衛ではあり得ず、前衛に決まる。

従って、ルール上で「実際的に」あり得る解答は、「8番・11番・3番」か「8番・11番・2番」の2つとなる(ユニフォームの色の違う14番はリベロであり、前衛はあり得ないので)。この2つで迷った方は「かなりいい線」と言えるが、「8番・11番・3番」と回答した方は、恐らくはプレー経験のない方であろう。前衛3人ともアタッカーであるならば、わざわざ3人ともレフト寄りに位置させることには、アタックフォーメーションを考えれば全く無意味である。従って「現実的に」あり得る解答は「8番・11番・2番」となる。これが正解である。

こうやって、言葉で書くと「ホントにこれを瞬時に見分けられるの?」と(特にプレー経験のない方は)思うかもしれない。実は、そこにもう一つのポイントがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

【配列】黒鷲旗にて(初の写真アップ!)

黒鷲旗の試合の模様は、後日アップする予定、、、(GAORAでの放送が、決勝戦は生中継なのに、準決勝は録画でそれも随分と日にちがあいてから放送されるので、順番としてまず準決勝の放送を見てアップしてから、決勝戦をアップしたい)。

というわけで今日は、過去の投稿で何回か「別の機会で詳しく説明する」と書いてきた、バレーの戦術の中ではかなり根幹に近い部分というか、まずそれを決めない限りはバレーの試合自体が始まらない、各プレーヤーのサーブ順での配置の仕方(『セリンジャーのパワーバレーボール』の中では、「配列」という言葉で表現されているので、それに従って単に「配列」と書かせてもらう)について、さわりだけでも書こうかと思う。

これは当然、プレー経験のある方ならば誰でも本来は知っているはずのことなのだが、意外と知らない、というか「わかっていない」プレー経験者が多い気がする、、、。実は「配列」には、2種類の方法がある。『バレーボール100Q入魂』にも書かれている、吉田清司さんの言葉を借りるとフロントオーダーバックオーダーの2種類である。前者は、セッターが後衛レフトの位置のローテーションで、前衛(フロント)が「レフトにレフトの選手・センターにセンターの選手・ライトにオポジット(セッター対角)の選手」と、本来各プレーヤーがラリー中に専門的に務めるポジション通りに並ぶ「配列」で、後者はセッターが後衛ライトの位置のローテーションで、後衛(バック)が「レフトにレフトの選手・センターにセンターの選手・ライトにセッター」と並ぶ「配列」である。フロントオーダー・バックオーダーといった言葉自体は別に知らなくてもいいのだが、この両者に、戦術上で決定的違いがあることは重大な事実であり、そのことに気づいていないプレーヤーが実は多い。

ためしに、黒鷲旗で撮ったこの写真を見てもらいたい(クリックで大きくなります)。Dsc00360_6
これは久光製薬のあるサーブレシーブシーン(相手チームがサーブを打つ寸前)を撮影したものだが、これを見て瞬時に(2秒以内に)久光の前衛3人の背番号を当ててみて欲しい。正解できた方は、上記の「配列」のことを普段から意識しているプレーヤーの方であるはずで、恐らくあまり意識してこなかったプレーヤーの方は、間違える可能性が高いと思う。

正解は、次回の投稿にて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)