« 【動画で解説】『本当に〝速いトス〟は必要なのか?』 | トップページ | 新しいテクノロジーがもたらす〝光と影〟(後編) »

2016年6月11日 (土)

新しいテクノロジーがもたらす〝光と影〟(前編)

12471598_10153419974999007_81908524

photo by FIVB

(この記事は『バレーペディア編集室Facebookページ』に寄稿したものです。)

 

リオ五輪最終予選・兼アジア予選大会(以下、OQT)で物議を醸した「タブレット型端末(以下、タブレット)」。 

「タイムアウト」や「チャレンジ」、「サブスティテューション(選手交替)」など、試合中に各チームが要求できる権利の行使にあたり、今大会では「タブレットを通じて」申請しない限り、監督が従来のハンド・シグナルを示しても許可されない旨の通達が、事前に各チームに行われていたようです。

こうした「タブレットありきの〝特別ルール〟」をきっかけに、女子大会4日目の日本対タイ戦の第5セット終盤で、タイのキャテポン監督が2枚のレッド・カードを出され、日本の大逆転勝利につながった事実は、日本の、いや世界のバレー史に永久に刻まれるのは、恐らく間違いないことでしょう。

 

この一件に際して、FIVB関係者は「リオでは、五輪で初めてこのシステムを導入します。後戻りすることはない」とコメントしている(※1)ようで、こうした発言からは、タブレット使用を前提とした新システムの導入をFIVBが、かなりゴリ押しで進めようとしている印象も否めません。

至近距離にいる副審にハンド・シグナルを示せば済むだけの、従来から長年行われてきた簡単な手続きを、わざわざタブレットを操作して行う面倒なシステムに変更する必要性が、いったいどこにあるのだろう? ・・・ 純粋にそういう疑問を抱いた方も多かったのではないでしょうか。

 

この歴史的大事件を、テレビで目の当たりにした私は、ふと気になって白ペデの 088〜089 ページを見返してみました。そこで、何ともお恥ずかしい限りなのですが、この見開き2ページの中に、本来なら最も肝心なはずのものがすっぽり抜け落ちているという、重大な不備に気づかされました。

P088p089


これが 088〜089 ページですが、今さらながらに気づかされた不備がいったい何なのか、おわかり頂けるでしょうか? プレー経験のない方には、かなり難しい質問かもしれません。プレー経験者の方はいかがでしょうか?





正解は ・・・ 【スコアラー(記録員)】への言及が、抜け落ちている点です。

 

【スコアラー】の存在自体を知らない方に、FIVBが推進する新システム導入の必要性や重要性を理解しろと言うのは、酷な話だと思います。

決してFIVBの肩を持つつもりはありませんが、バレーの試合において【スコアラー】が果たす役割がいかに重要なものであるか ・・・ その理解がもっと一般にも浸透していたならば、今回の一件がバレー・ファンに与えた印象は、もう少し違ったものになっていたような気がしてなりません。
 
そうした意味から、白ペデで不覚にも書き漏らしてしまった【スコアラー】の役割について、バレーペディア編集委員の立場から、この場を借りて補足解説させて頂きたいと思います。

 
 

◎ 人知れず、重要な役割を担っている【スコアラー】

皆さんもご存じのとおり、6人制バレーボールにおいては他のスポーツにはない【ローテーション】というルールが存在します。セット開始時は(リベロを除く)6人のスターティング・メンバーが、あらかじめ申告した「ラインナップ(Line-up)」どおりにコート上に並び、セット開始後は自チームが新たにサーブ権を得る毎に、ラインナップが時計回りに1つずつ「ローテーション」して、コート・ポジション1(図1)の位置に来た選手がサーブを打ちます。

Photo

≪コート上に6人が「ラインナップ」どおりに並んだ際に、各選手が位置する「ポジション(コート・ポジション)」を、上記の「数字」を用いて表現する≫


 

これは6人制バレーボールの根幹に関わるルールであり、厳守されねばなりません。 このルールに逆らって、コート・ポジション1以外の選手がサーブを打った場合は【ローテーショナル・フォールト】の反則が、ラリー開始時(=サーブが打たれた瞬間)にコート上の6人がラインナップどおりに並んでいない場合は【ポジショナル・フォールト】の反則が、それぞれ適用されます。

誰も意図的に逆らうつもりはないでしょうが、プレー経験のある方なら試合中、自チームの正しいラインナップが今どうなっているかがわからなくなるという経験をしたことは、一度や二度では決してないはずです。

ましてや、コート外から試合を眺めている第三者が、両チームの正しいラインナップを試合中に常時把握し続けるのは至難の業であり、それは主審・副審であっても然りです(※2)。では、このバレーボールの根幹に関わる【ローテーション】のルールが、試合中に正しく守られているかどうかを、誰が監視しているのでしょうか?

 

もうおわかりですね。そうです、この監視の役割を実質的に果たしているのが【スコアラー】なのです。

どんなカテゴリの試合であろうと、どんな小さな規模の大会であろうと、それが公式戦である限りは、【スコアラー】を担当する第三者が必要となります。「IF(アイ・エフ: International Formの略)」と呼ばれる、【スコアラー】が記入する記録用紙は、その試合が「正しい【ローテーション】のルールに則って執り行われた」ことを示す「証拠書類」であると同時に、その試合の唯一無二の「公式記録」となります。

13396578_1806593949568885_935316825

≪副審側のコート・サイドに陣取る【スコアラー】。主審に見えるように掲示している得点板こそが、その試合の「正式な」得点経過として扱われるもので、会場の電光掲示版での得点表示は正式なものとして扱われない。(photo by @ux3blust)≫



他にも、1セットあたり6回まで認められる「サブスティテューション」では、一度ベンチに下がった選手がコートに戻る場合、その選手と交替してコートに入った選手とのみ、交替が許可されますが、このルールがきちんと守られているかどうかを確認するのも、【スコアラー】の役割です。

リベロ制導入以降、1ラリー毎にリベロが後衛選手と頻繁に入れ替わりますが、それもすべて逐一チェックするのも【スコアラー】の任務です。

 

このように、【スコアラー】が担う役割というのは「ついうっかり、誌面で書き漏らしました」では済まされないくらいに、極めて重大な任務であるだけでなく、大変労力を要する仕事なのです。

 
 

◎ タブレットありきの〝特別ルール〟が採用されるまでの経緯

【スコアラー】に関してご理解頂いたところで、ここからが本題です。

私も実は知らなかったのですが、2012年の白ペデ発刊以降に起こった出来事として、【スコアラー】が記入する「IF」がFIVB主催の国際大会に限り(※3)、デジタル化されていたようです。

「Data Volley」で有名な、イタリアのDataProject社が開発した「e-Scoresheet」というWindowsソフトが、昨年ヨーロッパで開催された国際大会で試験的に導入され、日本で開催されたワールド・カップ2015でも正式に導入されていた事実が、関係者への取材で明らかとなりました。

メディアから情報が発信されることはほぼ皆無でしたが、昨年のワールド・カップで既に、タブレットは会場内に設置されていたのです。

操作に慣れる必要はあるとは言え、煩雑な作業が要求される【スコアラー】にとって、手書き入力がデジタル入力になるだけでも、作業負担はかなり軽減されます。たとえば、リベロの後衛選手との入れ替わりなどは自動入力が可能になり、手間が随分と省けます。

セット開始時のラインナップについても、従来どおり紙ベースで「スターティング・ラインナップ・シート(通称「目玉」)」を提出しますが、同時にタブレットを通じて入力することが義務づけられており、入力されたデータは「e-Scoresheet」の画面上に、ダイレクトに反映されます。


ここまで説明すれば、タブレットによる入力が「サブスティテューション」において、非常に大きな効果を発揮することは容易にご想像頂けるでしょう。もちろん、目視による確認が【スコアラー】の大切な作業として残りますが、入力ミスは理論的にゼロにすることが可能です。

「IF」をデジタル化させるにあたり、作業効率や正確性の追求する意味で、タブレット入力を導入するのは、必然の流れと言えるでしょう。



タブレット自体は設置されていたにも関わらず、この目新しいシステム導入の件がメディアで採り上げられなかった理由は、タブレットを使用しても構わない一方で、従来どおりのハンド・シグナルでの運用も認められていたからです。

「タブレット」と「【スコアラー】が入力するパソコン」との通信を、無線LANで試みたところエラーが頻発したため、従来どおりの運用も許可せざるを得なかったというのが、事の真相でした。

ハンド・シグナルで「チャレンジ」の申請が許可される(※4)シーンが、テレビ中継で頻繁に映し出されたこともあり、タブレット使用を前提とした新システムが導入されたことなど、メディア関係者ですら、知る由もなかったかもしれません。

通信エラーが頻発したワールド・カップ2015での反省を踏まえ、今回のOQTでは「タブレット」と「【スコアラー】が入力するパソコン」を有線接続することで万全を期し、ハンド・シグナルは許可しない「タブレットありきの〝特別ルール〟」が、本格導入されるに至ったという経緯でした。





こうして見てくると、FIVBが新システム導入を推進するのは、スコアラーの作業負担を減らすという「運営側の都合」だけが理由であるかのように、感じられるかもしれません。事実、新システムについてのマイナス面ばかりが取り沙汰された今回のOQTでしたが、そんな中で唯一「タブレットが導入されていたから」こそ、早い段階で気づくことが可能となり、混乱を最小限に食い止めることができたシーンがありました。

  (後編につづく)

_______


(※1)「バレーの新システムはなぜ“今”か? タブレットとチャレンジの問題点。」(米虫紀子『Number Web』より)

(※2)ルール運用上は、主審がサーブ側チームのラインナップを、副審がレセプション側チームのラインナップを監視することになっているが、過去には主審・副審がそれを見逃してしまい、試合が進行してからその事実が判明して大混乱に陥ったケースが、国際大会(ワールド・カップ2007男子大会・日本対ブラジル戦)や国内トップ・カテゴリの大会(2009年の第58回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会・女子準決勝の久光製薬スプリングス対NECレッドロケッツ戦)でも、実際に生じている

(※3)Vリーグ含め日本の国内大会においては、2016年6月時点で『e-Scoresheet』は導入されていない

(※4)ワールド・カップ2015では、タブレットで申請できる項目に「チャレンジ」自体が、含まれていなかった

|

« 【動画で解説】『本当に〝速いトス〟は必要なのか?』 | トップページ | 新しいテクノロジーがもたらす〝光と影〟(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/63763467

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいテクノロジーがもたらす〝光と影〟(前編):

« 【動画で解説】『本当に〝速いトス〟は必要なのか?』 | トップページ | 新しいテクノロジーがもたらす〝光と影〟(後編) »