« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月27日 (日)

新しい時代を切り開くのは・・・

世の中は、OQTなるものが開催されているようです(一切見てない人がここに約1名います)。

それを見て、あるフォロワーの方が、ふと疑問に思ったこの内容。
直後に御自身のブログにまとめてらっしゃいました。

『三角四角とマル。』より引用


以前からどうしても気になってるというか、引っかかってる事があります。 それは、全日本の試合がテレビ中継されるといつも話題になる事なのです。

・・・(中略)・・・

そこで必ずと言ってもいい程話題に上がるのが

『佐野や竹下がアンダーでトスを上げている(特に佐野)』

という事です。

私は主に男子を観戦しますので、女子の観戦は主に全日本のテレビ中継です。
見ていると確かに佐野がオーバーで上げてるのを見たことがない。
しかも苦しい二段トスではなく『わざわざ』アンダーで合わせてトスを上げている。
竹下も、それはオーバーでもいいんじゃ?と思うやつをアンダーで上げる事もある。
それに対して、『なぜオーバーで上げないんだ!』的な意見が飛び交うんですが

・・・(中略)・・・

これは男性プレーヤーの視点で見た意見なのか
だとしたら女性プレーヤーの意見も知りたい
どうしてわざわざアンダーで上げるのか
女性ならではの理由があるのではないか

・・・(中略)・・・

そして、女性プレーヤーにも聞いてみたいです。
世界の竹下を佳江と呼ぶあのお方に聞いてみたい・・・


この疑問に対して、パイオニアレッドウイングスの我らがガッツが真摯に回答したことをきっかけにして、#vabotter 界隈のTLがこのように展開していきました。ぜひご覧下さい。

ガッツ(@Maaaaa3n)が、リベロのセッティングに関して語る #vabotter

いくつか、カギとなる発言を拾い上げると・・・


少なくとも、ガッツはこうして twitter での発言を通じて、それまで彼女自身を知らなかったファンをガッツファンへと、そしてパイオニアファンへと、ひいては女子バレーボールファンへと導くことに、間違いなく成功しました。


バレーボールを本当の意味での人気スポーツへと生まれ変わらせるために、選手1人1人に課せられた使命は、試合会場やファン感謝デーなどの場で、ただファンサービスをすることだけではないはずです。全日本が勝てばいい、強くなってくれれば、全日本とは無関係の私たちだって、たくさんの観客の前で試合ができ、廃部の危機からも逃れられ、何より「バレーボールを続ける場が確保される」などというのは、全くの幻想です。

新しい日本のバレーボール界を切り開いていくのは、今もバレーボールを続けていられるあなた方の手にかかっているのです。今こそ、具体的にどう行動していくのかで、将来もずっとバレーボールを自分が続けていける場が確保されているかどうか・・・結婚して子供ができて、その子供たちにもバレーボールをさせることができるかどうか・・・それは、今の行動にかかっているのです。

久原や出耒田は、その意味はちゃんとわかってるよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »