« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月 8日 (日)

twitterでバレーボールIQを高めよう!

もうかれこれ20年以上も定期購読している『月バレ』とともに、創刊以来ずっと、一応定期購読し続けている『Coaching & Playing Volleyball(CPV)』。5月1日発刊の最新号(74号)のテーマは「バレーボールIQ」。特に、サッカー中心に活躍されているスポーツジャーナリストの永井 洋一氏の書かれた「賢いアスリートを育成するために」が大変興味深いので、是非ご覧下さい(書店では購入できないので、ご注意を!)

で、その最新号の中程に登場するのが「バレーボールIQ問題集」。高校生の頃、3人セッターシステムとか、結構変則的なことをやったりした経験があるので、チームメイトみんなとの意思統一のためというか、ポジショナル・フォールト取られてパニクらないためというか、そういう意味で試合前に自分で問題を作ってチームメイトにテスト形式でやらせた記憶が甦ったりして、それも面白かったですね。
ただ、特に上級編になると(主にパナの真保コーチが出題)、多分出題者はこれを解答させたいんだろう、という意図はわかるけれど、実際その考え方だけじゃダメじゃん、みたいな領域に入ってくるので、学校の勉強同様、マークシート形式で評価するのはそぐわないな・・・というのは、どの分野でも共通する悩み。

(あっ、余談ですが、解答の解説文に『バレーペディア』の内容がそっくりそのままふんだんに出てくるので、引用元はきちんと明記した方がいいんじゃないの? と余計なおせっかい(苦笑)。)


バレーボールIQを高める方法は、他にもあるということで。
以前も何度か、厳選したtwitterでの議論をご紹介しましたが、最近とみに #vabotter 界隈では、技術・戦術論に関して勉強になるつぶやきが多く、バレーボールを深く知りたいファンはもちろん、指導者や選手の皆さんにとっても有意義と思われる内容が、たくさんあるのでご紹介したいと思います。

vabotterタグから戦術・技術論的なものを抽出してみましたよ(togettered by @tamtam_twtr)

あっ、そう言えば、ライターの市川忍さんもつい最近、#vabotter に参入されました(^^)

荻野サントリーの今シーズンを評価する(togettered by @kotonosamurai)

このあたりで、皆さんも知識を整理して、そして5月16日にNHKで放送される『DEEP PEOPLE - ディープピープル - 』に注目してみましょう! 果たして、『アインシュタインの眼』放送後にNHKの放送スタッフは、幾ばくかでも進化しているのかどうか? 要注目です!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

ハイキュー!!(少年ジャンプ 2011/20・21合併号)が凄い件

twitter で話題になっていたので、元来は漫画を買って読むような人間じゃないんですが、生まれて初めて購入しました『少年ジャンプ』(2011/20・21合併号)。

決して漫画・アニメが嫌いとかじゃないんですよ。タッチとかYAWARA!とかもちろん、再放送ですが見てましたし。小学生の頃、野球を見始めた時に、ルールとか防御率の計算式とか、向かい風でなぜ? 変化球がよく曲がるのか? とか覚えたのも、漫画で書かれた入門書でした。

でも、バレーボール関連のものは、見たことがありませんでした。いや、見たことはあるな・・・アタック No. 1の再放送・・・深夜にテレビつけていたらたまたま流れ始めて、見た気がします。

そんな私が、ちょっとバレーボール関連の漫画が気になり出したきっかけがこれ。



これも twitter でにわかに話題になって、「少女ファイト」の載っている『イブニング』を買いました。読んでみてビックリ!? そこには『バレーペディア』で書いた "スピードではなくテンポ" の内容が、図を交えて実に簡潔に、登場人物の発言を通じて語られていたのです!!!

聞くところによると、作者の日本橋ヨヲコ先生は『バレーペディア』を愛読して下さっているのだそうで・・・後日、文庫本も全部買ってしまいました。




・・・くつひもをかたくかたく結ぶ・・・

・・・どこまでも走れるように、跳べるように、そして・・・

・・・ボールにこの手が届くように。・・・



この言葉で始まる「ハイキュー!!」ですが、最初この文字を見ても、その意味するところまでは深く意識しませんでしたが、読み進めていくうちに、この言葉の重さがヒシヒシと伝わってきました。

な、なんと!? この「ハイキュー!!」は、『月バレ』での連載コーナー・・・ちまたでは、何だか難しそうなことが書いてあるコーナーだな、などと言われている(苦笑)『深層真相排球塾』を通じて、私が伝えたいと思っていることが漫画化された内容だと言っても、過言じゃないのです!!!

『TORUの海外バレー挑戦日記』より引用

「時間差から位置差へ」

先日から取り組んでいるBick。

まだまだ完成度は低いですが、やっている自分達も、周りで応援してくれる人たちも、そして相手までもがわくわくするようなバレーがしたいですね。





『月バレ4月号』で紹介され、同号での読者アンケートで巻頭の木村沙織選手のインタビューコーナーに僅差の2位に選ばれ話題となっている、神戸市立上野中学校女子バレーボール部。



同校の選手が魅せる、全日本女子よりテンポが短くかつパワフルなファースト・テンポの攻撃がこちら。







底辺からは着実に、変革の動きは起こり始めています。漫画の世界で、当たり前に展開されるようになってきたのですから!

そうです。

トス(セット)に「はやい」も「遅い」もないのです!!!

トス(セット)には「アタッカーが最高打点で打てるか、そうでないか?」の違いしかないのです!!!

自分の最高打点に正確にトス(セット)を送り込んでくれるとセッターを信じ切って、アタッカーがセット・アップ前の早いタイミングで、全力で助走に跳び込めるかどうか?

真実はただ、それだけなのです!!!


今回の「ハイキュー!!」は1回読み切りもののようですが、是非とも連載されることを期待します。読者アンケートにもその希望を書き込んで、投函しました。

p.s.: この真実に、Sun GAIAの和井田と高橋寛記が、早く気づいてくれることを信じて・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »