« #getubare でお待ちしてます(追記あり) | トップページ | いざ! 黒鷲旗! »

2011年3月 2日 (水)

山形のレッドウイングス「サポーター」のみなさーん!

パイオニアは昨シーズン、ご存じのとおり苦しい戦いを強いられ、シーズンはたった3勝しか上げられれずにプレミアリーグで最下位。入れ替え戦でも初戦に敗れ、背水の陣で臨んだ2戦目で劇的な勝利をモノにして、プレミア残留を決めました。その前のシーズンは、リーグ途中でチームの廃部危機をも経験しています。そして迎えた今シーズンも、開幕6連敗からのスタートで、2レグ以降盛り返していますが未だに入れ替え戦争いから抜け出せない状況であり、長年のファンにとっては、辛い状況がここ数年ずっと続いています。


しかし、そうした経験を通じてファンの中の、少なくとも一部の人間が「ファン」から「サポーター」へと、間違いなく生まれ変わりました。その事実は、チームスタッフである山口喜代美さんのサイトの中にある、チームの準公式と言っていい掲示板(レッドウイングス掲示板)で繰り広げられる内容を見れば、一目瞭然です。過去に遡らないと見られなくなってしまいましたが、先月の山形でのホームゲームの際には、開場前に入場待ちでできる長蛇の列に関して「初めて観戦に来たファンの方に、是非もう一度会場に来たいと思ってもらえるようなホームゲームにするため、ファンとしてできることはないのか?」と、とても建設的な意見が交換され、最近では、その週末に行われるレッドウイングスの対戦相手の分析が繰り広げられるのが、いわば「恒例行事」のようになっています。勝負の単なる勝ち負けという「結果」だけでなく、勝ち試合の中にも次のステップへ進むための課題を見つけ、負け試合の中にも明日につながるかもしれないかすかな光を見逃さずに、ファン同士でそれを共有する・・・そういう雰囲気があって、見ていてとても心地よいのです。選手やスタッフが見てくれているかどうかはわからないけれども、ファンとして何かチームに貢献できることはないか?・・・ファン1人1人でできることは限られているけれども、それが同じ方向を向いて結集した時にはこれだけのことができるんだ! と実感させられたのが、廃部危機の際の署名活動だったわけですが、その時の思いを忘れずに、1人1人ができることを今も地道にやり続けている姿を、こうしてネット上の掲示板を通じて目にすることができて、レッドウイングスファンの1人として誇りに思います。

レギュラーラウンド3年連続1位通過、3年連続決勝進出していた頃の常勝チームではなくなり、優勝請負人と呼ばれた名選手や人気選手が引退や移籍をして、「ファン」の人数は確かに減ったかもしれませんが、チームの現在・未来のためにできることを考え、そして地道に実行していこうとする「サポーター」の人数は、むしろ今の方が多いかもしれません。今シーズンは悲しいことに、例年なら7〜8試合くらいあるはずのレッドウイングスの関西での試合が、何と1試合も(!)組まれておらず、観戦は年末の浦安遠征のみので終わってしまいそうですが、気持ちの上ではいつも、選手と一緒に戦っているつもりです。そうは言っても、所詮は東北パイオニア1企業の所有するチーム形態ですし、地元山形に住んでいる訳でもないし、実際、廃部危機の署名活動にすら私は参加できなかった、、、。地道にできることと言えば、会場に行って応援することくらいしかありません。試合結果を気にしてVのオフィシャルサイトでライブスコアを凝視するだけでは、チームへの貢献には繋がらないのです。昔から当ブログをご覧頂いているパイオニア「サポーター」の皆様も、同じ思いを抱いてらっしゃるのではないか? と思います。

そういう悶々とした思いを抱えてきた経緯の中で、応援するチームのため、ひいては日本のバレー界全体のため、自分の力で何か具体的な貢献がしたい・・・、そういう強い気持ちで一昨年私は、つくばユナイテッドSun GAIAというV・チャレンジリーグ男子に所属する1クラブチームの法人会員になりました。


今週末、そのV・チャレンジリーグ男子大会が、何と山形で開催されるのです!!!
当ブログをご覧頂いているような、レッドウイングスの「サポーター」の皆さんなら、普段女子バレーしかご覧にならない方でも、間違いなく楽しめるはずです!

2レグの富士通戦から、Sun GAIAは変則的な配列を敷いており、ローテーション毎に各選手の役割が変わります。戦術好きの皆さんなら恐らく、ツボにハマるはずです(詳細は敢えて解説しません、是非会場で、皆さん御自身で分析してみて下さい)。

他にも見所が満載ですよ。個性的な選手がチャレンジ男子にはたくさんいます!
Sun GAIAには、スパイクやブロックを決めたら、ドドスコ踊ってくれる椿山選手がいます。運が良ければエンダキに負けない「ラブ注入heart02」が見られるかもしれませんよー。小学生の女の子を連れて観戦されるなら、安井選手に向かって是非「ゆーせーーー!」って叫ぶよう指示してあげて下さい。とっても喜んで、直後に大活躍してくれるはずです。個性的だけじゃなく、世界トップレベルのプレーも、チャレンジリーグならコート間近で見れちゃいます。出耒田(できた)選手のAクイックは間違いなく世界トップレベル! 和井田選手のブロックの上を抜く高いスパイクや、先程も名前を上げた椿山選手のスパイクサーブも、間違いなくプレミアで通用するレベル。リベロの吉野選手のトランジションでのセッティング能力も、惚れ惚れしますよー。もちろん加藤陽一選手も健在、名将・都澤監督が魅せる絶妙な大学生セッター2人(矢野選手・前田選手)の使い分け・交替のタイミングからも、目が離せません。

他のチームにももちろん、楽しみな選手やプレーが一杯! 日曜日に登場するヴェルディでは、プレミアで活躍した濱口選手や奥田選手の老獪なプレーが見られます。きんでんには、キャラクター賞・塩選手がいて、コート外でも見ているだけで楽しめますが、コート内でも素晴らしいプレーを魅せてくれますし、そして何より、MBである彼がリベロと交替しないで後衛でプレーする唯一のチャンス・・・彼のサーブの場面では、見事にファーストテンポのパイプ攻撃(bic(k))の助走に彼が入ってきてくれますよーー!

是非この週末、山形近郊にお住まいのレッドウイングスサポーターの皆さん、V・チャレンジリーグ男子大会会場に足をお運び頂き、気に入って頂けたら是非、つくばユナイテッドSun GAIAの応援をよろしくお願いします!!!
詳しい会場アクセスの方法は、赤木選手が間もなくSun GAIAのオフィシャルサイトにアップしてくれるはずですが、それまでの間は、こちらからご確認下さい!


|

« #getubare でお待ちしてます(追記あり) | トップページ | いざ! 黒鷲旗! »

コメント

はじめまして。パイオニアレッドウィングスと全日本女子チームを応援してる者デス。
私とバレーボールとの関わりは専ら《観るファン》という立場で、その愉しさにハマってかれこれ30年経ちました。30年前の私は中学一年でしたので部活動に携わり始める時期だったわけですが、クラスの中で《並》レベルの運動神経だった私には部活でのバレーボールに敷居の高さを感じ、バレー部への入部は断念しました…。以来、競技する立場ではバレーボールに携わった事は一度も無いのですが、少年期にもぉ少し背が高かったり、ジャンプ力に自信があったならば迷わずバレー部に入部していただろうなぁ、と40代になった今でも思ってます。でも当時、体育の授業で一番愉しかったのは断然バレーボールでした。校庭の端には常時バレー用のネットが張られていたので、昼休みにクラスメイト達と時々遊び感覚でバレーをしていたのも懐かしい思い出です。
T.wさんのブログを拝見し始めた頃にまず学ばせていただいた事は《現状のバレー用語》についてでした。観る専門で競技の現場に携わってない私ですので、中学当時の体育の教科書に載ってた類いの用語で私の認識は殆ど止まったままだったのです。『バックオーダー』『フロントオーダー』という言葉を見聞きして???だったし、レフトとセンターに《表・裏》という文字が付く意味が当初は解りませんでした。T.wさんのブログを拝読させていただいてる事でそれらの意味を理解出来ましたし、大好きなバレーボールに対する《熱狂度》がより一層深まったと私自身感じております。本当にありがとうございます。バレーボールについて疑問に思った事や、ついど忘れした事があった場合には『バレーペディア』に目を通しております。

第7回リーグで東北、関東以北のバレーボールチームでは初めてトップカテゴリーに昇格して以来、レッドウィングスの応援を通して他の女子チームを会場で観る機会が圧倒的に増えた為、私自身男子バレーチームの試合を観る機会は激減しました。7〜8年くらい前だったと思いますが福島でワールドリーグの試合を観に行ったのが最後になってます。その試合で全日本男子チームの応援をリードしたのが東北パイオニア応援団だったなぁ。
レッドウィングスを応援してるfan仲間達とも話す事があるんですが、『日本ではバレーボールというと《女子》のイメージが先行しがちだけど、本当は男子が先行してた方がイィと思う。ブラジルやイタリアは強化が先行してた男子に習って、女子も強くなっていったから』と。ヨーロッパや中東諸国には男子バレーが先行してるところが沢山あるよぉですから、それに習って女子も台頭してくる国々がこれからも現れるでしょうね。
今度の土日、山形:長井で開催されるVチャレンジ男子の試合会場には諸用があり足を運ぶ事が出来ません。本当に申し訳ありません…。
ヨーロッパでは競技の種別に関わらず、地域スポーツクラブ・チームが日常の生活に溶け込み、理解され根付いてるといわれてますね。日本のスポーツ界ではプロのカテゴリーに於いてはサッカーがその概念を紹介し先導しました。他競技がトップカテゴリーで同じくその概念を取り入れようとする、或いは取り入れてほしいという要望が上がると『サッカーの真似』という言葉で一蹴されがちです…。特に日本のバレー界は野球と並んで《学校の部活》《企業スポーツ》のシンボルという位置を担っていた面がありますから、日本ではまだまだ新機軸と捉えられがちの《地域クラブチーム》の運営ノウハウを、協会の要職にいる人達ほどイメージが湧いてないんだと思います…。
多くのバレーボール愛好者の皆さんが、つくばユナイテッドSunGAIAのクラブ運営に注目してるでしょう。レッドウィングスは形態としては東北パイオニアの企業内チームですが、精神的には《地域のシンボルチーム》であると私は常日頃思ってます。チーム強化を推進した故 石島聡一さんは『地域貢献』を大切にしておられました。レッドウィングスはその証の1つだと思うし、今後レッドウィングスは地域クラブチームとしての色合いを一層強めていくと私は思ってます。堺ブレイザーズ、岡山シーガルズ等も含め、課題は多いかもしれませんが日本のバレーボール界にも年代や競技者レベルを問わず《地域クラブ》の概念が拡がっていく事を、いちバレーボールfanとして望んでます。

話しが逸れがちで、しかも長文になってしまいました。これからもバレーボールについて学ばせていただきます。よろしくお願いいたします。

投稿: あか・ず・きん | 2011年3月 2日 (水) 21時11分

 『レッドウイングス』の皆ンな…。ドォカ、「6位」には留まって!

投稿: 大 | 2011年3月 4日 (金) 18時45分

>あか・ず・きんさん、

初めまして。熱い思いを語って頂き、ありがとうございます!
(こう書きながら、なぜか「初めまして」とは思えない気がしてならないのですが(^_^;)、気のせいでしょうか?)

ブログを始めてはや5年以上、あか・ず・きんさんのようなファン、いや、サポーターが一人でも増えて欲しい、、、とずっと思ってきたのですが、そう言ってもらえて涙が出そうです、本当に。素直に感謝・感激です! 何もレッドウイングスのためというだけでなく、恐らくこういう見方ができる方が増えれば、絶対にバレー界全体にとって、大きな意味を持つはず・・・そう信じて、睡眠時間削ってブログ更新してきて、それがここ最近、「あぁ、信じてやってきて正解だった!」と実感できる体験が立て続けにあり、本当に嬉しい限りです。今回のあか・ず・きんさんのコメントがなくても、山口喜代美さんの掲示板でお名前をずっと拝見しておりましたので、そう感じていたのですが、こちらにもコメント頂き、本当に嬉しいです。

>レッドウィングスは形態としては東北パイオニアの企業内チームですが、精神的には《地域のシンボルチーム》であると

仰るとおりです。地元近郊の方々の間にはそういう意識が芽生えている、Vでも数少ないチームだと自負しています。前監督が始めた、幼稚園へ出向いての絵本読み聞かせの活動、素晴らしいと思うんです。だからこそ、チーム名もブレイザーズやシーガルズのように、山形ないしは東北を冠にして欲しいな・・・と思うんですよね。

お陰様で、山形会場、アクセスの不便さや会場の環境の悪さにもかかわらず、結構な観客が来られたようです。あか・ず・きんさんのような、意識の高い方々が山形には沢山いらっしゃるお陰だと思います。本当にありがとうございました。

投稿: T.w | 2011年3月 6日 (日) 23時39分

motorsports ※「絵文字」の中にも、流石に『地震』及び『原発事故』を表するモノは無いんデスねtoilet。… 彼の『メグ』君の調子が安定せず、「入替え往き」含みで戦って居た、『赤羽軍』にトッテ丈言えば、「7位決定?」で終えられた意味丈で云えば、『東太平洋岸地震』も、「犠牲が多すぎる福音」ダッタ…のかもネ!up 何れ。「堕ちる底迄堕ちた」と想えば、跡は『挙がる』丈だし、今1歩「スタエレンス」が馴れて呉れて『メグ』や『レオ』達が《S,A》トシテの元来の「働き」をシテ呉れたら《B4》は堅い筈の「ティーム」でしょhappy01

投稿: 勝魂。 | 2011年4月 9日 (土) 14時10分

pass…。『絵文字』に。肝心の『Vボール』ラシキ「図柄」が、無かった『気』が…スルよ。 何れ、「記事」の趣旨?は『全日本・女子』に於いて、「テン」選手に、明日にも『替われる』準備が欲シィと言う、「肝心」の筈が『叶わぬ』らしい「望み」を、執念深く「明示」スル事!翁

投稿: 克己 | 2011年4月15日 (金) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/51010489

この記事へのトラックバック一覧です: 山形のレッドウイングス「サポーター」のみなさーん!:

« #getubare でお待ちしてます(追記あり) | トップページ | いざ! 黒鷲旗! »