« 『月刊バレーボール』1月号を読んで・・・(その2) | トップページ | #getubare でお待ちしてます(追記あり) »

2011年1月25日 (火)

これぞ、ホームゲーム‼(大同特殊鋼 - つくば @桜総合運動公園体育館)

早朝に起床し、始発に近い新幹線で乗り込んだ桜総合運動公園体育館。駅周辺で寄り道を少ししたせいで、第1試合終了とほぼ同時の、昼ちょうどぐらいの会場入りとなった。

事前情報どおり出店がカレー屋さん1店舗のみでやや殺風景であったが、カレーとナンは美味しかった。何より、カレーを注文しながら、「これ、外で食べなあかんのやろうな・・・でも座る場所ないよな・・・」などと思いつつ、片手にカレー皿をうけとりその姿のまま、とりあえず入り口に座っていた係員? のおばちゃんにSunGAIAのパートナー会員証を見せて・・・なんてしていたら、誰も何も言わずに、その姿のまま中へ通され、あれよあれよと観客席まで到着してしまうという、何というか、そのお手軽さが嬉しかった。

さて、試合の方に移りたいと思う。因みに、エントリーにはできなかったが、今シーズンの開幕以来のSunGAIAの戦いぶりとそれにまつわるあれこれについて、その都度Twitterではつぶやいていた。

1月9日~10日 V・チャレンジ男子 2010/11 開幕2連戦 @ジェイテクト体育館

この日はこれまで全勝で、今後を考えても間違いなく優勝争いの上で強力なライバルとなるであろう大同が相手。大同は裏レフト(バックオーダーにおける、いわゆる"5"のポジション)に配される辰巳選手が、ライトから攻撃するのが得意なためか? S4(=セッターが前衛レフトのローテーション)の前衛アタッカー2枚の状況でのレセプションアタックでは、彼が前衛ライトから攻撃参加し、前衛レフトから攻撃するアタッカーがいない代わりに、後衛で彼の対角の倉田選手が後衛ライトからバックアタックを打つという攻撃パターンを基本としている。しかも、レセプションは後衛の倉田選手と同じく後衛に位置するオポジットの川波選手とリベロの3人で担当し、川波選手はユーティリティタイプのオポジットで、バックアタックには基本的に参加しないため、S4で後衛レフトの倉田選手がサーブで揺さぶられると、自動的にセットは前衛ライトの辰巳選手に上がる確率が高くなる。先週のヴェルディ戦では、この戦略によってこのローテーションで連続失点をするケースが目立っていた。まず、第1セット。この大同の弱点をSunGAIAがきちんとつけ込み、セット中盤で連続得点を稼いで一気に引き離して、25-19で先取。しかし、この日の試合前の練習を見ている段階から何となく胸騒ぎがしていた予感が、第2セットに入って的中してしまう。これまで無類の高さで相手ブロック陣を2〜3枚「コミット」せざるを得ない状況に追い込んでいた、出耒田の「ファースト・テンポ」のAクイックが、この日は練習から今ひとつ、セッター前田と息が合っていなかったのだ(この日の前田は、セットが少し低くなりがちだった)。序盤こそ第1セットの流れでリードするも、レセプションアタックで出耒田のクイック1本でサイドアウトが取れないSunGAIA。ラリーに持ち込まれると、ことごとく大同の両サイドのアタッカー陣にブロックアウトで弾かれて、徐々に流れが大同へ傾き、セット中盤で大同が逆転。その後一進一退の攻防が続き、競り合いのままセット終盤へ。つくばが再逆転して先に23点に到達し、ここで決めれば勝負あったかと思われた加藤のC1攻撃が、前田のセットがここでも少し低くなって大同の1枚ブロックにつかまり、嫌な流れで迎えた大同の小林選手のスパイクサーブ。この場面でそれが炸裂して、大同が再度逆転して先にセットポイントを迎える。それは何とか凌いでジュースに持ち込む粘りを見せたSunGAIAだったが、結局は27-29で大同が取り返し、セットカウント1対1。

迎えた第3セット。嫌な流れを断ち切りたいSunGAIAだったが、セット開始早々にマサのC1がまたまた前田のセットが低くなって、大同のブロックにつかまり、第2セットの流れのままで試合が進む。SunGAIAはここで、セッターを前田から矢野に交代。矢野は開幕2戦目の対ヴェルディ戦の第3セットまではずっとスタメンだったが、その日の作為的としか思えない誤審の連続のせいで第3セット途中で交代させられて以来、一度もコートに立っていなかった。そのため、この場面での登場は緊張を強いられたであろうが、実に落ち着いてプレーし、セット中盤まで一進一退の攻防が続いた。SunGAIAは強烈なスパイクサーブで攻めたてるが、大同のレセプションが一向に乱れず、ブレイクのチャンスが訪れない。ラリーが続けば、最後は大同の両サイド陣に第2セット同様、ブロックをはじき飛ばされてしまい、SunGAIAとしてはイライラが募る展開。ついに集中力が切れそうになり、19-23と絶体絶命のピンチ。サイドアウトを何とか取って、20-23とするとここで訪れたのは、例の大同がS4のローテーション。このチャンスを逃すまいと思ったか、ここで加藤がアリーナエンド側に集結していたチームサポーターに向かって、「立ち上がって声援してくれ!」と体でジェスチャー。更にベンチも勝負に出る。前衛レフトに上がってきたオポジットのマサを勇誠に代え、そのまま前衛レフトでプレーさせる。加藤のジェスチャーに応えて立ち上がったサポーターたちの声援を背中に、SunGAIAはここで連続ブレイクを重ね、会場は異様な雰囲気に包まれる。アリーナサイド側の観客や2階スタンドの観客に対しても加藤は、立ち上がるようジェスチャーを執拗に繰り返し、2階スタンドにいた私も思わず立ち上がった! 会場に詰めかけた観客とまさに一体となって大同を追い込み、何と一気に連続5得点で逆にセットポイント。連続得点はそこで途絶えてジュースには持ち込まれたものの、その勢いのまま26-24でSunGAIAが奪うと、もう会場はお祭り状態。第4セットは、それまで全く切れなかった大同の緊張の糸が切れてしまったのか、勇誠や椿山のスパイクサーブが面白いように大同コートに突き刺さり、一気に20-9。試合は完全に決まってしまった。セットカウント3対1、大同は初黒星。


朝早くに新幹線に飛び乗って、大正解だった。初めての経験だが、本当のホームゲームとは、こういうゲームのことを言うのではないだろうか? 確かに、試合後のファンサービスやサイン会もファンにとっては嬉しいイベントだが、でもファンが一番望んでいるのは、チームと一体になって戦うこと、そして勝負に勝って、選手と一緒に勝利の至福に浸ること、のはず。そのことを全く違う状況で感じた2年前の日帰り遠征が、否応なしに思い出された・・・SunGAIAのファンになって、法人会員になって、本当に良かったと思った。

恐らくこの日、SunGAIAを見に桜総合運動公園体育館を初めて訪れたファンのほぼ全員が、「またもう一度、この体育館に観戦に来たい」と思ったはずだ。たとえ出店がカレー屋1店しかなかったとしても、DJなんかいなくても、鳴り物の応援による先導がなくても、中にいる選手の意識ひとつで、ここまでのことができるのだ! これこそが、真のホームゲームの姿だろう!

|

« 『月刊バレーボール』1月号を読んで・・・(その2) | トップページ | #getubare でお待ちしてます(追記あり) »

コメント

常々感じていることですが、Vリーグもホーム&アウェー方式にすべきなのでは。
バスケットのbjリーグやサッカーのJリーグに比べてVリーグに足りないのは地元の一般の方の「おらがチーム感」だと思います。
Vプレミアでは1シーズンに28試合もしながら、地元で開催されるゲームは4つか5つ。これでは地元にファンの生まれようがありません。
子供が少ない時代に地域にアピールできないのでは、他の種目に素材を奪われてバレー自体がいずれ先細りになります。
地方で全日本選手が見られなくなる、というのなら各地方にVリーグチームを作ってホーム&アウェーにすればいいのです。
市町村合併で余剰傾向にある各地の体育施設の有効利用にもなるでしょう。

トップエリートが何かの拍子に活躍してくれれば勝手に裾野は広がる、みたいな発想はやめて、地域から地道に人を発掘して育てるという「急がば回れ」に徹したらどうなんでしょう。
サッカーがしっかり答えを出しているではないですか・・・

投稿: ほい | 2011年1月30日 (日) 17時46分

 まあ大同特殊鋼は浅知恵しか浮かばん連中よ。実力で戦う気概を感じたことがない。

投稿: 紳士同盟 | 2011年11月30日 (水) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/50676602

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ、ホームゲーム‼(大同特殊鋼 - つくば @桜総合運動公園体育館):

» [VBall]どうすれば伝わるか。伝えたいことは何か。 [/ja あやつる YmrDhalmel]
inspired: これぞ、ホームゲーム?(大同特殊鋼 - つくば @桜総合運動公園体育館): suis annex weBLOG 同じ試合を見てました。奇遇です。 確かに、試合後のファンサービスやサイン会もファンにとっては嬉しいイベントだが、でもファンが一番望んでいるのは、チームと一体に... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 07時43分

« 『月刊バレーボール』1月号を読んで・・・(その2) | トップページ | #getubare でお待ちしてます(追記あり) »