« NHKにだまされるな! | トップページ | 『月刊バレーボール』1月号を読んで・・・(その2) »

2010年12月19日 (日)

『月刊バレーボール』1月号を読んで・・・(その1)

「日本のオリジナル」って何だろう? それを突き詰めるべく、今月号(1月号)の月バレを読み込んでみた・・・p144〜147の眞鍋監督のインタビュー。

世界トップレベルのバレー戦術の変遷の振り返ると、何度か革新的変化をもたらしたチームがある。もちろん(目にしたことはないが)ミュンヘンの日本男子ナショナルチームもそうだろう。一番最近なら言うまでもなく、ブラジル男子ナショナルチーム(=レゼンデバレー)だし、その原点はロサンゼルス・ソウルと五輪2連覇を果たしたアメリカ男子ナショナルチームにあると言っていい。

革新的変化に繋がる戦術はもちろん、その当時はその国「オリジナル」であったはずだ。しかし、それが世界のトップレベルのバレー戦術を進化させるだけの「妥当性」があるからこそ、あっという間にそれは「世界標準」へと切り替わる。同じ戦術で戦えば、残念ながら高さがものをいうのがバレーボールというスポーツ。だからこそ、身長で劣る国がそれぞれの「オリジナル」を模索し、そして新たな革新的変化がもたらされる・・・その繰り返しの歴史なのだ。たくさんの「オリジナル」の中で「妥当性」のないものは、自然淘汰されていく、それが自然の摂理。

そう、だから「オリジナルの戦術を編み出すこと」=「世界で勝てる」ではない。それまでのバレー戦術の変遷から見て「妥当性」がない「オリジナル」は、淘汰されて決して「世界標準」の戦術には発展しない。森田淳悟氏が練習中に「偶然」開発した「一人時間差攻撃」は、直後に「世界標準」のプレーになったが、アトランタオリンピックに向けて日本女子ナショナルチームが開発した「ゼロ・クイック」や、アテネオリンピックに向けて同じく日本女子ナショナルチームが開発した「バック・ブロード」は、その後「世界標準」にはなっていないのだ。

一つ、動画をお見せしたい。(なお、発見して下さったのは吉田清司さんです m(_ _)m)

1988年のソウルオリンピックで、セリンジャー(父)監督時代のオランダ男子ナショナルチームが披露した、ファースト・テンポのパイプ攻撃(bic(k))。打っているのはWSのズベルヘル。テンポは0.67秒。

これが、恐らく世界最初のファースト・テンポのパイプ攻撃だというのは、私の記憶(「オランダ男子ナショナルチームがセリンジャー監督の下、世界で初めてバックアタックの速攻を開発した」というメディアの記載を見た記憶)及び、『ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」』の中の記載(p91のレゼンデ監督のインタビュー記事)から、恐らく間違いないだろうと思う。ご覧の通り、リードブロックの意識が全く欠如している当時の日本男子ナショナルチームにとっては、驚愕のプレーであったのだろうと容易に推測できるほどに、見事にノーマークで気持ちよくズベルヘルに打たれている。間違いなく、当時オランダ「オリジナル」であり、これほど見事に相手に通用しているのであれば、このあとすぐに「世界標準」となったはずであろう。ところが・・・

その4年後のバルセロナオリンピックで、同じくセリンジャー監督の下でオランダ男子ナショナルチームが見せたパイプ攻撃。打っているのも同じくズベルヘルだが、何とこれは、セカンドテンポ!! であり、テンポは0.90秒。

「オリジナル」を開発した国、それも、開発した監督と選手が同じでありながら、その「オリジナル」戦術を用いなくなったという現実・・・この歴史的事実から、当時のトップレベルのバレー戦術の変遷にあって、ファースト・テンポのパイプ攻撃は「妥当性」がなかった、と解釈できるのだ。では、そのまま消え去ってしまったのか? と言えば、それは違う。世界最初の披露から実に、10年以上もの時間を経て、ブラジル男子ナショナルチームがそれを採用し、今度はそれは「世界標準」へと発展した。


一体、オランダのファースト・テンポのパイプ攻撃と、ブラジルのファースト・テンポのパイプ攻撃の違いは何だったのだろうか?

|

« NHKにだまされるな! | トップページ | 『月刊バレーボール』1月号を読んで・・・(その2) »

コメント

他選手とシンクロしていなかった為にブロックマークを絞られた…とかですかね?

投稿: S2HARA | 2010年12月19日 (日) 06時45分

そうか。まだリードブロックの概念が普及していないから、バルセロナでもセンターのクイックに2枚コミットに行っちゃっているんだ。
てぇことはシンクロの必然性が全くなくてバックセンターからの攻撃は2ndテンポで充分効果を発揮するってなことか。

んでもって、現代は2ndテンポじゃリードで下手をすると3枚揃えられてしまうから、シンクロの必然性が出てきた…と。

投稿: kaz10000 | 2010年12月19日 (日) 07時49分

なるほど! 
戦術の話があまり得意でない私にとってもわかりやすいです。ありがたい。(バレーペディアは購入、読了済みではありますが)続編も楽しみにしています。

投稿: akikomiz | 2010年12月19日 (日) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/50338117

この記事へのトラックバック一覧です: 『月刊バレーボール』1月号を読んで・・・(その1):

» 「リベロ」 〜セットアップは「アンダー」?「オーバー」? [てっぺーs EYE]
「月刊バレーボール」をようやく手にすることができました。 (東京から遠い北海道は、入荷が発売から2日遅れになるとか・・・) 今回は、特に全日本女子に関する記事で、みなさんの反響が大きいようで、 私も興味を持っていました。 読んでいて、私なり...... [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 16時19分

« NHKにだまされるな! | トップページ | 『月刊バレーボール』1月号を読んで・・・(その2) »