« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月17日 (土)

テンポの実測値

アンドレ・エレルの31(ロングBクイック)。テンポは0.7秒。
アナウンサーが思わず「高くて早い!」と叫んでいるところが、本質を見事に突いている。
従って、ファースト・テンポの目安は0.7秒以内が妥当なところ。


ジバのファースト・テンポのパイプ攻撃。テンポは0.64秒。


ダンテのファースト・テンポのパイプ攻撃。テンポは0.66秒。


ポーランドだって負けてません。シフィデルスキーのファースト・テンポのパイプ攻撃。テンポは0.7秒。


ユキからリーへの51。テンポは0.87秒。これは、ほぼファースト・テンポでしょう、どう見ても。
「はやくてブロックの完成前に打てる」攻撃は、決してブロックの横(ストレート側)をボールが抜けていくのではなくて、あくまでブロックの「上を抜けていく」高さが必要だということが実感できる映像。


ユキからメグ(栗原)への32。テンポは0.86秒。ユキが決して高くないセットアップ位置から、ゲスしてしまっている東レの荒木選手を嘲笑うかのような、見事なセットを上げている。ボールはセットの描く放物線軌道の頂点を通過して明らかに落ちてきているので、これはセカンド・テンポ。


ウラズリーのC1。テンポは0.87秒。これはファースト・テンポ。


こうして見てくると、0.8秒台のテンポが、ファースト・テンポとみるかセカンド・テンポとみるかが微妙な範囲。従って、セカンド・テンポの目安は0.9秒以上。


但し、何より大事なことは、"テンポ"の本質は「何秒か?」ではないということ。本質は「セットの描く放物線軌道の頂点位置」にある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »