« 優勝しましたーー! o(*^▽^*)o | トップページ | ホームつくばの陣(その2) »

2010年3月22日 (月)

ホームつくばの陣(その1)

SunGAIAの今シーズンは、ジェイテクト戦の敗戦をもって幕を閉じた。

刈谷で初観戦した時点で、既にジェイテクトはチームとしてほぼ完成していた。一方のSunGAIAは、どういうチームを作っていくのか? 相手とどう戦っていくのか? 見えてはいない状態だった。ワンワンの加入は大きな期待であった一方で、センター陣と速攻の息を合わせるには、準備不足の感がありありであった。

ジェイテクトの強さはもちろん、一言では言い表せないが、大きな要素は「脱・スーパーエース」にあることは間違いない。チャレンジリーグでは、多くのチームが最も攻撃力のあるエースをレフトに配して、代わりにオポジットには上背のないユーティリティプレーヤーを配してレセプションに参加させる、いわゆる古典的バレー戦術を採るチームが多い。そんな中でジェイテクトは、オポジットにチームで最も打数の多い「スーパーエース」である若山選手を配しながら、彼へのセットはテンポが早い。ライト側からテンポの早い攻撃を繰り出せるからこそ、上背のないレフト陣2人(石田・松原両選手)の前衛レフトからの攻撃及び、パイプ攻撃の決定率が上がる。だから、ジェイテクトを攻略する一つの鍵は、若山選手を如何にブロックで潰すか? にかかっている、と言える。開幕時点で既に完成していたチームを相手に、SunGAIAが為す術なく敗れたのは当然の結果だった。観戦直後に書いたとおり、コミットであれリードであれ、チームとしてのブロック戦術はこれで行くんだ! という基本的な合意がない限り、完成度の高いチームに勝ち目はないからだ。

その意味で、前週のきんでん戦から突如として、リードブロック「に近い」形の組織的ブロック戦術を採り始めたSunGAIAが、レセプションからのテンポの早い若山選手のライト攻撃に対してワンタッチを着実に取り、さらにラリー中の彼の攻撃に対して3枚ブロックを完成させてプレッシャーをかけられるか?・・・そこに注目しながら、試合を見つめていた。

第1セット、ジェイテクトに主導権を握られながらも、オポジットの若山選手には和井田・加藤のレフト・ブロッカーが何とか食らいついて、気持ち良くは決めさせなかった。ラリー中にはワンワンを交えての3枚ブロックで、プレッシャーをかけることに成功していた。惜しむらくは、松原選手のサーブが回ってくるまでにリードを許してしまったこと・・・プレッシャーを感じない状況で、彼にサーブを思い切り打たれると辛い。それに加えて、いつものことながら、ワンワンのセットアップ時のダブル・コンタクトでの失点・・・。何とか食らいついてはいたものの、競り合いまで持ち込めずに、1セットを失った。

第2セットは一転して、序盤に主導権を握ることに成功したSunGAIA。中盤に追い上げられそうになったところでSunGAIAは、ワンワンのサーブのところから岩田へ交代。岩田選手の投入は、センター陣2人と息があわないためにどうしてもオポジットの上場に集まるワンワンのセット回しのリズムを変えて、ジェイテクトのブロッカー陣のマークを分散させる意味が大きかったはずだ。その期待に応え、登場してすぐ菊池の速攻を使って、ジェイテクトに流れを渡さない。

そんな流れの中で私は、次に松原選手のサーブが回ってくるローテーションで岩田がまだ後衛になることをあらかじめ確認した上で、私は観戦しながら心の中でこう呟いた。



・・・松原(選手)のサーブが回ってきたら、ワンワンを戻そう!・・・




しかし、SunGAIAのベンチを見ても、その気配は感じられなかった。松原選手ほどの強力なスパイクサーブを相対するにあたって、セッターが190cm以上の長身セッターかそうでないかは、レシーバーが感じるプレッシャーの差は計り知れないはず。まして、セッターが後衛となると、レセプションがネット際に返っ(てしまっ)た場合のリスクが高いはずだ。・・・そしてその懸念どおり、松原選手のサーブが回ってくると、SunGAIAはジェイテクトに追いつかれてしまう。

|

« 優勝しましたーー! o(*^▽^*)o | トップページ | ホームつくばの陣(その2) »

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。

遠くまでお疲れ様でした。
Vチャレンジリーグ好きのぼくは長野から茨城まで
同じ日に観戦しにいきました。
もっとも首都高が込みすぎて第3試合からの観戦でしたが(笑)

いつもながら鋭い着眼点に恐れ入ります。
第2セット岩田選手に交代した時点でリズムと、何より彼の明るいキャラクターでムードを一転させて試合の流れを変えたのは事実でした。

しかし何かリスクがあるとは感じていましたが、それが何かわからないまま、あれよあれよという間に逆転で2セット目を落としていました。

ぼくが気付いたことは、(実に単純ではありますが)、岩田選手に代わってから加藤選手のスパイクが一回も決まらなかった事でした。

投稿: marouf | 2010年3月28日 (日) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/47879793

この記事へのトラックバック一覧です: ホームつくばの陣(その1):

« 優勝しましたーー! o(*^▽^*)o | トップページ | ホームつくばの陣(その2) »