« スーとサキちゃん、合体してくれないかな・・・(デンソー - パイオニア) | トップページ | 優勝しましたーー! o(*^▽^*)o »

2010年2月22日 (月)

閑散としたグリーンアリーナ(トヨタ車体 - パイオニア)

V・プレミア女子の試合で、これだけ閑散としたグリーンアリーナ神戸を見たのは初めて、、、。

当たり前だが、前日のデンソー戦を見ている車体としては、レセプションさえ返ればライトから・・・即ち、サキの前から攻撃しようという戦略を採ってくるのは、素人でもわかるはず。パイオニアとしては、前日同様にサーブで崩したいところだったが、第1セットは車体のレセプションが全く乱れず(公式記録を確認したが、この日のJVISの判定員は何を考えてるの?! と思うくらいにレセプションの判定が厳しすぎる)。一進一退に近い形でセット中盤まで競り合って試合は進み、勝負所のラリーでお互いにレフト線に頼るトランジションの攻防も、車体の大黒柱であるレナタ・都築両選手に決して打ち負けてはいなかったレオとサキだったが、チャンスボール(free ball)を返した場面を悉く、ライト側からの早いテンポの攻撃で切り替えされて、為す術なし。第2セットは、遂にミホに代えてアサコをスタメンで起用するも、むしろコートの中はがむしゃらさや元気な声が消えてしまって、パイオニアは淡泊なスパイクミスを連発。そんな中、イク一人が気を吐き、レナタを一人で連続で止めるものの、さすがに車体だけに諦めないファインディグの連続で繋がれ、最後はサキが車体の3枚ブロックに連続でシャットされるという形で意気消沈。あっさり2セットを車体に連取されてしまう。

第3セット佐藤監督は、さすがにローテーションをずらしてスタート。ようやく車体のレセプションも徐々に崩れ始め、パイオニアがリードを奪う。舐められていた感のあったサキが羽根(旧性・高橋)翠選手を見事に1本シャットし、元気を取り戻せるか? と思ったが、肝心のベテラン勢(レオ・アサコ)が中央の時間差にブロックを完成させられず、逆に車体に勢いを与えてしまう。チームに勢いがつくと、途端に気迫がこもる都築選手に渾身のスパイクでブロックをはじき飛ばされ、セット終盤に車体が逆転。セットカウント0-3。試合時間1時間20分にも満たない、まさかのストレート負けに終わった。


今シーズンは、この試合が最後の観戦だった。それなのに、こんな試合を見せられたのでは「サポーターとしては」黙っていられない、というのが正直な感想だ。何も負けたから言っているのではない。コヨミが正セッターとして独り立ちし、アキもシーズン開幕当初の課題(ブロックや、そつのないディグ)を克服しつつある状況で、百戦錬磨のベテランが何をやってるのか! と言ってやりたい。ここ数年の車体戦と言えば、パイオニアの「しつこい」リードブロックシステムに止められまくるのを、チーム一丸となった渾身のファインディグの連続で繋ぎに繋いで、最後に都築選手がブロックをはじき飛ばして車体が波に乗る、というのが負けパターンである。そんなことは素人でもわかるはず。それなのに、1本「止めた」と思っただけで気を抜いてしまい、実際にはファインディグで繋がって、直後の車体のトランジションの攻撃に対しては、ブロックに跳ぶのを「諦めて」しまう、、、。去年までの「しつこい」リードブロックを実践しているのが、去年はチームにいなかったイク一人という状況では、止まるものも止まらない。


前々回のエントリーに続いての引用だが・・・


『ベリーロールな日々』より引用

バレーの場合、先読みをしてラリーを組み立てるには、セッター・アタッカー・リベロ(とスタッフ)の全員の意思があたかも「1人の人間」であるかのように統一感を持ち、それをプレーに反映できるだけの一定の身体能力と技術水準が必要です。

レベルの低い指導者だと↑これを誤解して、選手を型にはめて思考停止させて「1体のロボット」のようなチームを作ってしまいますが、そんなものは観ていても気持ちがうすら寒くなるだけです。



パイオニアはセリンジャー監督時代には、コートの中の選手達全員が、監督と同じ水準で戦術を理解できてあたかも「1人の人間」のようにプレーしていたからこそ、3年連続でレギュラーラウンド1位通過という偉業を成し遂げられたのである。その頃から変わらぬスタメン選手であるレオとアサコが、何度も対戦しているはずのトヨタ車体を相手にして、素人でもわかるようなそんな「当たり前のこと」が出来ないようでは、現在最下位とはいえ少なくとも「1体のロボット」には達している相手に勝てる訳がない。見事な「1体のロボット」と化している高校生相手にも、負けて当然である。新加入のイクがあれだけ一人で「しつこく」ブロックに跳び、こぼれ球を拾いに飛び込み、渾身の2段トスを上げ、コヨミの精一杯のトスを常に「何とかしてあげたい」と必死に打っているのを見ても、チームが「1人の人間」であるかのような一体感を持たせられないようなベテラン勢など、はっきり言ってチームに必要ない。

戦術云々以前のレベルだった開幕当初に比べて、飛躍的に若手選手達の力がついてきた今だからこそ、黙っていられない。セッターもウイングスパイカー陣もどんどん小型化して、世界の流れと逆行していく今のV・プレミア女子にあって、日本のバレーの未来のために、大型セッターを育てる英断をしたチームだからこそ、来シーズンも何としてもプレミアで戦う姿を見たいと我慢強くサポートし続ける決断をしたレッドウイングスファンは多かったはずだ。しかし、肝心のチームがこんな試合を見せていたのでは、そういう決断をしたファンの多くを、間違いなく失っていってしまうだろう。アサコが帰ってきてくれたことは本来喜ばしいはずなのにむしろ、メンバー的には優勝を十分狙えた昨シーズンのチーム状況に近づいてしまっている。来週は本気で、スーとサキのレフト対角スタメンでいいと思う。2人のどちらかが意気消沈すれば、ショウを投入すればいい。たとえそれで惨敗しても、チームは大切なファンを失わずに済むと思う。

パイオニアがそういうファンを失えば、間違いなく暗黒のシドニー前の状況に逆戻りする、、、既にその兆しを、グリーンアリーナ神戸の空席の多さにひしひしと感じながら、帰路についた。

|

« スーとサキちゃん、合体してくれないかな・・・(デンソー - パイオニア) | トップページ | 優勝しましたーー! o(*^▽^*)o »

コメント

こんばんは。

私は色々なカテゴリーの試合を観ますが、プレミア以外は観客も少なく、いつの間にやら数名のファンの方と顔見知りになりました。
その方たちは本当に私心無くチームをサポートしていらっしゃると感じます。頭が下がります。
(余談ですが先日観戦した地域リーグのJAぎふの監督は椿本さん・エースは加藤理絵さんでした)

パイオニアにもそういったサポーターの方たちが大勢いらっしゃるはずです。ファンを失望させるような内容のゲームだけは見せないでほしいですね。
パイオニアの先輩方には素晴らしいメンタリティーの持ち主が多かっただけに、今回のレポを拝読し悲しくなりました。

歳のせいか浪花節的な話になってしまい申し訳ありませんでした。

投稿: 渡り鳥 | 2010年2月27日 (土) 21時18分

>渡り鳥さん

お久しぶりですね! コメント頂いてとても嬉しいです。

っていうか、それホントですか?! 理絵ちゃん、JAぎふにいるんですか!? しかもエースってことは、レフト(ウイングスパイカー)?

ブログが一向に更新されないので、随分心配していたんですが。ともかく、バレーを続けてらっしゃるということがわかって、ホッとしました。情報ありがとうございます。


私の方こそ、渡り鳥さんを悲しい気持ちにさせてしまってスミマセンでした。ホントはもちろん、こんな内容は書きたくはないんですけどね、、、昨シーズンからこのような内容ばかりを書いている気がして、それがやりきれません。

投稿: T.w | 2010年3月 4日 (木) 00時15分

こんばんは。

そうなんです。加藤選手エース(WS)として活躍されていました。
フロアレベルで椿本さんや理絵さんを観ることができて、うれしかったですね。
(JAぎふは2012年の岐阜国体の強化指定チームになっています)

週末の川越大会、パイオニアの応援に出かける予定です。
意地を見せてくれ!!そんな心境です。

投稿: 渡り鳥 | 2010年3月 4日 (木) 22時29分

>渡り鳥さん

パイオニアの意地を、是非とも見届けてきて下さい!
日曜日はBSで中継がありますので、私はテレビの前で祈っています。

投稿: T.w | 2010年3月 5日 (金) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/47631479

この記事へのトラックバック一覧です: 閑散としたグリーンアリーナ(トヨタ車体 - パイオニア):

« スーとサキちゃん、合体してくれないかな・・・(デンソー - パイオニア) | トップページ | 優勝しましたーー! o(*^▽^*)o »