« 祝・連敗脱出!(パイオニア - シーガルズ)(その1) | トップページ | 中学校の体育館でVの試合を見る感動(富士通 - つくば)(その1) »

2010年2月 3日 (水)

祝・連敗脱出(パイオニア - シーガルズ)(その2)

第4セットに入り、序盤で相手に走られることを何とか逃れたパイオニアは、ブロックで引き続き相手レフト陣を潰しにかかり、村田選手をベンチに下げさせた。前セットで本来のスパイクを思い出したメグ(栗原)へと、コヨミは躊躇せずセットを上げ、一気にパイオニアペースへ。シーガルズが2枚替えをせざるを得ない状況に持ち込まれて、パイオニアが唯一ブロックで対応し切れていなかった福田選手がベンチに下がったことも、パイオニアにとって幸運となり、リードを保ったままセット終盤へ。すでに両チームとも2回ずつタイムアウトを取り終えており、村田選手に代わった若浦選手のサーブで連続失点を許した場面では、コート内の選手たちが「自主的に」レセプション・フォーメーションを変え(オポジットのイクがフロントレフトのローテーションであり、最初はイクがレセプション・フォーメーションから外れてネット際の左端に構え、サーブが打たれた瞬間にフロントライトの位置へと走ってライトからの攻撃に参加、一方フロントライトのレオがコート中央で左に寄ってレセプションを行って、そのままレフトから攻撃する形だったものを、イクがレセプション・フォーメーションに入ってコート中央左端で構え、レオが逆にコート中央右端で構えてライトから攻撃する形へ)、それが上手くハマって、レセプションからの攻撃でレオがB1攻撃を見事に決めて、ピンチを脱した。最後は、アキがサービスエースを決めて、25-21。勝負はフルセットへと持ち込まれた。

・・・ここまで来たなら、何が何でもどんな形でもいいからコヨミに勝たせてあげて欲しい!!!・・・そう思いながら、コートを固唾をのんで見守っていた。セット出足でまたも3連続失点で浮き足立ちかねない状況に立たされたが、それをメグ(栗原)が消し去ってくれた。レフトからきっちりと決め切って1-3とすると、その後もまさにエースとしての活躍。コヨミのセットを信じ切って、躊躇なく助走に踏み込んでいけたからこその活躍だろう。ブロックとディグの連携がしっかりしているはずのシーガルズコートの中で、誰も守っていないエンドラインの両奥に何度もボールが突き刺さった*1。8-7とパイオニアがリードしてコートチェンジ。ここからは、レオが気を吐いた。彼女のスパイクで会場が沸いたのは、何年ぶりのことだろう? コートチェンジ後はシーガルズに1点しか与えず、15-8でパイオニアの勝利! 12連敗のトンネルをようやく抜け出してくれた。

これまで、新加入のベテラン2人が果たしてきてくれた、若手を「育てる」役割を、ようやくシーズン半ばにして、両レフト陣2人が果たしてくれた形での勝利だった。そう、ユミには(残念ながら)してあげられなかったことを、コヨミにはきちんとしてあげる責務が、特にレオにはあるはずだ。長い連敗のトンネルを経て、ようやくチームが本当の意味で一つになり始めたかもしれないと感じることができた瞬間だった。前日も負けてはいたものの、アップゾーンからは新人のショウを筆頭に、昨シーズンまではまるでなかった激励の声が聞こえていたし、スーをはじめ控え選手たちの「試合に出たい!」という気迫も伝わってきていた。これなら期待してもいいかも・・・と感じたことが、現実となった瞬間だった。

メグ(栗原)のコンディションがまだまだ十分でないのは、彼女とレオが普段と違って、表裏が入れ替わっていることからもわかるが、彼女のコンディションがこれから上がっていき、アサコが復帰できれば、今のチームの雰囲気なら、まだまだ挽回の余地はあるはずだ。しかもこのタイミングで、幸運にも今週は天童でのホームゲームが待っている。今週はSunGAIAの応援に参戦するので、地元の山形・天童の皆さん、応援よろしくお願いしますね!




*1ブロックとディグの連携システムにおいて、本来ボールが飛んで来るという想定にないエリアにスパイクが打ち込まれた結果であり、すなわち、ブロッカーの上をボールが抜けてきたことを意味する。

|

« 祝・連敗脱出!(パイオニア - シーガルズ)(その1) | トップページ | 中学校の体育館でVの試合を見る感動(富士通 - つくば)(その1) »

コメント

フォームがどうであろうと、コートの両奥に
打ち分けすることが、できれば勝てますよね!

下半身の状態がよくなくて、全日本での修正など
迷う部分もあったと思いますが、私は全日本の
中心は、誰が何と言おうと、荒木選手、栗原選手
坂下選手だと思うので、がんばってほしいです!

山形寒そうですね・・・ホットワインでも会場で
飲めたらいいのに・・・なんて思います。

投稿: マルベリー | 2010年2月 6日 (土) 09時32分

2月6日 久光戦 久光がブロック11に対し
パイオニアは5本
2月7日 シーガルス戦 シーガルスがブロック
9に対し、パイオニアは8本・・・のようですね
これじゃ勝てないですよね・・・ブロックが遅れるなら
交代をもっと有効に使ってほしいです、あとは
強いサーブで、できるだけはやい攻撃をさせないように
してほしいです、ブロックが決まればもっと
勝てると思います、本当にがんばってほしいです!

投稿: マルベリー | 2010年2月 8日 (月) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/47449360

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・連敗脱出(パイオニア - シーガルズ)(その2):

« 祝・連敗脱出!(パイオニア - シーガルズ)(その1) | トップページ | 中学校の体育館でVの試合を見る感動(富士通 - つくば)(その1) »