« JVS vol.11 No.1 May 2009より | トップページ | やっぱりユキって凄かったんやなぁ・・・(NEC - パイオニア) »

2010年1月11日 (月)

刈谷は意外と近かった(V・チャレンジリーグ男子開幕)

宣言したとおり、V・チャレンジ男子開幕2連戦を観戦しに、日帰りで2日間刈谷まで向かった。移動時間はそれなりに(特に名古屋、及び最寄り駅に着いてからの時間)覚悟したが、行ってみると意外と近くて、名古屋で結構時間が潰せた。

チャレンジリーグは、V1リーグ時代に女子は観戦した経験があるが、男子は初めての経験。加藤効果もあるだろうが、予想以上にアリーナに観客がいるなぁ・・・というのが、会場入りして最初の感想。ただ、客席の雰囲気は黒鷲のスタンド席みたいな感じ?! ジェイテクト監督の奥さんとお嬢さん? とか、大同特殊鋼の選手の上司の方々? とか。

肝心のSunGAIAだが、各選手がサーブを打つ際に控え選手達(のうちの1人?!)が名前を呼んで応援してくれるので、お陰で少なくともスタメンの選手の顔と背番号と名前は、初観戦の2日間でちゃんと一致するようになったし、プレーの特徴もある程度は頭に入った。上場君、試合最初の1本目のスパイクが決まるかどうかで、その日の調子が決まるだろうと思ったら、案の定だった(苦笑)。これで一応、サポーターらしい顔ができるかな?

まぁ、初日を少し見た段階で、課題はブロックだよな・・・と。初日の相手とは力の差があって、試合終了直後の加藤選手のサイン会の方がメインで試合は前座? といった雰囲気だったが、案の定今日のジェイテクト戦は、NECから移籍のセッター高橋選手に面白いようにやられた。ただ、これはSunGAIAだけの問題ではなく、チャレンジリーグ全体の問題だなぁとつくづく感じた・・・。チャレンジリーグ男子を見て、やはり戦術を進化させる鍵はブロックシステムにあるのだと再認識。その意味でもワンワンだよなぁ、やっぱり。

さて、今からNHK BSでのパイオニアの試合のビデオを見るか、、、。

|

« JVS vol.11 No.1 May 2009より | トップページ | やっぱりユキって凄かったんやなぁ・・・(NEC - パイオニア) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/47259092

この記事へのトラックバック一覧です: 刈谷は意外と近かった(V・チャレンジリーグ男子開幕):

« JVS vol.11 No.1 May 2009より | トップページ | やっぱりユキって凄かったんやなぁ・・・(NEC - パイオニア) »