« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月24日 (日)

やっぱりユキって凄かったんやなぁ・・・(NEC - パイオニア)

今週は、GAORAでの中継を連日観戦。パイオニアはご存じの通り(大方の予想通り?)連敗街道から抜け出せていないわけだが、心を落ち着けて戦いぶりを見ることにした。

正直、今シーズンの戦力から考えて、戦術をどうのこうの言う段階でないのはわかっているが、数年前まで毎年優勝争いをしていたチームと一番何が違うのか?・・・レセプションが悪いのは今に始まった話ではない。優勝した第12回Vリーグ(2005/06シーズン)でもレセプション成功率は確か10チーム中9位であったはずで、そこからでも他チームを圧倒する攻撃力が発揮されていたわけで、何が違うのか?・・・そう思って、過去のビデオを振り返ってみた・・・。


・・・うん、なるほど・・・すっ、すごい・・・



当時の(というか、昨シーズンまでの)正セッター・ユキは、アタックライン付近からでも、ライトのリーへ当たり前のように平気な顔でC1攻撃へとセットし、それが相手コートに突き刺さっていた。もちろん、その状況で後衛センターからは、レオがパイプ攻撃への助走に走り込んできていた。


メグ(板橋)も百戦錬磨のセッターで、彼女がいなければ公式戦ほぼ初出場にも近いセンター陣2人(ミホ・アキ)に、あれだけ速攻を打たせるのは不可能だと思う。若いアタッカーの「育成」という意味で、彼女の果たしている役割は計り知れないものがあると感じて、とても嬉しい気持ちになる一方で、レセプションがアタックライン付近に上がった場面では、前衛レフトへのハイセットがほとんどで、たまにパイプ攻撃に上がるとしても苦し紛れであるのを目の当たりにして、ユキの偉大さをイヤと言うほど思い知らされた。素直にやっぱりユキは凄いセッターだったし、そうだからこそ、各アタッカー陣もユキに絶対的信頼を持って、レセプションが乱れていてもファースト・テンポの助走に走り込んでいたのだ。

だからと言って、ユキに長年依存しすぎた面は、πヲタとしても素直に認めて反省しなければならない。彼女は「優勝を目指す上では」欠かせない唯一無二のセッターだったが、若手を「育成する上では」物足りなかったのは間違いない。同じことが他のベテラン陣(レオ・アサコ)にも言えると思う。その意味で、新戦力のメグ(板橋)とイクが果たしてくれている役割を見ていると、今はいくら結果が出なくても、素直に応援したい気持ちで一杯にさせてくれる。

そうだからこそ、若いセンター陣2人(ミホ・アキ)には是非とも頑張ってもらいたいと思う。ユキの凄さを思い知らされた過去のビデオだったが、もう一つ、今のチームと明らかに違う点は、相手からのチャンスボール(free ball)の処理だ。昨日のNEC戦では解説でも言われていたとおり、NECが苦し紛れにパイオニアコートに返しているボールが、パイオニアにとってはチャンスボールに全くなっていなかったのは、誰の目にも明らかだったと思う。強かった頃のパイオニアは、そういうボールを、何気なく前衛のセンター(アサコ・ユウ)が処理して、そして直後に速攻を打っていた・・・。そういう「何気ない」プレーをミホ・アキにも期待したい。

決して見捨てないサポーターがここにいるから、今日も是非とも頑張って欲しい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

刈谷は意外と近かった(V・チャレンジリーグ男子開幕)

宣言したとおり、V・チャレンジ男子開幕2連戦を観戦しに、日帰りで2日間刈谷まで向かった。移動時間はそれなりに(特に名古屋、及び最寄り駅に着いてからの時間)覚悟したが、行ってみると意外と近くて、名古屋で結構時間が潰せた。

チャレンジリーグは、V1リーグ時代に女子は観戦した経験があるが、男子は初めての経験。加藤効果もあるだろうが、予想以上にアリーナに観客がいるなぁ・・・というのが、会場入りして最初の感想。ただ、客席の雰囲気は黒鷲のスタンド席みたいな感じ?! ジェイテクト監督の奥さんとお嬢さん? とか、大同特殊鋼の選手の上司の方々? とか。

肝心のSunGAIAだが、各選手がサーブを打つ際に控え選手達(のうちの1人?!)が名前を呼んで応援してくれるので、お陰で少なくともスタメンの選手の顔と背番号と名前は、初観戦の2日間でちゃんと一致するようになったし、プレーの特徴もある程度は頭に入った。上場君、試合最初の1本目のスパイクが決まるかどうかで、その日の調子が決まるだろうと思ったら、案の定だった(苦笑)。これで一応、サポーターらしい顔ができるかな?

まぁ、初日を少し見た段階で、課題はブロックだよな・・・と。初日の相手とは力の差があって、試合終了直後の加藤選手のサイン会の方がメインで試合は前座? といった雰囲気だったが、案の定今日のジェイテクト戦は、NECから移籍のセッター高橋選手に面白いようにやられた。ただ、これはSunGAIAだけの問題ではなく、チャレンジリーグ全体の問題だなぁとつくづく感じた・・・。チャレンジリーグ男子を見て、やはり戦術を進化させる鍵はブロックシステムにあるのだと再認識。その意味でもワンワンだよなぁ、やっぱり。

さて、今からNHK BSでのパイオニアの試合のビデオを見るか、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »