2010年3月30日 (火)

ホームつくばの陣(その2)

しかし、SunGAIAも食い下がる。いったん追いつかれるも、和井田が奮起。セッターがワンワンでなくなってテンポが遅くなり、ジェイテクトのブロックマークが厳しくなっても、オレには関係ない! とばかりに、ブロックの上から次々とジェイテクトコートにボールを叩きつける。その姿は何とも頼りがいがあったものの、「脱・スーパーエース」をチーム戦術として確立しているチームを相手に戦うには、あまりにも孤軍奮闘すぎる・・・。セットポイントまでは何とか漕ぎ着けるも、そこで回ってくる松原選手のサーブ。その状況で、SunGAIAの右奥隅に強力なスパイクサーブを打ち込んだ彼には、敵ながらあっぱれ! と言う他なかった。本当に素晴らしい!! 29-31と逆転でこのセットもジェイテクトに奪われ、ついにSunGAIAは崖っぷちに追い込まれた。

勢いは完全にジェイテクトかと思われた第3セット。序盤は一進一退だったものの、中盤でセッター岩田がジェイテクトのレフト陣のスパイクから、次々とワンタッチを取り、トランジションで和井田・上場が決めるパターンで、SunGAIAが流れをつかむ。セット終盤には、上場のスパイクサーブが松原選手を襲って、見事にサービスエースを奪ったと思った次の瞬間。なんと、松原選手がそのレセプション時に、左手首? を負傷した様子でベンチに下がる。そのままの勢いで、SunGAIAが25-17でこのセットをものにした。

第4セット、どうやら松原選手はスタメンから外れる様子が伺えたところで、ひょっとして天も味方したか?! とも思われたが、それはスタートで4-1とリードしたところまで。すぐにジェイテクトに追いつかれると、中盤まで一進一退でゲームは進んだが、松原選手と交代で入った其原選手が、代役を見事に果たす前衛での活躍を見せ、徐々にジェイテクトに引き離されるSunGAIA。セッターを遅ればせながらワンワンへと戻すも、流れは取り返せず、19-25。セットカウント1-3で、SunGAIAの入れ替え戦への道は閉ざされた。

試合の大勢が決まったと思われた後も、SunGAIAのコート上の選手たちは必死の繋ぎのプレーを見せてはくれたが、代役で急遽入った其原選手含めての攻撃枚数で、ジェイテクトに敵わなかった。試合開始序盤から、レセプションの乱れた苦しい場面だけでなく、チャンスの場面でも上場ばかりのセット回しになってしまって、自分で自分の首を絞めたワンワン。その流れを変えるべく、コートへ投入されたと思われた岩田だったが、投入直後を除けば結局、和井田と上場に集まるセット回しは、ワンワンと何ら変わることはなかった。第3セットでブロック面では頑張ってくれたが、ジェイテクトの「脱・スーパーエース」を崩すための、若山選手への3枚ブロック完成は、ワンワンでなければ難しかったはずだ。選手個々人としては、みんな頑張っているのは痛いほど伝わってきたし、特に和井田のキャプテンシーには、思わず涙が出そうだったが、残念ながらチームとしては、ベンチワークを含めて機能していなかった。


厳しい言い方だが、選手個々人の技術を磨くだけでは、残念ながらチャレンジリーグと言えども勝ち抜くのが至難の業であろうことを、ここ数シーズンのSunGAIAの成績が何よりも雄弁に物語っているのだと思う。もちろん、この試合に勝てなくても、富士通にさえ勝っていれば・・・とか、きんでんが富士通に勝っていてくれたら・・・とかいう思いがよぎらないではなかったが、そういう奇跡的偶然が起こっていたとしても、恐らくジェイテクトに勝てるぐらいの力がなければ、入れ替え戦に勝ってプレミアへ昇格することは、客観的にも難しいであろう。チャレンジリーグを見るようになって、プレミアの会場との違いに驚いたことと言えば、エンド側に並ぶスカウティング道具(ビデオやパソコン)の少なさだったが、順位決定リーグともなるとさすがにエンド側にビデオとパソコンが所狭しと並ぶなぁと、カピオに入ってすぐに感じた。初日は、翌日の試合のためのスカウティングだと思っていたが、最終日になってよくよく考えると、あれはプレミアの下位2チーム(大分三好・FC東京)からの派遣ではないか? という気がしてきた。金銭面の問題は大いにあるとしても、ともかくプレミアに上がらないことには、チームの理念を世間にアピールするチャンスすらがないという、厳しい現実があるはずだ。実際、タクシーの運転手は、カピオすぐ側の国際会議場で開かれていた「日本助産学会総会」のことは知っていても、バレーの試合が行われていることは知らない様子だった。そのためにも、来シーズンはベンチスタッフの充実が不可欠だと、率直に感じた今シーズンだった。


そういう課題をまだまだ沢山抱えながらも、それでも初めて今シーズンSunGAIAを応援してみて、彼らがプレミアで戦う姿を見てみたいと心から思えた。中でも、上場と和井田、特に和井田。会場で合流したある方に伺うと、法政時代は20点以降の勝負所でミスを連発する選手だったとのこと。今の彼は変わったよ! と伝えると最初は半信半疑な様子だったが、最後は納得してくれた様子だった。彼はワンワンとのセットなら、間違いなくファースト・テンポのパイプを打てるはず! 彼がプレミアでプレーする姿を是非是非見てみたい!



p.s.: ファースト・テンポのパイプと言えば、、、密かに目をつけていたが、きんでんの塩選手にハマりそう・・・。何せ、自分がサーブを打ったラリーで、相手からチャンスボール(free ball)が返ってくると、絶対に自分にはセットが上がってこないとわかっていながら、一目散にファースト・テンポのパイプ攻撃の助走に入っていくんだもん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

ホームつくばの陣(その1)

SunGAIAの今シーズンは、ジェイテクト戦の敗戦をもって幕を閉じた。

刈谷で初観戦した時点で、既にジェイテクトはチームとしてほぼ完成していた。一方のSunGAIAは、どういうチームを作っていくのか? 相手とどう戦っていくのか? 見えてはいない状態だった。ワンワンの加入は大きな期待であった一方で、センター陣と速攻の息を合わせるには、準備不足の感がありありであった。

ジェイテクトの強さはもちろん、一言では言い表せないが、大きな要素は「脱・スーパーエース」にあることは間違いない。チャレンジリーグでは、多くのチームが最も攻撃力のあるエースをレフトに配して、代わりにオポジットには上背のないユーティリティプレーヤーを配してレセプションに参加させる、いわゆる古典的バレー戦術を採るチームが多い。そんな中でジェイテクトは、オポジットにチームで最も打数の多い「スーパーエース」である若山選手を配しながら、彼へのセットはテンポが早い。ライト側からテンポの早い攻撃を繰り出せるからこそ、上背のないレフト陣2人(石田・松原両選手)の前衛レフトからの攻撃及び、パイプ攻撃の決定率が上がる。だから、ジェイテクトを攻略する一つの鍵は、若山選手を如何にブロックで潰すか? にかかっている、と言える。開幕時点で既に完成していたチームを相手に、SunGAIAが為す術なく敗れたのは当然の結果だった。観戦直後に書いたとおり、コミットであれリードであれ、チームとしてのブロック戦術はこれで行くんだ! という基本的な合意がない限り、完成度の高いチームに勝ち目はないからだ。

その意味で、前週のきんでん戦から突如として、リードブロック「に近い」形の組織的ブロック戦術を採り始めたSunGAIAが、レセプションからのテンポの早い若山選手のライト攻撃に対してワンタッチを着実に取り、さらにラリー中の彼の攻撃に対して3枚ブロックを完成させてプレッシャーをかけられるか?・・・そこに注目しながら、試合を見つめていた。

第1セット、ジェイテクトに主導権を握られながらも、オポジットの若山選手には和井田・加藤のレフト・ブロッカーが何とか食らいついて、気持ち良くは決めさせなかった。ラリー中にはワンワンを交えての3枚ブロックで、プレッシャーをかけることに成功していた。惜しむらくは、松原選手のサーブが回ってくるまでにリードを許してしまったこと・・・プレッシャーを感じない状況で、彼にサーブを思い切り打たれると辛い。それに加えて、いつものことながら、ワンワンのセットアップ時のダブル・コンタクトでの失点・・・。何とか食らいついてはいたものの、競り合いまで持ち込めずに、1セットを失った。

第2セットは一転して、序盤に主導権を握ることに成功したSunGAIA。中盤に追い上げられそうになったところでSunGAIAは、ワンワンのサーブのところから岩田へ交代。岩田選手の投入は、センター陣2人と息があわないためにどうしてもオポジットの上場に集まるワンワンのセット回しのリズムを変えて、ジェイテクトのブロッカー陣のマークを分散させる意味が大きかったはずだ。その期待に応え、登場してすぐ菊池の速攻を使って、ジェイテクトに流れを渡さない。

そんな流れの中で私は、次に松原選手のサーブが回ってくるローテーションで岩田がまだ後衛になることをあらかじめ確認した上で、私は観戦しながら心の中でこう呟いた。



・・・松原(選手)のサーブが回ってきたら、ワンワンを戻そう!・・・




しかし、SunGAIAのベンチを見ても、その気配は感じられなかった。松原選手ほどの強力なスパイクサーブを相対するにあたって、セッターが190cm以上の長身セッターかそうでないかは、レシーバーが感じるプレッシャーの差は計り知れないはず。まして、セッターが後衛となると、レセプションがネット際に返っ(てしまっ)た場合のリスクが高いはずだ。・・・そしてその懸念どおり、松原選手のサーブが回ってくると、SunGAIAはジェイテクトに追いつかれてしまう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

中学校の体育館でVの試合を見る感動(富士通 - つくば)(その2)

富士通のセッターは、少なくともこの試合を見る限りは、ネットから離れた位置から速攻へセットすることはなく、従って、ゲスでもいいから速攻は捨てて、両サイドの攻撃にマークを絞って欲しいなと思いながら、第1セットは観戦していた。この日のワンワンのセットとアタッカー陣の調子なら、ブロックでワンタッチ(rebound)さえ取れれば、トランジションで得点する可能性は高いと思えた(実際、この日のSunGAIAのアタック決定率は、何と60%を超えていた!)からだ。しかし、SunGAIAのセンター陣2人はこれまでの試合同様コミットに終始し、富士通のキャプテンでオポジットに配された選手の攻撃に対して1枚ブロックにされてしまっていた。高さはないように思えたが、1枚ブロックでは思うように止まらず、ディグとの連携も図っていたものの思うように拾い切れずに、結局、アタック決定率の高さの割に流れを掴みきれないままジュースへと突入し、26-24で何とかものにした第1セットだった。

同じような展開が第2セットに入っても続いたが、流れが来たかな? と思えたのが確か14-13でSunGAIAリードの場面。弾かれたボールをファインディグで繋いで、上場君が必死に相手コートへ返したボールが、トランジションで富士通のセッターがまるでJT女子の正セッターの如く、早いテンポでレフト平行へと託した瞬間、恐れていたとおりにやっぱりSunGAIAのブロック陣が1枚にされて、「あぁ、また流れを掴み損ねた・・・」と思った瞬間、ワンワンがものの見事に1枚でシャットしてくれていた! それで流れを掴んだSunGAIAは、上場君と加藤のバックアタックが炸裂し始め、富士通はセッターを交代させる・・・気づけば(いつからそうなっていたか? 不覚にも確認し損ねたが)センターの菊池君とワンワンがブロックチェンジして、ワンワンがセンターブロックを務めていた・・・な、なるほど、組織化できない分、そういう工夫で対策を立てようという戦術を採ったわけね・・・セット中盤で奪った流れを、終盤にワンワンのサインミスなどで危うく失いかけたものの(誰か、ベンチの人間がタイムアウト取ろうよ!)、何とかそのまま渡さずに25-22で、SunGAIAが2セットを連取。

第3セット、富士通のセッターはコートへ戻ってきたが、セット回しは特に変わらず。一方のワンワンは、富士通のブロック陣が、SunGAIAの好調なウイングスパイカー陣に対応すべく、速攻のマークを外したのを見逃さずに、セット序盤にそれまで封印していたツーアタックも含めて速攻を多用。案の定、ノーマークで決まって、一気に試合自体の流れを掴む。加藤のスパイクもどんどん全盛期のそれに近づいていき、遂にセット終盤には、実に久しぶりに「空中に浮いている」彼のパイプ攻撃が見られた! セットカウント3-0のストレートで、SunGAIAは入れ替え戦出場に向けてのライバルとなりえる富士通を無事一蹴した。


それにしても、加藤がこれだけ気持ちよさそうにスパイクを打つ姿を見たのは、本当に久しぶり・・・第3セットのパイプ攻撃が象徴的だったが、それ以外の前衛でのスパイクもほとんどがブロックの上を抜けて、相手コートに突き刺さっていた。それをこんな、中学校の体育館で臨場感たっぷりに見られるなんて! チケット代が安すぎると思えた(移動等の別の出費がかさんでいるが(爆))1日だった。

和井田も、レセプションもそんなに悪くないし、ワンワンのセットだと彼も高さが増している感じがするし、本気でV・プレミア昇格狙ってるなら、今年で辞めるなんて言わずに、ワンワンともう1シーズン、是非プレミアで力を試してみたらいいのにねぇ・・・もったいない。まっ、彼のことだから、宣言すぐ撤回しそうだけどね(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

中学校の体育館でVの試合を見る感動(富士通 - つくば)(その1)

ホントに、ホントに中学校の体育館が会場だった・・・。

ただ、体育館入り口に「清水中学校体育館」とわざわざ書かれており(そこに通う生徒のみが使用するなら、体育館と明示する必要はないはず)、恐らくはこの地域の住民にとっては「中学校の一建造物」という域を超えて、色々な催しものが開かれる場所なのであろうと推測はされた。

それでも中は、「ただの学校の体育館」と何ら変わらなかった。外は大雪で吹雪いているし、中に入っても、さ・さむい・・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ



・・・この寒さの中で100%のジャンプ力を発揮できるのって、(大学生の)大木君だけちゃう?・・・




案の定、和井田も土曜日のトヨペット戦は「オレ、腰痛いし出えへん」ってな感じで、出場せず。こんなところで試合をしなければならないV・チャレンジの選手の方々の辛さをひしひしと感じた一方で、会場入りしてワクワクする自分がいることに気づいた。

ホントに、普通の中学校の体育館で、加藤陽一のプレーが、手をのばせば届くところで間近に見られるのだ! これはある種感動ものである。まるで、自分がなじみのある体育館でバレーをしているその中に、彼が跳び込んできて一緒にプレーしてくれているかのような、そんな感覚が味わえたのだ。しかも、相手のトヨペットは(大変失礼ではあるけれども)私が属するようなクラブ連レベルのチームの中で頂点を極めればこの程度かな? と思える程度のチームだけに、ますますその感覚は増していった。明日の富士通戦、もう少し気温が上がってくれないかな? そうすれば加藤のジャンプ力も全盛期の頃のものが、こんな願ってもない(体育館)環境で見られるのにな・・・、と思いながら、いったん体育館を後にしたのだった。


そして迎えた翌日の富士通戦。期待通りに天気は晴れ上がり、気温は前日と比べものにならない程上がっていった(それでも十分寒かったが・・・)。そして、加藤のジャンプも、練習時点から前日とは明らかに変わっていた。ワンワンのセット(トス)とも、息が合ってきている姿が伺えた。観戦する側も、前日ほど寒さを気にせず、試合に集中できそうだった。ワクワクしながら、迎えた試合開始のホイッスル。

刈谷での開幕2連戦とは異なり、和井田と加藤の位置が表裏入れ替わっていた。その他はワンワンがスタメン定着した以外、配列には特に変化なし。期待通り、気温と比例するように、SunGAIAのアタッカー陣は好調。上場君も無事に(?!)試合1本目のスパイクを決めた。第1セット、お互いにレセプションが乱れる場面でのみ、連続失点が数点あるが、それ以外にはブレイクがほとんどなく一進一退の攻防がセット終盤まで続く。SunGAIAが、スパイク決定率が高い割に、相手をなかなか突き放せないその訳は、ジェイテクト戦同様ブロックにあり、コミット一辺倒の両センター陣が富士通のセッターに面白いようにフラレまくっていた。そうこうしているうち、私の目には富士通のセッターがある選手に重なって見え始めた。


・・・あのセッターって、JT女子の正セッターとおんなじタイプだよな・・・



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

刈谷は意外と近かった(V・チャレンジリーグ男子開幕)

宣言したとおり、V・チャレンジ男子開幕2連戦を観戦しに、日帰りで2日間刈谷まで向かった。移動時間はそれなりに(特に名古屋、及び最寄り駅に着いてからの時間)覚悟したが、行ってみると意外と近くて、名古屋で結構時間が潰せた。

チャレンジリーグは、V1リーグ時代に女子は観戦した経験があるが、男子は初めての経験。加藤効果もあるだろうが、予想以上にアリーナに観客がいるなぁ・・・というのが、会場入りして最初の感想。ただ、客席の雰囲気は黒鷲のスタンド席みたいな感じ?! ジェイテクト監督の奥さんとお嬢さん? とか、大同特殊鋼の選手の上司の方々? とか。

肝心のSunGAIAだが、各選手がサーブを打つ際に控え選手達(のうちの1人?!)が名前を呼んで応援してくれるので、お陰で少なくともスタメンの選手の顔と背番号と名前は、初観戦の2日間でちゃんと一致するようになったし、プレーの特徴もある程度は頭に入った。上場君、試合最初の1本目のスパイクが決まるかどうかで、その日の調子が決まるだろうと思ったら、案の定だった(苦笑)。これで一応、サポーターらしい顔ができるかな?

まぁ、初日を少し見た段階で、課題はブロックだよな・・・と。初日の相手とは力の差があって、試合終了直後の加藤選手のサイン会の方がメインで試合は前座? といった雰囲気だったが、案の定今日のジェイテクト戦は、NECから移籍のセッター高橋選手に面白いようにやられた。ただ、これはSunGAIAだけの問題ではなく、チャレンジリーグ全体の問題だなぁとつくづく感じた・・・。チャレンジリーグ男子を見て、やはり戦術を進化させる鍵はブロックシステムにあるのだと再認識。その意味でもワンワンだよなぁ、やっぱり。

さて、今からNHK BSでのパイオニアの試合のビデオを見るか、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)