« 『サバイバー 名将アリー・セリンジャーと日本バレーボールの悲劇』 | トップページ | 刈谷は意外と近かった(V・チャレンジリーグ男子開幕) »

2009年12月31日 (木)

JVS vol.11 No.1 May 2009より

恐らく今年最後のエントリーとなるでしょう。
まず初めに、今年も1年間当ブログをご覧頂いて、ありがとうございました。

振り返ってみて、今年はあまりおちゃらけた内容が(例年にも増して)少なかったような気が、、、そこが反省点ですかねぇ。但し、当ブログの場合、おちゃらけた内容だとあんまり反応がないのが残念ですが(苦笑)。来年は明るい話題を多く取り上げられたらいいなと思っています。

で、結局、最後もまじめな話題になりそうですが、、、。


もう届いて久しい「JSVR バレーボール学会」の機関誌(JVS Vol.11 No.1 May 2009)の中から、一つ取り上げたい論文があるので紹介したい。

タイトルは『バレーボール男子世界トップレベルチームの戦術プレーに関する研究』。正直言うと、中身は大したことはない。なぜなら、研究の目的として掲げられているのが「専門のアナリストがいなくても簡単に相手チームのスカウティングが出来るためのソフトを開発すること」にあるようで、従って世界トップレベルチームの戦術「そのもの」を如何に「深く洞察するか?」ということは主眼にはなかったからである。相手チームの戦術を簡便にデータ化するというための方法論が提示されている、といった雰囲気の内容である。ただ、そこで出てくる「データ化」の一つとして挙がっているものに、注目せずにはおれなかった・・・それは両サイドへの平行トスの「トスボール高」、即ち、いつも当ブログで書いてきた「トスされたボールが描く放物線軌道の『頂点』」の「鉛直方向の距離」を、あるプログラムを用いて算出していたのである。

分析に用いられたのが、2006年に日本で開催された世界バレー男子の予選ラウンドでのブラジル対イタリア戦。この試合での両チームのセッターが上げたトスについて、表1のようなデータがはじき出されている。

Set_height


これは興味深いデータだというか、これまでテレビや会場での観戦を通して確信してきたことを証明してくれるデータだと思って見ていたのだが、悲しいかなこの論文での考察は・・・



「イタリアのトスボール最高値は、各アタックにおいてブラジルよりも約19cmから38cm高くなっている。金ほか(1998)の先行研究で報告されているイタリアチームのトスボール最高値は、クイックが平均3.26m、パイプ攻撃に相当する時間差が平均4.23m、レフトサイドに相当する平行が4.36m、ライトサイドに相当するバックアタックが4.38mである。本研究のトスボール最高値は金ほかの値よりも低く、特にブラジルチームのパイプ攻撃では65cm、レフトサイドで53cm、ライトサイドで56cmも低い」

で終わってしまっている、、、。



これは「考察」じゃぁなくて、ただの「事実」を述べてるだけ! である。




ブラジルの「トスボール最高値」がイタリアのそれよりも随分低いのに、レフトサイド及びライトサイドの攻撃において、「スパイク打点高」がほとんど変わらないのはなぜか?・・・そこに踏み込まなければ本質は見えてはこない。

もちろん、皆さんはその答えはもうわかってらっしゃることでしょう。
そう、ブラジルとイタリアのトスの違いは、放物線軌道の『頂点』、この論文で言うところの「トスボール最高値」をとる瞬間に、ボールが水平方向においてどの位置にあるのか? の違いである。その点を言及しなければ、「トスボール最高値」が「低い」ことばかりが注目され、ややもすれば「トスボール最高値」が「低く」て、かつ「スパイク打点高」も「低く」なるトスが優れている、という誤解を生み出しかねない、というか、既にそういう誤解が先に広まっていて、そのせいで「考察」が上記の内容で留まってしまっている、と言えるかもしれない。


先日、金岡での堺のホームゲーム(パナソニック-堺・JT-東レ)を観戦してきたが、ようやく、少なくとも男子バレー界においては、その誤解が解け始めているかもしれないと感じることが出来た・・・パナソニックの宇佐美・堺の金井・東レの阿部各セッターは、少なくとも「高くて早いトス」をきちんと理解しているはずだ。

来年こそは日本のバレー界全体に、その理解が浸透することを祈りつつ、それでは皆様よいお年を!

|

« 『サバイバー 名将アリー・セリンジャーと日本バレーボールの悲劇』 | トップページ | 刈谷は意外と近かった(V・チャレンジリーグ男子開幕) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/47162899

この記事へのトラックバック一覧です: JVS vol.11 No.1 May 2009より:

« 『サバイバー 名将アリー・セリンジャーと日本バレーボールの悲劇』 | トップページ | 刈谷は意外と近かった(V・チャレンジリーグ男子開幕) »