« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月22日 (日)

『ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」』


前書きの一番はじめの部分を読んで、「買って(正確には、Amazonで注文して)正解だ」とすぐに確信した。「ブラジルバレー」とは、言うまでもなく当ブログで言うところの「レゼンデバレー」と同義である。


『ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」』より引用

日本では、例えばミドルブロッカーの選手が、サーブを打った後に後衛で相手スパイクを好レシーブしたら、「おおっ!」とベンチや観客が沸きます。

・・・(中略)・・・

そうして盛り上がるのは、そのプレーが特別なことと思われているからです。


まさに、レゼンデバレー(第2章)の視点と同じだと直感した。実際にコート上で繰り広げられるプレーから想像したブラジルでのバレーボールの置かれた状況が、実際にはどうなのか? 自分では確かめることが出来なかったが、その点にこの本が確証をくれた気がする。


因みに、この本では「サーブレシーブ」は全て「レセプション」と統一して記載されている。ところが一方で「ディグ」は登場せず、「ディグ」の意で「レシーブ」と書かれている。そのため、例えば具体的にブラジルナショナルチームの練習内容が記載されている章で、「レセプション&レシーブ」という一見すると不思議な表現が用いられる結果になっている。ライターの側にも、日本におけるバレー用語の混乱による苦悩があるところが、この表現に滲み出ているように思う。やはり「ディグ」の概念を採り入れることの方が、より重要に思う。





p.s.: レゼンデ監督は、北京での指揮が最後かと思い込んでいましたが(だから北京オリンピック決勝の直後に「最終章」と括ったんですが)、まだブラジル男子ナショナルチームの監督を続けているんですねぇ、、、ってことで、レゼンデバレーには続きがあるかも!? 明日のグラチャン最終戦は要注目です!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »