« 突然ですが・・・SunGAIAを応援します! | トップページ | 『ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」』 »

2009年9月27日 (日)

"レセプション"と"ディグ"改め、"レセプション"より"ディグ"

前々回のエントリーで、「サーブレシーブ」をレセプションへと言い換えることには本質的意味がない、と述べた。むしろディグ "dig" という用語を浸透させるべきだと考えているのだが、そう考えるに至ったきっかけが実はある。

レゼンデバレー(第2章)- アメリカ型分業システムの進化版

'84年ロサンゼルス・'88年ソウルとオリンピック2連覇を成し遂げた、アメリカ男子ナショナルチームが編み出した2人レセプションシステムによって、'90年代前半に「レフト=レセプション専門・センター=ブロック専門・オポジット=攻撃専門(=スーパーエース)」という、究極的な「分業システム」が加速したわけだが、その「分業システム」がレフト以外に配される選手に与えた免罪符は、「レセプションをしなくてよい」というものであったはずである。ところが、なぜか? 日本では「レセプションだけでなく、ディグをも含めたレシーブ全般を免除された」かのように扱われた歴史的事実があり、その象徴として'90年代後半に全日本男子が「バンチ・リードブロックシステム」を採り入れる課程で、そのブロック戦術と切り離せないはずの「トランジションのシステム」即ち、セッターがファーストタッチを行った場面で前衛のセンタープレーヤー(middle blocker)がセットアップを行う、というシステム作りに年単位の時間を要する結果に繋がり、それが世界のトップレベルから更に置いて行かれる契機となってしまったのを、当時私は、黙って見ている他なかった。

あの時、もし「レシーブ」という概念が、レセプションディグの2つに分けて認識されていたなら、、、あるいは、単に「レシーブ」と言えばそれだけでサーブレシーブないしレセプションの意味と理解され、それ以外の守備に関わるプレー、即ちディグのことは意味しないと理解されていたならば、アメリカ型「分業システム」を採り入れる課程で、レフト以外に配される選手が「レシーブ全般を免除された」かのように扱われることは防げたのではないか? という気がしてならないのである。

「レシーブ "receive"」という、本来はサーブ "serve/service" と対をなすが故に「相手のサーブを『レシーブ』する」というプレーしか表現しえないはずの言葉が、守備に関わるプレー「全般」を意味する言葉(用語)として定着してしまっている日本の現状としては、「サーブレシーブ(レセプション)偏重主義」がまかり通ってしまう傾向が強いのも無理はない。だからこそ、ディグという用語を如何に浸透させていくか? がレセプションという用語を用いることよりも、はるかに重要だと思う。全日本女子が「バンチ・リードブロックシステム」を本格的に採り入れようとし始めた今だからこそ、男子の時と同じ過ちは繰り返してはならないと真剣に思っているのだ。

|

« 突然ですが・・・SunGAIAを応援します! | トップページ | 『ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」』 »

コメント

こんにちは。前々回の記事とあわせての感想です。

日本バレーでは古来(!)、「レシーブ=セッターにボールを返すこと」だったはず。たったそれだけのシンプルな発想を愚直に体現していたから強かったんだと思ってます。

東洋の魔女時代以前の、ブロックのワンタッチがまだ1stに数えられていた時代の映像をNHKで見たことがあります。日本VSソ連でした。

その試合では、ソ連はワンタッチのボールを2ndでなんとか拾い、3rdで普通に返球するのみ。しかし日本は、2ndをそのままサイドアタッカーへのトスにして、3rdで普通に打っていました。

これってつまり、40~50年前の日本バレー界は、ブロックとレシーブの連携という発想を、世界に先駆けてオリジナルで開発していたということですよね。なお、NHKでは、「それを封じるためにブロックのタッチは1回に数えないというルールができた」という説明でした。

話は飛びますが、私は日本のセンター陣がおとりジャンプするだけの人になってしまったのは、リベロ導入時の誤解による影響も大きいと感じています。

リベロ導入以前は、センターと言えばオールラウンダーが担うポジションで、練習量も一番多かったはず。トスやレシーブもできて当然でした。

リベロの導入で、センターはクイックとブロックに専念するという風潮がうまれ(←これは日本に限ったことではないですが)、その結果、いわゆる”つなぎ”もできず、ハイセットも打てず、サーブも弱いプレイヤーが続出しているのだと思ってます。

なんか話がそれてしまいました。すみません。

投稿: rio | 2009年9月28日 (月) 08時34分

>rioさん

こんにちは。

>前々回の記事とあわせての感想です。

本当は「バンチリード・・・」の(その3)で書き忘れた内容です(苦笑)。

>日本のセンター陣がおとりジャンプするだけの人になってしまったのは、リベロ導入時の誤解による影響も大きい

仰るとおり、リベロ制の導入によって、「拍車がかかった」とは思います。
ですが、リベロ制が導入された1998〜1999年頃には、日本のセンタープレーヤー(MB)は、もう既に、レセプションに限らずレシーブ全般ができない選手になっていました。

確かに昔の日本のセンタープレーヤー(MB)は、オールラウンダーでしたね。それが、アメリカ男子ナショナルチームが編み出した「2人レセプションシステム」によって、レフト(WS)がレセプション専門になるべく、オールラウンダーでレセプションが上手であった、センタープレーヤーの多くがレフトへとコンバートされました。そして、従来レフトで、レセプションを苦手にした選手が悉く、オポジットへコンバートされたと思います。そのコンバートを契機に、日本からオールラウンダータイプのセンタープレーヤーが消えたと思います。レシーブ全般ができる選手はレセプションをするべくレフトへ、、、本来なら、レフトの選手が他のプレーよりもレセプションに重きを置いて練習する、というのがあるべき姿ですが、日本ではレセプションを苦手とする選手にはレセプションさせないで済む、という短絡的考えに走ったわけですね。任されたプレーに専念させるということで強化を進めた国と、苦手なプレーは練習させずに手っ取り早く強化を進めようとした国・・・その「手っ取り早さ」を優先したが故に、「レセプションさせずに済む」がいつの間にかさらに手っ取り早く「レシーブさせずに済む」にすり替わったと思います。

それと関係があると思いますが、日本ではいわゆるスーパーエースはそのほとんどは、もともとレフトの選手が多いですが、海外ではもともとセンタープレーヤーの選手が多いように思います・・・初代と呼んでいいスティーブ・ティモンズもそうでしたし、イタリアのジャーニもそうです。ブラジルもマックス・ペレイラ、最近ではイタリアのフェイがそうです。女子でも確かブラジルのシェイラもそうだったように思います。日本では唯一、ノブコフだけでしょうか?

海外では、ディグはもちろん、セットを含めたパスも、バレー選手なら当然出来なければならない基本的プレーであって、それに加えてレセプションをするのがレフト(WS)で、レセプションはしないのがセンター(MB)とオポジット、という区別がなされているように思います。だから、センターもオポジットもこなせる選手が多いのではないかと思います。

投稿: T.w | 2009年10月 3日 (土) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/46319663

この記事へのトラックバック一覧です: "レセプション"と"ディグ"改め、"レセプション"より"ディグ":

« 突然ですが・・・SunGAIAを応援します! | トップページ | 『ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」』 »