« "スピード"ではなく"テンポ"(その4) | トップページ | 黒鷲旗雑感(その1) »

2009年5月 5日 (火)

黒鷲旗女子準決勝(久光製薬 - NEC)〜第2セット・問題の"ローテーションミス"について〜

パイオニアも含めて、今大会の雑感はあらためて書くつもりなのだが、、、何より今日一番の見所(爆)とも言えた、NECの第2セットの"ローテーションミス"について、解説しておこう。

GAORAでの中継でどのように説明されていたのか? 後で確認したいと思うが、恐らく会場でご覧になっていた方も、中継をご覧になっていた方もよく事態が呑み込めていなかったと思われ、実際いろいろなブログでのエントリーを見ていても、やはり予想されたとおりに誤解があるようなので、是非解説しておこうと思う。

この第2セットでまず最初にミスを犯したのは、NECの山田監督である。両チームのベンチから各セット毎に、ラインアップシート(通称"目玉")と言われる、スタメン選手の配列を記したメモを、副審に提出する必要がある(但し、前セットと同じ場合には「前セットと同じ」と申告すれば、提出しなくても良い)のだが、どうやらこのセットでNECベンチから提出されたラインアップシートには、コート内の選手たちは勿論、監督含めたスタッフも想定していなかったような、とんでもない配列が記入されていたのだ。

このセットのNECのスタートローテーションは、サーブ順に本来は9番(有田選手)→ 1番(高橋選手)→ 2番(杉山選手)→ 10番(秋山選手)→ 5番(フォフィーニャ選手)→ 4番(松﨑選手)となっていたはずなのだが、山田監督ないし誰かが間違えて、1番と2番を逆に書いてしまい、それを山田監督が確認を怠ったまま、北村副審に提出してしまったのだ。公式記録員はサーブ順を、その間違えて記入されたラインアップシートを元にして確認しているため、9番(有田選手)の次のサーバーとして1番(高橋選手)が打った瞬間に、ブザーを鳴らした。ラインアップシート上からは、9番(有田選手)の次のサーバーは2番(杉山選手)でなければならなかったのである。ブザーが鳴って、北村副審が公式記録員のところへ行き、「サーブ順が違う」ことを記録表を見て確認し、「ローテーションミス」のシグナルを出した。その時点で北村副審は「サーブ順が違っていて2番が打つはずのところで1番が打った」ことを確認し、「その次に回ってくるサーバーこそが1番であること」を確認して、その旨を、NECの選手たちに伝えた。つまり、この時点では、北村副審もNECの選手たちも、「何が間違っていたのか?」という本質には気づかなかった・・・本質は「ラインアップシートの記入間違い」にあるのだが、ただ単なる「サーブ順間違い」と思い込んだのだ(実際、会場でも「サーブ順間違い」とアナウンスされた)。そのため、「ローテーションミス」直後の久光のサーブをNECがサイドアウトすると、その直後にNECは再び1番の高橋選手がサーブを打ち、前衛には「2番(杉山選手)・10番(秋山選手)・5番(フォフィーニャ選手)」の3人が位置していたが、何度も言うように本質は「ラインアップシートの記入間違い」にあり、サーブ順は1番の高橋選手で正しくても、その場面で前衛に位置すべきなのは「10番(秋山選手)・5番(フォフィーニャ選手)・4番(松﨑選手)」の3人であって、2番(杉山選手)は後衛にいなければならないのだ。それなのに、その後衛にいるべき2番の杉山選手がブロード攻撃を決めて得点したものだから、ここで混乱が生じた・・・。勿論、公式記録員の指摘は正しく、この時点になってようやく、北村副審も本質に気づいたのだ。そのため、ラインアップシートを取り出してコート内にいたNECの選手たちに見せて確認させ、そこで初めて、NECの選手たちも事の重大性に気づかされる羽目になった。コート上の選手たちも、まさかそんなミスが、自分たちの知らないところで犯されていたなどとは想像もしていなかったであろうから、困惑は隠せない様子であり、結果的に試合が何分も中断する結果に繋がってしまった。

もう一度整理しよう。NECが当初予定したサーブ順は「9→1→2→10→5→4」であったが、ベンチから提出されたラインアップシートには「9→2→1→10→5→4」と記入されていた。即ち、本来は1番の高橋選手と5番のフォフィーニャ選手が対角レフト・2番の杉山選手と4番の松﨑選手が対角センターとして配されるはずなのだが、ベンチから提出されたラインアップシートには、2番の杉山選手と5番のフォフィーニャ選手が対角・1番の高橋選手と4番の松﨑選手が対角、と記入されていたのだ。これは完全にNECベンチの凡ミスである。そのため、セット途中からフォーメーション上の混乱を避けるため、1番の高橋選手をセンターの竹内選手と、2番の杉山選手をレフトの内田選手に代えて、対角にレフト同士・センター同士が配列されるように修正を図ったのだった。


実は本来なら、北村副審自身も、公式記録員に指摘されて気づくのではなくて、そもそもセット開始時の、ラインアップ確認時に気づいてNECの選手たちに伝える必要があった。しかし、現実にはなかなか難しい面があるのは否めないと思う。なぜなら、このセットは久光のサーブから始まるセットであり、即ちNECのレセプションから始まるセットであったわけだが、その場面でNECのレセプションフォーメーションは、以前【フロントオーダー・バックオーダー】として特集的に解説した際に取り上げた、セッターが後衛レフトに位置するフォーメーションであったのだ(因みにこの日のNECはバックオーダーを採用している)。


Dsc00360

以前この写真を見てもらって、瞬時に前衛3選手の背番号を当ててもらう問題を出したわけだが、同じ課題が副審にも課せられるわけである。この写真での8番・10番・11番が、この日のNECにおいてそれぞれ2番・10番・1番に相当し、2番と1番の位置関係がこのセット開始時点から、本来ならポジショナルフォルトのミスに相当していたわけである。また、実際に以前のエントリーでも明らかなポジショナルフォルトのミスが見逃されているのを、会場で見ていて気づいたケースもある。勿論、副審としてはミスであるので、何とかしてもらいたいとは思うのだが・・・審判もバレー戦術の変遷をよく理解していなければならないとも言えるだろう。


p.s.: 試合終了後に、山田監督が成田選手からどのような「お目玉」を食らっているのか? にすごく興味津々(爆)

|

« "スピード"ではなく"テンポ"(その4) | トップページ | 黒鷲旗雑感(その1) »

コメント

こんばんは。

お久しぶりで、ご無沙汰しております。
ご指摘ありがとうございました。
解説を拝読し、VTRを見返し、状況を飲み込みました。
しかし、成田がどのようなお目玉を与えたか・・・気になりますねぇ。

投稿: 古都の侍 | 2009年5月 6日 (水) 02時28分

はじめまして!以前からよく拝見させていただき、
めちゃくちゃ勉強させていただいております(^-^)/

この試合はたまたま見られなかったので、こんな
ことが起きていたのかと、またT.wさんの相変わらずの
視点の鋭さに感心してばかりです!

この件に関してちょっとまとめてみたのですが、
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/53/23/6d498e32500d337d32415caf71960ceb.jpg
こういうことで合っていますか??間違っておれば
ご指摘いただけると幸いですm(_ _)m

投稿: 戯言管理人 | 2009年5月 6日 (水) 03時43分

4-4の時点で本来、後衛にいるはずの杉山がブロードを決めて得点していますが、ローテミスが分かった後もどうして、得点はそのままで続行されたのでしょうか?

4-4どころか、杉山の得点は無効になり、5-3で久光のサーブじゃないんですか?実際には杉山と松崎を入れ替えた上で、高橋がそのままサーブを打っています。NECにはなんのペナルティーもないのはおかしいと思うのですが。

投稿: 質問 | 2009年5月 6日 (水) 09時01分

↑の件、よく考えたら、ローテ自体が頭っから間違っているんだから、NECの全得点が無効にされても文句言えない様にも思えます。以前、WC男子2007のブラジル戦で日本が7点全部無効にされた事ありますよね。そうなると、久光の5-0!?あれって、審判の裁量に任されているんでしょうか。あんな派手に選手の入れ替えがあって、そのまんま続行されたのは不思議。久光からなんのクレームもなかったのも不思議。監督代行で慣れてなかったのかな。

投稿: 質問 | 2009年5月 6日 (水) 14時16分

はじめまして。
たまたま北村審判で検索してて来ました。
ざっと読みましたが、
NECがレシェプションであろうとサーブであろうとそれは関係ないのでは?と思います。
セット開始前は両チーム共ローテ順に並び静止して背番号を副審がチェックする訳ですから。

投稿: たかし | 2009年5月 8日 (金) 01時26分

>古都の侍さん

コメントありがとうございます。

迷いましたが、古都の侍さんのブログの影響力の大きさ(バレーファン以外の方も相当たくさんご覧になっている可能性が高いと思いますので)を鑑みて、失礼ながら揚げ足取りのような形をとってしまいました。

状況が呑み込めてあらためてそのシーンを見直すと、とても滑稽でしょ(笑)。

投稿: T.w | 2009年5月 9日 (土) 16時36分

>戯言管理人さん

初めまして。トラックバックもありがとうございました。
貴ブログは、地上波やスカパーなどでも見られない海外での試合などのレポを中心に、よく覗かせて頂いております。当ブログも覗いて頂いていたとは?! ありがとうございます。

>この件に関してちょっとまとめてみたのですが

図解頂いている形で正解だと思います。とてもわかりやすいので、説明の便宜上、リンクを張らせて下さい。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/53/23/6d498e32500d337d32415caf71960ceb.jpg

投稿: T.w | 2009年5月 9日 (土) 16時53分

>質問さん

この点については、私も知識がなかったので、FIVBのサイトに公開されている国際ルール(2008年版)を読み返してみました。

同時に、戯言管理人さんの図解していらっしゃるファイルをご覧下さい。

公式ルール上は、「ポジショナル・フォルト(positional fault)」と「ローテーショナル・フォルト(rotational fault)」の2種類に分かれているようで、まず公式記録員がブザーを鳴らした3−2での高橋選手のサーブの時点は、「サーブ順間違い」を指摘されているので、公式ルールで言えばそれは「ローテーショナル・フォルト」に当たります。そして、この時点で審判は、ラインアップシートに基づいた「正しい」ローテーション位置に、選手を並ばせる必要があることになっています。

さらに、公式記録員がどの時点から「ローテーショナル・フォルト」が生じていたかを確認することになっており、要するに間違えたサーバーによって始まったラリーでの得点はすべて無効となる(相手チームの得点は有効)となっています。

この試合においては、事の本質であった「ラインアップシートの記入間違い」すなわち、セット開始時点から「ポジショナル・フォルト」を犯していたことが判明したのは、2回目に高橋選手がサーブを打った4−3の場面ですが、その場面はラインアップシート上で高橋選手のサーブで間違っていませんので、「ローテーショナル・フォルト」には当たりません。「ローテーショナル・フォルト」が生じた3−2の場面では、高橋選手がサーブを打った瞬間にラリーが中断されていて、そのラリーでNECには得点は入っていないので、無効となる得点は生じず、ルール通りに相手久光にサーブ権が移ると同時に、相手久光に得点が1点加算されています。本来はその時点で、ラインアップシート通りに正しく「本来の」配列にNECの選手たちを並ばせる必要があったのですが、現実には一つローテーションを戻された形に並ばせ「られて」しまっています。これは審判団の連帯ミスです。4−3の場面では上述の通り、「正しく」高橋選手がサーブを打っていて、杉山選手のブロード攻撃が決定してラリーが終了し、4−4となってからブザーが鳴りました。もちろん「ローテーショナル・フォルト」ではないですし、この「ブザーが鳴った」時点は「ポジショナル・フォルト」にもなり得ません。なぜなら、「ポジショナル・フォルト」は「サーブが打たれた瞬間に」発生するミスですから、ラリーが終わってしまってからでは、本来は指摘しようがないからです。ブザーが鳴ったのは、3−2の場面で生じた「ローテーショナル・フォルト」の直後に、正しく「本来の」配列にNECの選手たちを並ばせていなかったこと、即ち審判団のミスに気づいた、という意味のブザーです。ブザーは「審判に注意を喚起するための道具」であって、「ブザーが鳴ったこと」自体が「判定」にはならないはずです(ルールの「25.2」に書かれています)。実際3−2の場面で「ブザーが鳴った」後には、北村副審はあらためて自身がホイッスルを鳴らして「ローテーショナル・フォルト」のシグナルを出しています。主審か副審がホイッスルを鳴らして初めて、有効な判定になるはずです。4−4となってブザーが鳴った場面では、主審・副審がホイッスルを鳴らすことも、シグナルを出すこともなかったはずです。3−2の場面で本来やるべきであった「正しい配列にNECの選手たちを並ばせる」行為ができていなかったことに気づいて、その行為を行っただけなのです。

長いので、分けます。

投稿: T.w | 2009年5月 9日 (土) 17時48分

続きです。

久光ベンチからクレームがないのは、至極当然だと思います。むしろ、久光ベンチこそ戸惑っていたのでは? と思います。なぜなら、久光ベンチもコート外でデータバレーの画面を打ち込んでいるアナリストにも、NECベンチから提出されたラインアップシートの内容はわからないからです。アナリストも恐らく、NECのレセプション・フォーメーションを見て、「9→1→2→10→5→4」とパソコンに入力したと思います。だから、むしろ3−2の場面で1番の高橋選手がサーブを打ったのが「なぜ? サーブ順間違いなの???」と混乱したと思います。勿論、自チームにとって有利な判定をもらったので、クレームをつけることはないはずですが。


問題は、仰るとおり2007年ワールドカップ男子の日本-ブラジル戦の一件ですよねぇ。ただ、私も記憶が薄れているので、憶測になってしまいますが・・・それを覚悟で推測しますと、確かあの試合で日本ベンチが犯したミスは、ラインアップシートに別のセンターの選手の番号を記入していながら、スタメンセンターとして富松選手をコートに送り込んだことだったと記憶します。そして、その「ラインアップシートの記入間違い」が発覚したのが、越川選手のサーブで連続得点を重ねて8−2ぐらいになった場面だったと思います。

上述の通り、ルール上この手のフォルトは正式には「ポジショナル・フォルト」と「ローテーショナル・フォルト」に分かれているようですが、厳密ではないですが感覚的には「サーブ権を持つチーム」に適応される(ように想定している)フォルトが「ローテーショナル・フォルト」で、「レセプション側のチーム」に適応される(ように想定している)フォルトが「ポジショナル・フォルト」という様な感じに思えます。8−2(?)の場面で、サーブ権を持っていた日本チームに発覚した、「本来コート上にいるはずのない富松選手がコート上にいた」というフォルトに関して、ルールを適応する上で恐らく「ローテーショナル・フォルト」が適応されたのでは? と推測します。確かに(すでに書いたとおり)「ポジショナル・フォルト」は「サーブを打った瞬間に」発覚するはずのフォルトで、ラリーが終わってしまってから適応されるものではないと思いますから。そうなると、フォルトが発覚した段階で、ルールで「7.7.2」に記載されているとおり、「どの時点からそのローテーショナル・フォルトが生じていたか?」が問題になりますので、少なくとも越川選手のサーブが始まった時点までは少なくとも遡らないといけなくなります。無効となった日本の得点が全部だったか? 8点のうち6〜7点だったか? も記憶が定かでないのですが、いずれにせよ、そういう判断であったのではないか? と思います。セット開始時に確認し損ねた審判団にもミスがありますが、日本ベンチにもミスは当然あるわけで、ペナルティは必要です。たまたま一人のサーバーで連続得点を重ねた後にフォルトが判明したために、そういう結果になってしまったという事だと思います。

一方、NECのケースは、すでに3−2の時点でNECとしてはペナルティを一度受けています。その後に関しては少なくとも「新たな」落ち度はNECにはありません。ラインアップシートに基づいて「正しい」配列に戻せなかった審判団側のみの落ち度だと思います。


ただ、、、判断は正直難しいところでしょう。だからこそ、何分も中断したのだと思います。NECベンチがミスをしたにせよ、セット開始時にきちんと北村副審がそれに気づいて、試合開始早々に「ポジショナル・フォルト」を宣告すればよかったわけです。

投稿: T.w | 2009年5月 9日 (土) 20時15分

>たかしさん

初めまして。コメントありがとうございます。

>NECがレシェプションであろうとサーブであろうとそれは関係ないのでは?
>セット開始前は両チーム共ローテ順に並び静止して背番号を副審がチェックする


コメント内容から見て、恐らくプレー経験をお持ちなのか? と推測いたします。確かに、中学生でバレーを始めた頃は、「セット開始時にコートに入ったら、副審に背中を向けて背番号が見やすいようにして」とか指導を受けたような記憶があります。B級レベルなら、それに従っているチーム・選手が多いようにも思います。

ですが、V・プレミアレベルかそれ以上の国際レベルにおいて、セット開始時にレセプションから始まるチームの選手が、そのような行為をしているのは見たことがありません。ルールを読んでも、選手にそのような行為を要求している文言は見つけられませんでした。是非今度、試合会場で生観戦される際に、気をつけてご覧下さい。レセプションから始まるチームは、最初から「レセプション・フォーメーション」に従う形でしか並びませんから。実際、この試合でもGAORAの中継のビデオを見返してみましたが、北村副審が第2セットの開始時にNECコートを見て、ラインアップシートと照らし合わせて確認している瞬間(後衛レフトの松﨑選手が、リベロの成田選手と交代する直前)は、NECは記事本文中に載せた写真と同じようなレセプション・フォーメーションを敷いて並んでおり、決してラインアップシートに記載されているような形で「単純に」6人が並んでいるわけではありません。

しかも、大変ややこしいことですが、「ポジショナル・フォルト」は「サーブが打たれる瞬間に『のみ』、それぞれの選手は各自のコート内でローテーション・オーダーにしたがって位置しなければならない」というルールを犯した場合に生じるフォルトですから、副審がセット開始前にオーダーを確認している時点では、「ポジショナル・フォルト」は生じません。GAORAの中継をご覧いただければわかりますが、NECはラインアップシート上ではセット開始時にはセッターの秋山選手が高橋選手より「前」にいてはいけないのですが、それは「サーブを打たれる瞬間『のみ』」の話です。また高橋選手と杉山選手の関係も、高橋選手が杉山選手より「左」にいないといけないですが、2人はレセプション・フォーメーションにおいて、左右はほぼ重なっていますので、見分けがつきません。

「ポジショナル・フォルト」について解説されている、こちらも是非ご覧下さい。
http://gaban.cute.bz/volleyball/positional_fault/

投稿: T.w | 2009年5月 9日 (土) 20時41分

丁寧なご説明有難うございました。納得です。確かに2度目の高橋のサーブ時点でサーブ順には間違いがない訳で問題は後衛にいるはずの杉山が前衛にいた事。んでもってそれはその前のペナルティー時に審判が指摘すべきであったのに審判が見逃してしまった、という審判サイドのミスになるのですね。

問題の杉山がポイントしてしまっているだけにややこしいですが、それでかなり長い間、時間がかかったのでしょうね。結果的にペナルティーうんぬんよりもその後、NECがリズムを崩して大敗してしまったので、NECは十分に罰を受けた感じでしたね。

WC2007の件、私も細かい事は忘れてしまったのですが、あの時も審判団の確認ミスという事は考慮されなかったのかな~と残念に思いました。たまたま7-2かなんかで日本の7点が全て消され、ブラジルの0-3リードで再開って感じだったと思いますが、点差以上にその後、ショックで崩れるって事は結構、ありますよね>ローテミス。

投稿: 質問 | 2009年5月12日 (火) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/44912541

この記事へのトラックバック一覧です: 黒鷲旗女子準決勝(久光製薬 - NEC)〜第2セット・問題の"ローテーションミス"について〜:

» ●昨日の試合におけるNECの重大なミス [管理人の戯言〜バレーボール馬鹿の独り言〜]
昨日のNECが非常に不甲斐ない試合をしたようなのですが、ひょっと すると第2セットの長い中断が影響したのかもしれません。 「NECはあまりメンバーを代えないチームなので、まさか書き 間違えるということはないと思うんですけど」 と実況の森本アナが言ってましたが、実際はそれが起こってしまったよう です。 あの中断からしばらくゲームを眺めてると、おかしなローテがあるんです。 杉山と松崎が同時に前衛にいてるんです・・・なんで・・・ このからくりはよく拝見させていただいているこちらのブログに取り上げ ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 03時37分

« "スピード"ではなく"テンポ"(その4) | トップページ | 黒鷲旗雑感(その1) »