« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

パイオニア - JT via "GAORA"("トス" or "セット")

GAORAでディレイ中継されたこの日の試合。後日ビデオで確認して驚かされたのが、実況を務めた金山泉アナウンサーの言葉遣いだ。

GAORAと言えば、関西ローカルのMBS毎日放送(TBS系列)の関連会社による、スポーツ中継がメインのCS放送であり、V・プレミアリーグの中継については、長年黒鷲旗の実況を務めてきた馬野雅行・森本栄浩の2人のMBSのアナウンサー(馬野アナは因みに、MBSの夕方のニュース番組のメインキャスターも務めている)が主に実況を務めていて、中でも馬野アナのバレー通は関西のバレヲタならご存じのはず。ミーハー路線炸裂で、協会と談合しているフジテレビとは違い、玄人好みのマニアック路線での中継で、協会とも明らかに一線を画している(その点は、番組として加藤陽一選手贔屓である点からも明らかだ)。

そのGAORAのV・プレミアリーグ中継ではあまり聞いたことのない実況の声で、第1セット序盤に「番平守さんの解説でお送りしている『パナソニック』対JT」という言葉を聞いた時には、「このアナウンサー、バレーの中継は素人なのか? 随分GAORAもレベルが落ちたもんだ」と一瞬思ったのだが(一応すぐに気づいて訂正していたので、純粋に言い間違えただけのようだったが)しばらくして、、、



(第1セット、17-12とJTがリードしている場面でのラリーで、セッターの竹下選手がバックライトのタチアーナ選手へのバックアタックのトスを上げた瞬間)


・・・竹下のバックセット。(タチアーナの)バックアタック・・・


この時はまだ、私の聞き間違い?! と半信半疑だったのだが、、、


(同じく第1セット、21-15の場面でのラリーで、竹下選手が前衛ライトにいた坂下選手にハイセットを上げた瞬間)

・・・バックセット。坂下が・・・


(さらに、同じく第1セット22-19の場面でのラリーで、リベロの井上琴絵選手が、真骨頂とも言える、アタックラインを確認しつつその手前で踏み切ってジャンプトスを上げた瞬間)

・・・ランニングセット!・・・


(さらにさらに、第1セット終盤、JTのセットポイントの場面でパイオニアのレセプションが乱れた瞬間)

・・・ちょっとここはランニングセット、アンダーで(ユキが)上げた、ハニーフ・・・



もうわかって頂けたと思うが、そう、日本で「トス」と言われるプレーについて、金山泉アナはセット "set"という言葉を躊躇なく使って実況していたのだ。3月31日に再放送もあるので、見逃した方は是非ご覧あれ!


海外(英語圏)では確かに「トス」のことはセット "set"と言われる。考えてみれば、セット "set"を専門に行うポジションだからこそ、セッター "setter"なのだ。日本でもかつて、トサー "tosser"という用語が用いられていた頃があったようだが、それがいつの頃からかセッター "setter"とポジションの用語は変わったのに、プレーそのものは「トス」という用語が残ったままという、不可思議な状況なのである。


最初に書いたとおり、GAORAのV・プレミアリーグ中継は、馬野雅行・森本栄浩の2人のMBSのアナウンサーがメインだが、この2人に以前はMBSを定年退職した水谷勝海アナウンサーなどが加わっていた。しかし最近はスポーツ実況専門のフリーアナウンサーなどが加わっているようなので、金山泉アナもてっきり、CS専門のフリーアナウンサーなのかと思いきや、放送終了時に「実況担当『MBS』金山泉でお伝えしました」という言葉が聞こえてきた。

気になって、この金山泉アナウンサーをネットで調べてみると・・・もともとは中京テレビのアナウンサーで、2009年2月に確かに毎日放送に入社しているようだ。Wikipediaによる解説では「中京テレビを退社して毎日放送に入社した理由は『野球中継を担当したいから』(中京テレビでは中日ドラゴンズのホームゲーム中継権を持っていない)」とのこと。要するに、野球が一番にしろ、スポーツ中継がしたいという志が強いのだろう。バレーボール中継の経験がどれ程あるのか? そもそもバレーというスポーツが好きなのか? まではわからないが、最初に入社した中京テレビを退社してまで入社したのがあの"GAORA"である以上、バレーに全く興味がない、ということは考えにくい。経験や興味もあまりなかったとしても、恐らくかなり勉強しているはずだ。

では果たして、彼はどこでバックセット・ランニングセットという用語を覚えたのだろう? という興味が湧いてくると同時に、テレビの中継でセット "set"という用語が聞こえてきても、別に決して思ったほど変な違和感は感じないということが確認できた。


試合終了直後に、ユウのヒロインインタビューを担当したのは、満を持して登場の馬野アナ。多分、ユウにインタビューしたかったのは、彼自身じゃないかと思う。「最後にファンの皆さんに(一言)お願いします」という言葉にユウが応えて、それでインタビューが終わるのが普通だと思うが、その後に馬野アナ自身がユウへ叱咤激励のエールを送ってインタビューを終えたのを見て、「あぁ、馬野アナ、それをユウに直接伝えたかったから、彼女を(ヒロインインタビューに)選んだのね」と妙に納得してしまった(笑)。そう、GAORAは、ユウがスタメンに定着した頃からずっと、試合終了後にずーーっとユウをカメラが追い続けるなど、フジテレビでは考えられないカメラワークを平気でするような、実はユウ贔屓のテレビ局であって、だからこそ「玄人好みのマニアック路線での中継」と言えるのだ(笑)。

その"GAORA"だからこそ、今年から新規採用したスポーツアナウンサーが、セット "set"という用語を使い始めたことは、注目に値すると言っていい。あぁ、『バボCHANNEL』はここ数年すっかり、見る価値のない番組に堕落してしまったし、新たにGAORAでバレーボール専門番組やってくれないかなぁ・・・。バレー番組のソフトを売り込みたいと思ってらっしゃる制作会社の方々、どうですか? GAORAなら買ってくれるかもしれませんよ〜、特に馬野アナに直接売り込んでみては(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

パイオニア - JT@大阪市中央体育館

前日の東レ戦での敗戦が、チームに与えた影響は色々な意味で大きかったのだろう。この日のパイオニアは、コート内だけでなく、コート外の控え選手達からも大きな声が飛び交っていた。

ヒロインインタビューはこの日ブロック5本を決めたユウ。その表情には、最終戦を勝利で締めくくったというような満足感は微塵もなく、キャプテンとしてチームを精神的に引っ張っていけなかったこと、結果的に4強入りを果たせなかったことに対して感じているであろう責任感がにじみ出ていた。彼女と仲良しのマミが試合直後に流した涙を見て、ガッツが初スタメンに定着した2006/07シーズンでの最終戦(3位決定戦)直後の涙を思い出した。パイオニアというチームで、若手選手が1シーズン通じてスタメンとして出続けることが、どれほどのプレッシャーがかかることなのか? 2年前のガッツ・今年のマミを見て、つくづく思い知らされた。

それでも、ともかく入れ替え戦出場は免れた。昨シーズンのユミとは違って、1シーズン通じて最後まで、マミを使い通すことが出来たことは大きいと思う。セミファイナルラウンドも入れ替え戦出場も必要なく、次の黒鷲まで1ヶ月以上、公式試合に出る必要がなくなって、精神的にも肉体的にも少し休養が出来るだろうから、気持ちもリフレッシュして、是非チーム一丸となって黒鷲旗に臨んで欲しい。ファンも色々なことを考えさせられたシーズンだったが、選手・スタッフにとっても本当に辛いシーズンだったと思う。本当にお疲れ様でした。シーズン最後の観戦試合を勝利で飾ってくれて、本当にありがとう。

いつも当ブログを覗いて頂いている方々に一言。今シーズンは、戦術に関してほとんど語ることが出来ず申し訳ありませんでした。レッドウイングスの来シーズン以降の課題については、黒鷲が終わった後にまとめてみたいと思います。

p.s.: ナナエ、ブログ再開してくれて本当にありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

涙。。。(東レ - パイオニア@大阪市中央体育館)

試合開始(プロトコル)前の練習の時点で、パイオニアは東レに負けていた。それは、練習中の選手達の「声出し」において、であった。


それを敏感に感じ取ってか、スタメン紹介のアナウンスの直後から、応援団席に陣取った多くのファンの、必死の声が会場に響き渡った。



・・・パイオニアがんばれー!・・・

・・・絶対勝つよー!・・・

・・・ほらっ、(コートの)中から声出して、盛り上げてー!・・・




ホームである滋賀に近い大阪だけに、大応援団が駆けつけた東レを敵に回して、人数こそ負けていたが、コートに向けて発せられた声援は決して引けを取っていなかったし、何より本当に一言一言が心に響いた。試合開始のホイッスルが鳴る頃には、私は目の前のコートがよく見えなくなっていた・・・気づけば涙が浮かんでいた。



試合内容は、監督のコメント通り。

http://www.vleague.or.jp/printtable/index.cgi/print/a/machno/629/leaguetag/premier_w/season/2008

試合開始前には「声出し」から負けていたパイオニアだったが、応援団席から飛び交う必死の声援が選手達に届かないはずはなかった。試合が進むにつれ、パイオニアの選手達は、現状ある力を出し切ったと思う。それでも、東レのレフトエース・・・張 越紅選手を最後の最後まで止めきれなかった。アサコもユウも、メグ・ハニーフがライトブロッカーとして跳んでも、ユキに代えてコヨミを出しても、3枚ブロックを揃えても、それでも止められなかった。それに尽きると感じた。

東レのバレースタイルは何年経っても変わる気配がないが、それでいてV・プレミア女子史上初の2連覇を成し遂げてしまうかもしれない。そのスタイルは日本では通用しても、世界では決して通用しないのだということを、観客の前でまざまざと見せつけてくれることこそが、パイオニアというチームのこれまでの存在意義だったと思う。日本国内ではある程度評価され、ある程度結果を残していても、日本が世界と戦っていくために採るべき道は別にあるはず・・・パイオニアファンというのは、私も含め、日本のバレー界に対して抱き続けているこの鬱憤を、パイオニアというチーム、そこに属する選手達の戦う姿を通して、晴らしてきたところがあったはずだ。しかし今のパイオニアには、そのファンの鬱憤を晴らしてくれるだけの力は、残念ながら持っていなかったのだ。悲しい現実だが、パイオニアファンとして、その現実を受け止める必要があるだろう。そう、ファンも意識を変えなければいけないのだ。

これまでパイオニアというチームからもらったたくさんの感動やエネルギーを、今度はファンである私たちが、レッドウイングスというチームに如何に届けることが出来るか? これが、真のレッドウイングスのサポーターたる、私たちに科せられた責務だと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

プロ意識・・・(パイオニア - トヨタ車体@豊橋)(その2)

普段は選手・関係者の目には触れて欲しくないと思いながら、いつも記事を書いてきたのだが、今回ばかりは出来れば選手自身にも見てもらいたいと思っている。

チーム廃部の危機を経験して意識が変わり始めたファンがここにいる。ファンが本当に望んでいるのは、やはりチームの勝利だ。遠路はるばる新幹線に乗ってまで会場へ向かうのは、チームの勝利の瞬間を選手と一緒に味わいたいからだ。

勿論、勝負事は常に水物だ。いくらチームの勝利をファンが望んだって叶わないこともある。当たり前だ。選手だって一緒。勝ちたいと思ったから勝てると言うものではない。そんなことはわかっている。

じゃあ強いチームを応援すればいい、という考え方も出てくるだろう。でも私はそうではない。別に山形に住んでいるわけでもなければ、縁もゆかりもない。それでもなぜパイオニアでなければならないのか??

それはやはりパイオニアのバレースタイル(戦術含め)や、選手達の魅せるプレーに魅了されてきたからに他ならない。パイオニアと言えば、ここぞという場面で勝負強い、いや強かったのだ。あっさり負けることもあるが、フルセットに持ち込めば最後は勝つ、レギュラーラウンドで負けている相手でも、決勝になると勝つ、そういうチームだった・・・選手達も、例えば通算のアタック決定率が高くなくても、ここぞという場面では必ず決める、マッチョ(斎藤真由美元選手)以来そういう選手達が集まっていたのだ。彼女の引退後は、しばしばコートの中が暗いとかタイム中に声が少ないとか、色々と批判されることは多くなったが、それでもここぞという場面では無類の強さを発揮してきた。セリンジャー前監督時代は、ベテランに頼りすぎで若手が育っていないと散々批判を浴びたが、そのパイオニアらしい勝負強さは、ベテランでなければ為し得ないとファンもわかっていたからこそ、若手の台頭を期待して我慢強く見守り続けながら、チームを応援し続けてきたのだ。

吉田新体制になり、トモ・マオ・フランシーといった中心選手がチームを去り、残ったベテラン達の力も徐々にピークを越えて緩やかに下り坂へと入っていったが、その一方でユウやガッツといった若手が少ないチャンスをものにして頭角を現し始めた。ほぼ固定されていたスタメンも変化しつつ、セリンジャー監督時代には弱点であったブロックの組織化というチームの方向性が明確になされ、戦術も変化していくという過渡期に入った。そのために昨シーズン・今シーズンと、満足な結果が出ない状況が続いていたが、それでも吉田監督が思い描くバレースタイルを選手達がある程度消化しきった暁には、必ずや以前の勝負強いパイオニアが目の前に帰ってくるはず・・・そう信じていた。

3レグに入り、パイオニアはチーム技術集計データで、実はアタック決定率・ブロック決定本数ともに1位となっている(3/15時点)。データが全てでないのも事実だが、レセプションやトランジションでのセットアップに不安があった今シーズンの開幕当初のデータと比べてみれば、そういった不安が随分解消されてきているのは明らかだろう。実際この日のトヨタ車体戦、最近の2戦と違って相手(特に都築選手)のスパイクサーブに崩されまくるということはなく、トランジションでの連係プレーミスもほとんど見られなかったし、一方スパイカーは誰一人として調子が悪い印象もなく、トスも分散され、何よりブロックが素晴らしかった。当然のようにアタック決定率もチーム通算決定率でトップに立つトヨタ車体を上回り、ブロックに到ってはトヨタ車体が9本に対して23本を決め、圧倒していた。同じフルセット負けでも、やるべきことはやっていて「勝てそうな要素がみつからない・・・」と感じた岐阜での久光戦と違って、「負ける要素が見つからない・・・」と感じた試合だった。しかし、結果は同じ「フルセット負け」に終わった、、、。やるべき相手の対策を練り、きちんとそれに選手が応えていながら、負けた。しかも第5セット、14-12とマッチポイントを握って以降、ジュースに一旦追いつかれるも、その後7回連続でマッチポイントを握ったが、そこで決めきれず、逆に21-22と初めて相手にマッチポイントを握られると、あっさり1回でそのチャンスをものにされてしまった。パイオニアらしい「勝負強さ」は、微塵も感じられなかった。『女子バレー三昧』の記事通り、「力的にはパイオニアの方が勝っていたが、勝利への執念という点で、車体の方が勝っていた」と、観戦した全ての方が感じたはずだ。特にレナタ選手の後衛でのディグは素晴らしかった。ブラジルナショナルチームでは、ディグに難点があるためにレギュラーをものに出来ない選手であるのに、そんなことは微塵も感じられない執念のファインディグ連発だった。そんな執念が周りのチームメイトに伝わらないはずがない。勝負を分けたのは、第5セット大詰めでの精神力の差・・・9-12の劣勢の状況で渾身のスパイクサーブをミスなく打ち続けて、12-12の同点に持ち込んだ都築選手や、22-21のマッチポイントでガッツのレセプションを弾いて素晴らしいスパイクサーブを打った今西選手に対して、メグは14-12のマッチポイントで力無くスパイクサーブを打って、サーブミス。直後の14-13のまだマッチポイントという状況で、今度は山本選手のフローターサーブをレセプションミスしてジュースに持ち込まれた。ブロックも、いくら本数を決めていても、肝心の最後の最後でブロックシャットが決まらなければ意味がない。ユウはこの日記録上9本のブロックシャットを決めているが、実際にはもっとあったかもしれない(NHK BS1で放送された日立佐和戦では、記録上2本になっているが、実際数えたら5本ブロックしている)し、実際「決まった」と思ったブロックを、何度も何度もトヨタ車体の選手達の渾身のディグで繋がれてしまっていた。逆にパイオニアは、相手に決められたブロックは少なくても、決まらずに済むようなブロックを簡単に自チームのコートへ落としてしまっていた。その辺りから、勝負は決していたのかもしれない。

いくら大人しくても、淡々とやっているように見えても、最後に勝つなら文句は言わない。強かった頃のパイオニアはそうだったのだ。でも、ユウがキャプテンでチームの中心をメグが担っている今のパイオニアは、残念だが「勝負強さ」とは無縁のチームになってしまったようだ。それなら、同じ4強争いをするライバル相手に、「勝利への執念という点で負けていた」と観客に思われてしまうようなプレーを見せるようではダメだ。同じ廃部の危機に見舞われ、こちらは残念ながら決定してしまった武富士が、翌日に同じトヨタ車体を相手にフルセット勝ちを収めた結果を知って更に、その思いを強くした。言い方はきついかもしれないが、キャプテンであるユウを筆頭に、本当に危機感があるのか、あったのか? プロ意識を疑いたくなってしまう。若手もいつまでも「若手だから」といって甘えていてはダメだ。吉田監督になって、チャンスは圧倒的に増えたのだから、こういう状況だからこそ、スタメン選手が弱気になっている時には「私を出して!」とアピールするぐらいの気迫が必要なはずだ。


パイオニアを去って、今はスイスで"プロ"バレーボーラーとしてプレーしているリエがこのようなことを書いている(引用が長い点、ご容赦下さい)。

『加藤理絵ブログ』より引用

 チームメイトから風邪菌をいただいてしまったらしく、一昨日から喉が真っ赤で痛い。

数日前には、あるチームメイトが自分の飲んでいた青い色のゲーターレードを、飲みたい?と勧めてきた。

私は飲んだ事がなかったので、飲んでみた。

その直後。。。

『あ、ごめん。私、風邪ひいてるんだった。』と。

すでに飲んでしまっていた。

私は彼女が風邪をひいているのを知らなかった。

 ドイツにいたときのチームでは、風邪をひいている人は、練習中のハイタッチも、手ではなくて、肘の部分とかでやっていたのを思い出した。

どうしたの?と聞くと風邪ひいてるからだと答えていた。

みんなにうつしてしまわないようにと、最大の注意をはらっていたという事だった。

彼女達はそういう部分でも、プロ意識を持っていたと、今、改めて思った。 


やはり強いチームの選手達はプロ意識があると思う。

考えてみると当たり前の様な事も、ちゃんとみんながしていた。

・・・(中略)・・・

この風邪予防対策の多くは、元パイオニアの斎藤真由美選手がいつも口うるさく(すみません。。)みんなに伝えていた事。

当時V1リーグ(現在のチャレンジリーグ)だった時からずっと。。

いつもプロ意識が高くて、たくさんの事を学ぶ事ができた。

もしも、あの時代がなかったら今の自分はどうなっているのだろうと考えると恐ろしくなる。


もう一つ、引用

『ふじなまさきなまの「俺は強い」』より引用

『仕事をせずにスポーツをしているヤツがクビにならずに、なんで一生懸命働いている俺達がクビなんだ!』

こんな声が聞こえてきそうな状況だ。

『スポーツが仕事です。』

これが今通用するだろうか? プロではないのに。


「企業スポーツ」の崩壊は、ファンも意識を変えなければいけないことを意味していると同時に、選手達の意識改革の必要性も意味していると思う。

もう一度、選手の皆さんは思い出して欲しい。約5,000人ものファン、いや実際には署名したくても出来なかったファンがもっともっと大勢いることを。そのファンが望んでいるのは、ファンサービスではなくて、何よりもチームの勝利であることを。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

プロ意識・・・(パイオニア - トヨタ車体@豊橋)(その1)

強行スケジュールのなか、はるばる豊橋まで駆けつけた。それにしても駅から遠い、、、。

結果はご存じのとおり、パイオニアのフルセット負け、である。細かいことを書くより、こちらの素晴らしい写真の数々をご覧戴ければ、試合の雰囲気はわかって頂けると思う。

『女子バレー三昧』より引用

まさに、死闘だった。
フルセット、最後は23-21で車体の勝利。14-14からずっとパイオニアがマッチポイントを握って、それをしのいでしのいで、ラストは今西選手の豪快なサーブで決めた。
力的にはパイオニアの方が勝っていたが、勝利への執念という点で、車体の方が勝っていたと感じた。


リーグ開幕当初、私はマミをスタメンにするに当たっての注意すべき戦術点として、"Wライト"システムを敷くことが鍵だと何度も書いてきた。リーグ前半での敗戦試合は、マミがバックライトなりフロントライトの位置からセットアップを行うシステムを敷いたことによって生じた、チーム内の混乱が主たる要因であった思う。実際、2レグで負けが込み始めると、マミはコヨミにスタメンを譲るケースが多くなっていった。それでも今ひとつ結果が出ない流れの中で、2レグ終盤には遂に吉田監督は、レオとメグのレフト対角にハニーフをオポジットに配する配列を採るという、逃げの手段を採ってしまったのが岐阜での久光戦となった。

出口が見えない状況の中で、次に待ち受けていたのが、パイオニア本社によるチーム廃部の検討という重大危機だった。バレーに集中できない辛い苦しい日々の中で、選手達は良い意味での開き直りを見せてくれた。レセプションで狙われてミスをしたり、ラリー中のセットアップでミスをしたりといった、リーグ前半なら直後のプレーまで引きずっていたミスの後でも、マミは決して下を向かなくなった。"Wライト"システムを徹底する訳ではないけれども、相手のフォーメーションに合わせて随時ブロッカーのシフトを変えたり、ラリー中のセットアップもマミが上げたり、バックレフトを守るガッツやユウが上げてみたりと、コート内の状況を選手達が瞬時に判断して戦術を切り替えるという、フレキシブルなプレーが見られるようになっていった。その結果が3レグに入って上位チームとの対戦が続く中での4勝1敗という、見事な巻き返しだった。

ファンも黙っていなかった。僅か10日ほどの間に、チーム存続を願う署名が約5,000人も集まったとのこと。廃部が噂される中で行われた地元天童でのホームゲーム2連戦が、連日満員になったということも、東北パイオニアが来期のチーム存続を決めた大きな要因になったことがマスコミを通じても報じられた。一人一人のファンの力が大きく働いて勝ち得た「チーム存続」だった、と言っても過言ではないと思う。

http://yamagata-np.jp/news/200902/25/kj_2009022500454.php


折しも気づけば、リーグ前半戦に首位を独走しかけていたところをパイオニアに連勝街道をストップされたデンソーが、泥沼の4連敗を喫して完全失速して、消えたと思えたパイオニアの4強入りの希望の光が見え始めていた。ファンも当然、ますます応援に力が入り始める。今回のパイオニア本社によるチーム廃部の検討は、ファンの意識を間違いなく変え始めたはずだ。私もその一人・・・自他共に認めるπヲタであるのにcarrozzeriaも持っていないし、プラズマテレビもビデオも持っているのは他社製だった私は、今までの行動を反省し、早速carrozzeriaの購入を検討し始めた。「企業スポーツ」という形では限界をとっくに迎えている今の日本のスポーツ界にあって、目指すべきは地域密着に基づいたクラブチーム化・・・この辺りは『千酔亭日乗』にこれまでも何度となく書かれているとおり。


『強行突破SPORA別館』より引用


西尾さんのメールでは『ファンクラブとはチームから何かをしてもらいたい人が集まるところ』という認識を持っている印象を受けました。

・・・(中略)・・・

でもね、千酔亭氏にしても自分にしても、『チームに何か貢献できないか』という考え方で武富士バンブーを応援しています。


微力でも自分が「チーム存続のために何か貢献できないか」という考え方でファンの力が結集した結果が、短期間で約5,000人も集まった署名活動だったり、天童会場大盛況という結果であったはずだ。選手の写真を撮りたい、握手やサインをしてもらいたい、という感覚で試合を見に行くファンもいるはずだが、「企業スポーツ」が限界を迎えて応援してきたチームがなくならんとする状況を黙って見過ごせずに、それなら自分たちで支えていけないのか? とファンが考え始めた瞬間、それは「ファン」という域を超えて、いわゆるサッカーのJリーグで言うような「サポーター」へと意識が変わっていくのだということを、私は自分の中での意識の変化を通じて理解した。今回の一件を通じて、ファンの意識改革が間違いなく起こり始めていると思うし、絶対に起こらなければいけないのだ。


そういった思いの中、先週バンブー戦での敗戦を知り、いてもたってもいられなくなり、急遽豊橋行きを決めたのだった。リーグ終盤デンソーが失速する中で、4強入りを争う最大のライバルチームとなるトヨタ車体との対戦で、しかも相手チームのホームゲーム・・・さらに年末の皇后杯以来2戦連続での惨敗を喫した相手・・・チケットはもちろん取っているはずもなかったが、むしろこの逆境の中ではアリーナ席ではなく応援団席に座って目一杯応援の声を届けた方がいい、とそう思ったからこその決断だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

今、自分に出来ること・・・

(その1)カーナビをcarrozzeriaに買い換えること・・・

真剣に検討中、というか、購入機種もほぼ決まっている。あとは、細かい付属備品の確認だけ。


(その2)チームのグッズを買いまくって、知り合いにも押しつけること(笑)

レギュラーラウンド最後となる大阪市立中央で売ってくれると期待してます!!!


(その3)とにかく会場に行って、応援すること!!!

ってことで、急遽今週末、新幹線で豊橋まで駆けつける心づもりにしました!
チケット買ってませんが、この際チーム応援席でいいかなと。しっかり応援してきます!!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »