« 3レグ突入の前に気分転換・・・ | トップページ | 今、自分に出来ること・・・ »

2009年2月24日 (火)

今こそファンの本当の真価が問われる時・・・

3レグ開幕2連戦となった、加古川・姫路の試合の模様もアップしていないし、そもそも連載中(?)の「"スピード"ではなく"テンポ"」の(その4)も書きかけの状態で止まっている・・・しかも今週末はバレーボール学会が・・・しかし、今は戦術がどうのこうのよりも、目先の「勝ち」という結果こそが何よりも欲しいというのが、πヲタとしての本音だ。レッドウイングス存続のためなら、どんな協力でも、バックアップでも惜しまず行っていきたいと思っている。

http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20090218-462168.html

姫路でのシーガルズ戦から、勇気あるファンの方々の手によって、チーム存続のための署名活動が始まったようで、私も勿論、署名を行うつもりで会場へ向かったが、会場入りが遅かったためか、残念ながら署名活動を行っている方々には出くわすことなく、時が過ぎてしまった。最終2連戦となる、大阪市中央体育館では、何としても署名したいと思っている。今こそ、πヲタいやパイオニアファンだけでなく、バレーボールを愛するもの全員が、力を結集すべき時だと思う。他チームのファンの方々にも署名して戴いている様子で、パイオニアファンとしては何とも心強い限りだ。


『千酔亭日乗』より引用

2009年という年は、後にスポーツ界における大転換の年として記憶されるのではないか? 希望的観測に過ぎるかも知れませんが、そうなって欲しいと思います。バレーボールにも、危険水域に足を踏み込んでいる親企業がいくつかあります。

・・・(中略)・・・

バレーで同じことが起きない保証はどこにもありません。危機感は足りているでしょうか?



しかし、チームの準公式サイトとも言える山口喜代美さんのサイトの掲示板で、この危機的状況に及んでなお、監督批判と受け取れるコメントが見られるのは、何とも残念というか、ファンとしては恥ずべきことだと思う。

監督批判や采配批判自体を決して否定するつもりはないし、実際私も、吉田敏明監督の戦術に対して批判的な意見も書いている。しかし、批判にも適切な場所とタイミングというものがあるはずだ。チーム存続のため、いや、今や1つのチームの問題でなくバレー界全体、ひいてはスポーツ界全体の問題として、バレーファン・スポーツファンが立ち上がろうとしているこの状況に及んで、しかもチームの準公式と言える掲示板上で監督批判を行うという行為は、ファンの一体感も損なわれる上に、支援を期待できるかもしれない山形や東北の各企業に対して、チームの印象を悪くしかねない。


かつて、東北パイオニアがVリーグへ昇格し、パイオニアレッドウイングスとなった当初、当サイトの掲示板がチームの準公認的存在であったこともあり、チームの負けが込んでくるとファンの不満の声がたくさんコメントとして寄せられ、当時のセリンジャー前監督への采配批判が相次いだこともあった。当時私は社会人として働き始めた直後で、ネットを見る時間的余裕も精神的余裕も全くない状況であり、管理人としては無責任にもそれを野放し状態にしてしまったのだが、当時管理人に代わって、掲示板の秩序を保とうと必死に定期的にコメントをして頂いた常連の方々には、今でも本当に心から感謝している。あの頃も辛い時期であったが、その時期を乗り越えて私は、ただ単に斎藤真由美元選手が移籍したからというだけの一にわかファンから、真のレッドウイングスファンになったと思う。あの頃、忙しいという理由で野放しにして、責任を放棄してしまった分、今回の危機には黙って見過ごすわけにはいかない気持ちで一杯である。


「チーム存続を求める」という名目でありながら、その実「監督交代を要求している」ように受け取れる署名も行われているようで、これについては、同じレッドウイングスファンとして不快感を禁じ得ない。

『強行突破SPORA別館』より引用


武富士バンブーがチーム名は変わっても翌年以降も活動を続けていくためには、できるだけ多くの企業の方に興味を持って会場に足を運んでいただき、実際に試合を見ていただくのが一番のアピールになります。

・・・(中略)・・・

では次回、どのような場面でどのような声援をしたいか書いていきたいと思います。
バンブーを応援してくれる方々を全力でフォローです。


今こそ、本当のレッドウイングスファン、本当のバレーファンの真価が問われる時だと思う。

|

« 3レグ突入の前に気分転換・・・ | トップページ | 今、自分に出来ること・・・ »

コメント

T.wさん、もうご存じかと思いますが、チーム存続が決定しましたね。

Vリーグ昇格のときから応援してきたチームなのでチーム存続が決定したと知って、涙が出そうでした。本当にうれしかったです。

山形新聞にも出ていましたが、URLを書いていいのかどうかわからないので控えます。

これからも大変だろうとは思いますが、取りあえず存続が決まったことは本当にうれしいです。

選手の皆さん、パイオニアファンの皆さん、おめでとうございました。


投稿: ゆみ | 2009年2月26日 (木) 00時35分

おひさしぶりです!以前こちらの掲示板にちょくちょくお邪魔してました、旧ハンドルネーム「くらげ@」現「5じ3」と書いて「ごじさん」です。

レッドウィングスが来季も一応存続できる運びとなりホッと一安心と言ったところですが、現在の経済環境鑑みればいつまた存続問題が再燃するかわからない状況であることには変わらないわけで、そうそう喜んでばかりも・・・

今回存続を会社側が決定した大きな要因が、先週末のホーム2DAYSでの観客動員と応援(声援)の大きさが「地域から幅広く支持されている」と言うことで、
前東北パイオニア石島会長による地域密着型のチーム作りがここで役立つ形になった!と感じております。

今後の事はまだまだ不透明ではありますが、山形県から国内トップリーグ所属のチームが無くなる様なことがあっては、県及び県バレーボール協会としても看過できない事態であるハズなので、どんな形であろうとも何がしかの支援策か、もしもの場合のセーフティーネットの用意を切望するしだいです。

投稿: 5じ3 | 2009年2月26日 (木) 02時36分

パイオニアの活動継続の決定は廃部が決定しているバンブーファンとしても喜んでいます。
平井選手を追ってアクア→バンブーと応援するチームを広げてきた方のところで署名をいたしました。

不況に強いチーム作り。
パイオニアには山形・東北という広い範囲の地域の支援を受けるバックボーンがあります。
山形ローカル局の放送があるのも、日頃からの活動が実を結んだからだと思えます。

レッドウィングスにはとりあえず猶予期間をもらったという意識をしっかりと持ってもらって、企業チームが生き残るために進むべき道の一つを示していただけたら良いなと思っています。

投稿: kaz10000 | 2009年2月27日 (金) 09時47分

>ゆみさん・5じ3(くらげ@)さん

こちらでレスするのは、初めてになりますね。
この場を借りて、掲示板の方へお二方から頂いてきた数々の投稿に、感謝申し上げます m(_ _)m 
お二方とともに、この場で、チーム存続決定のニュースが聞けたことは、感激の一言です。

>前東北パイオニア石島会長による地域密着型のチーム作りがここで役立つ形になった!と感じております。

全くその通りだと私も思います。吉田監督になって、早速行った試みが確か地元の幼稚園を回っての「絵本の読み聞かせ」でしたし、地道に地域密着を図ろうという一貫した姿勢はこれまでにも感じられましたよね。最近は参加していないようですが、花笠音頭への参加も恒例になっていた頃もありました。

もしレッドウイングスがなくなってしまったら、今の選手たちが山形という地に足をもう一度踏み入れることは、恐らくなくなってしまう可能性が高いと思います。その意味でも、1企業に頼らない、新しい運営形態の道を、天童市および山形県を上げて(東北全体でもいいでしょう)模索してもらいたいと願います。天童でのホームゲームには新山形県知事もいらっしゃったようですし、モンテディオのスポンサー企業である「でん六」のマスコットキャラクターも来てくれていたようですので、そういう動きが実際に起こっているのではとの期待を抱いています。


投稿: T.w | 2009年3月17日 (火) 21時29分

>kaz10000さん

>レッドウィングスにはとりあえず猶予期間をもらったという意識をしっかりと持ってもらって、企業チームが生き残るために進むべき道の一つを示していただけたら良いなと思っています。

ご自身のブログで展開されていた、「選手と一緒に行う地域の清掃活動」は、すごく興味を持って読ませて頂いていました。バレーボールにあまり興味のない、地域の方々に対する強力なアピールにもなりますしね。


山形が遠い私には全貌がよく見えては来ませんが、このようなニュースをネットから拾い上げることが出来ました。


天童市で初めての総合型地域スポーツクラブが誕生


これは先日行われた「バレーボール学会」の年1回総会で、今年のテーマにもなっていた「ジュニア育成」にも関わってくる内容かと推測します。少子化でどのスポーツ競技でも、優秀な数少ない人材をいかに自分たちのスポーツへ「囲い込む」か? という、各スポーツ競技間での「奪い合い」という流れになりつつある昨今の状況の下、逆にその数少ない優秀な人材を特定のスポーツに縛り付けずに「共有」した方がいいのではないか? そのために、総合型の地域スポーツクラブがこれから大事になってくるのではないか? という話題が出てきました。バレー界で先陣を切って、レッドウイングスがそういう方向で一つの「ひな形」を提示できたら・・・などと思って聞いていたので、実態はよくわかりませんが、期待したいと思っています。

投稿: T.w | 2009年3月17日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/44147105

この記事へのトラックバック一覧です: 今こそファンの本当の真価が問われる時・・・:

» パイオニアバレー部存続へ [やまスコ!]
お昼のニュースでNHK山形が報じましたね!\(^o^)/ そしてレッドウィングスのオフィシャルHP上では、 新入部員の報告もUPされてます! まぁー正直なところ、先週のホーム2DAYSの2日目、 試合終了後のサイン会ん時に、この3人もパイ・ウェア着て出て来てたんで 既に知ってはいたのだけどねwww ... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 02時38分

« 3レグ突入の前に気分転換・・・ | トップページ | 今、自分に出来ること・・・ »