« やっぱWライトでしょ!?(パイオニア - NEC)(その2) | トップページ | デンソーのブロックを考える(デンソー - パイオニア) »

2009年1月25日 (日)

"コンビバレー"という言葉は消し去ろう!

日本のバレー界では、よくこの言葉を耳にする。


・・・コンビバレー・・・


これは一体全体、何なのだろう???


確かにわかる、言いたいことはだいたい。センタープレーヤー(middle blocker)のAクイックをおとりにして、ライトにいるプレーヤーがセンタープレーヤーの後ろから回り込んで、近接するスロットで時間差攻撃を決めたりすると、アナウンサーの口から「コンビ(バレー)を使ってきましたね」とか「見事なコンビ(バレー)ですね」とかいう言葉が発せられる。しかし、それが発せられるのは、その攻撃が「決まった(=得点した)」からこそ、である。決まら(=得点し)なければ、「コンビバレー・・・」という言葉は出てこないのだ。当たり前である。コンビとは「コンビネーション "combination"」の略であるから、セッターとアタッカーの両者で作り出される、その決まった(=得点した)攻撃を「ナイス・コンビ(ネーション)!」と褒めているわけであるから。いや違う、「複数のアタッカーがコンビネーションを作り上げる」からこそコンビバレーなのだ、と言うかもしれない。しかし、残念ながらこれも真実ではない。ソフトバレー(ボール)という競技をご存じだろうか? ご存じない方はこちらを参照頂ければと思うが、要は子供から大人まで、生涯にわたってバレーボールを親しめることを意図して考案された競技であり、従って競技者全員が均等にボールに触る機会が与えられるように意図して、1チームの競技人数は「最少人数」に設定されているのだが、3回のボールタッチで相手へ返すバレーという競技において、「最少人数」は当然「3人」と思いがちだが、実は「4人」と設定されている。この意味を最近になって知ったのだが、「レセプション/ディグ」「トス(セット)」の次にくる「アタック」を担う競技者が少なくとも「2人」必要だと考えられているからだそうだ。つまりは、ソフトバレーのようにバレー界において最も「底辺」に位置する競技レベルにおいてすら、攻撃(アタック)は最低「2人」でコンビネーションを組み立てることが当然と見なされているのだ。つまりは、複数のアタッカーがコンビネーションを作り上げるのは、バレーという競技の本質であり、確かに6人制バレーにおいては、どんな状況であれ常に前衛に2人〜3人のアタッカーが存在するわけであるから、複数のアタッカーでコンビネーションが作り上げられない状況自体があり得ないのだ。従って、「複数のアタッカーがコンビネーションを作り上げる」ことをコンビバレーというのなら、すべての攻撃はコンビバレーになってしまい、この言葉自体が意味を為さない。

こうやって突き詰めていくと、「コンビバレーを展開する」とは、要するに「相手チームから攻撃で得点をものにする」という、シンプルな意味でしかないのではないか?! という結論に達する。そこには「華麗な速攻を披露する」とか「アタッカー同士が時間差攻撃を繰り広げる」とか、そういった意味は存在しない。その攻撃が相手チームにとって、いや、さらに厳密に言えば、相手チームのブロックシステムにとって、有効なのかどうか? が一番の鍵なのだ。複数のアタッカー同士がいかに複雑なコンビネーションを構築しても、それが相手チームのブロックシステムにとってカモとなるコンビネーションであれば、それは「コンビバレーを展開した」とは言えなくなってくる。バンチ・リードブロックシステムを敷いてくるチームに対して、中央からの時間差攻撃をいかに複雑に繰り広げても、それをコンビバレーと言えるはずがないのだ。逆に極端な話、ウイングスパイカーのレフトオープン一辺倒の攻撃であっても、相手チームのブロック陣の遙か上から打ち下ろして決め続け(=得点し続け)られるのなら、それは「コンビバレーを展開している」ことになってしまうはずだ。B級レベルならそういうケースが生じ得るだろうが、トップレベルではそれは通常はあり得ない。試合序盤にそのようにレフトオープンを立て続けに決められたら、3枚ブロックを採るなり、ライト側に長身選手をブロッカーとして配するなどの対抗策を採るはずであって、すなわちブロックシステムを試合の局面局面で変えてくるはずだ。従って、最後まで「コンビバレーを展開し続ける」というのは、「試合の各局面で相手チームのブロックシステムを逆手にとって、それに対して最も有効な攻撃システムを選択する」という意味になってくる。要するに、「相手のブロックシステムにあわせて、複数ある攻撃システムを柔軟に使い分けることが出来る」ことこそが、コンビバレーの本質と言えるわけである。これは極めて高度な戦術であるはずだ。B級レベルにおいては「うちのチームの特徴はセッターの○○を中心としたコンビバレー・・・」などということは簡単に口に出来るはずがないし、トップレベルのおいては全てのチームがコンビバレーを目指しているはずなのだ。

結局何が言いたいのかというと・・・上述の内容を理解せずに不用意にコンビバレーなどという言葉は用いるべきではない、ということである。日本のバレー界においては、すぐに「日本のお家芸のコンビバレー」などと言って、あたかも時間差攻撃などで攻めることが「レベルが高い」とでも言わんばかりだが、結局は女子では「単調な」オープントスしかないロシアに全く歯が立たないし、男子では素人目にはこれこそが究極のコンビバレーと映るかもしれないブラジル男子のバレースタイルも、その実は「51・11・C1と31のパイプ攻撃」という「ワンパターン」である。「試合の各局面で相手チームのブロックシステムを逆手にとって、それに対して最も有効な攻撃システムを選択する」ことこそが、本当に「レベルが高い」ことなのであるから、コンビバレーなどという曖昧な言葉を使うのではなく、バンチ・リードブロックシステムを敷いている相手には、両サイドのファーストテンポ攻撃を多用する「スプレッド攻撃」とか、マンツーマン・コミットブロックシステムを敷いている相手には中央で複数のアタッカーが絡む(交差する)「タンデム攻撃」とか、もっと具体的に攻撃のコンビネーションの種類を一つ一つ名付けた方がいいと思う。それが、日本のバレーが世界に追いつくための大事な下準備に繋がると思う。

今後(というか、これまでも出来るだけ使ってこなかったつもりだが)、当ブログではコンビバレーという言葉は一切使わないように心がけたいと思う。

|

« やっぱWライトでしょ!?(パイオニア - NEC)(その2) | トップページ | デンソーのブロックを考える(デンソー - パイオニア) »

コメント

こんばんは。
「コンビバレー」という言葉を消すこと、賛成です。「コンビバレー」が日本のお家芸とかよく聞いてちょっと耳障りでした。解説いただいているように、解説いただいたようにロシアのようなチームにハイセットのオープンでズドンとやられるのに対し、時間差みたいに複数の人が関わって?決めるスパイクを「コンビ」とか言いたいのでしょうね。でもそうすると、その”日本の”コンビがブロックにひたすらやられているのは「コンビブロック」(苦笑)なるものにしてやられているのですかね。。もう一つ言えば、センター付近でミドルブロッカーが一生懸命フェイクで飛んでいるのをあまりコンビとは言わないですよね。これもおかしいように思います。コンビとして大事なプレーだと思うんですけど。
まぁTV中継としてはイメージしやすい言葉で一括りにしたい気持ちもわかりますが、解説サイドまで一括りにはしないでほしく思います。

投稿: o-kun | 2009年1月28日 (水) 23時49分

こんばんは、お久しぶりです。
バレーボールは「ドリブル」が反則の競技なので、「コンビ」が必須のはずだと思っていたので、「コンビバレー」はバレーボールの本質を表すいい言葉だと思っていました。ただ、ここ最近は「コンビバレー」が攻撃(スパイク)のときのみ使われているのが一番の問題だと個人的には考えていました。スパイクを決めるのにどれだけの他人の労力がかかっているかに焦点が当たることを期待しています。話はすこしそれるのですが、リカルドがセッターをしていたころのブラジルはスパイカー4人が可能な限りスパイクを打ちに入っていたのですが、北京ではそのような光景はあまり見られず、立ってジバが打つのを見ている選手がいる光景を数多く見られました。「コンビバレー」で勝ってきたチームが「コンビバレー」を捨てては勝てませんよね。また、昔は「コンビバレー」は「速攻コンビバレー」といわれていたのですが、いつの間にか「速攻」がなくなっています。「リードブッロク」は主に中央の「速攻」(時間差も)に対する対策だと記憶しています。「速攻」(ファーストテンポ)の攻撃が貧弱だと、相手の対応は相当に楽になってしまうとおもうのですが¨

投稿: kgcci | 2009年1月29日 (木) 23時40分

僕も前から感じてましたわ。

例えば、A速攻-前セミは“コンビ”で、平行-A速攻-バック平行は“コンビ”じゃないと思われたり。

コンビネーション、攻撃は、ブロックを散らすことさえできればいいだけで、交差させたところでブロックをふれなければ書かれてるとおり無意味ですもんね。


まずどんな形でも1点は1点という意識を植え付けなければ、今後も“コンビバレー”は生き残るんちゃいますかね。

投稿: おーつか | 2009年1月31日 (土) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/43820039

この記事へのトラックバック一覧です: "コンビバレー"という言葉は消し去ろう!:

« やっぱWライトでしょ!?(パイオニア - NEC)(その2) | トップページ | デンソーのブロックを考える(デンソー - パイオニア) »