« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月14日 (日)

"スピード"ではなく"テンポ"(その3)

(その1)・(その2)は、「"スピード"ではなく"テンポ"」のカテゴリからご覧下さい。


以前から何度も説明してきた「高くて早いトス」。

本質はセッターのセットアップ位置の高さによるのではなく、「トスの頂点」と「アタッカーのスパイクヒットポイント」が「一致すること」であり、要するにトスが描く放物線軌道の問題である。この本質を理解していなければ、セットアップ位置がただ高くなっただけでは決して「高くて早い」攻撃は構築されない。

では、セットアップ位置が高くなった場合に、"スピード"ではなく"テンポ"という面で、果たしてどんなメリットがあるのか?

ここで誤解されやすいのは「セットアップ位置が高い方がアタッカーのスパイクヒット位置に近くなる」という考え方である。これまで説明してきた両サイドの平行トス、すなわちセッターとアタッカーのスロット位置が大きく離れている(=水平距離がかなりある)場合には、セットアップ位置が垂直方向に20〜30cmほど離れていても、スパイクヒット位置までの距離は誤差範囲となる。セットアップ位置が高くなることでアタッカーのスパイクヒット位置に有意に近くなりうるのは、Aクイック(11攻撃)のようにセッターとアタッカーとのスロット位置が近接する(=水平距離がほとんどない)攻撃においてであるが、この場合もトスが描く放物線軌道の頂点でアタッカーがスパイクヒットを行う場合には、(その1)で書いた物理学の数式から導き出される「トスの高さはセットアップされるトスの垂直方向の速度の2乗に比例する」という事実により、セットアップ位置が低いほど必然的にトスの垂直方向のスピードは速くなるため、セットアップ位置が高いほどスパイクヒット位置まで到達する時間が早いとは言えない。

ここで「高くて早い」トスとは?(その1)で書いた前提をおさらいする。両サイドの平行トスにおいて、「セットアップ位置」と「スパイクヒット位置」の2点を結ぶ「直線」に限りなく近い軌道を描くトスを上げようと思えば、トスの描く放物線軌道の「頂点」を限りなくコート外遠方に設定しなければならず、そのようなトスを実際に上げれば、アタッカーは間違いなくスパイクを上手くヒットできない。要するに、スパイクヒットの瞬間にボールに垂直方向上向きの速度が存在する場合、平行トスではスパイクヒットは困難であり、従って理想的なファースト・テンポの平行トスは、スパイクヒットの瞬間はボールが垂直方向の速度がゼロとなるように、即ち放物線軌道の頂点を通過することになる。しかし、Aクイック(11攻撃)のようにセッターとアタッカーのスロット位置が近接する場合は、トスが放物線軌道の頂点に達するよりも前にスパイクヒットを行うことが可能である(だから私は(その2)でファースト・テンポを「トスされたボールが、『放物線軌道の頂点に到達する前か』、頂点付近を通過するところでスパイクヒットを行う攻撃」と定義した)。そうなると「セットアップ位置が高いほどスパイクヒット位置まで到達する時間が早いとは言えない」という大前提が、初めてここで崩れ去る。

ここで新たな用語を定義したい。『セリンジャーのパワーバレーボール』に登場し、その概念の解釈に時間を要している用語としてマイナス・テンポがある。area71さんがご覧になっていたら、ひょっとしたら「間違ってる!」と言われてしまうかもしれないが、、、敢えて思い切って私なりに到達した解釈を書かせてもらう。マイナス・テンポの攻撃とは「トスされたボールが『放物線軌道の頂点に到達する前に』スパイクヒットを行う攻撃」と定義できるのではないかと思う。このようにマイナス・テンポの攻撃を定義する以上、ファースト・テンポの攻撃は「トスされたボールが『放物線軌道の頂点付近を通過するところで』スパイクヒットを行う攻撃」と定義しなおしておく必要があるだろう。マイナス・テンポの攻撃においては、トスがスパイクされなければ描くはずの放物線軌道の頂点を意識しなくてよいため、単純明快に、セットアップ位置とスパイクヒット位置が近いほど、テンポが早くなる。

ところが、マイナス・テンポの攻撃には、別の問題が生じる。トスされたボールが「放物線軌道の頂点に到達する前に」スパイクヒットを行うため、「放物線軌道の頂点に達する前の『どのタイミング』で」スパイクヒットするか? アタッカーにゆだねられる。ファースト・テンポの攻撃は、トスの描く放物線軌道の頂点付近でスパイクヒットを行うために、スパイクヒット位置の垂直方向の高さはトスに100%左右される。しかし、マイナス・テンポの攻撃では、スパイクヒット位置の垂直方向の高さをアタッカー自身が(100%ではないにせよ)多少なりとも変えることが出来るわけである。ここで「セットアップ位置とスパイクヒット位置が近いほど、テンポが早くなる」という直感的感覚が災いすると、時にアタッカーが、自身の最高到達点よりも随分低い高さでスパイクヒットを行ってしまうケースが考えられる(V・プレミアなどでも、速攻がネットに引っかかるシーンをよく見かけるはずだ)。そのケースではセットアップ位置とスパイクヒット位置は確かに近くなるため、テンポは早くなるが、当然スパイクヒットの高さがそのアタッカーの本来の高さでなくなる分、相手ブロッカーにとっても、より少ない時間でそのスパイクヒットの高さまで手が上がる可能性を与えてしまう。

ある1人のアタッカーがセッターと近接するスロットで速攻を打つ場合に、セッターのセットアップ位置が高くなることで短くなるのは、その「セットアップ位置」とそのアタッカーの「スパイクヒット位置」との距離ではなく、そのアタッカーの「最高到達点」との距離である。「スパイクヒット位置」を多少アタッカー自身が変える余地が残されているマイナス・テンポの攻撃においては、「セットアップ位置」が高いほど、そのアタッカーが変えることの出来る「スパイクヒット位置」の最低位置を押し上げることになるため、同じテンポ、即ち「セットアップ位置」と「スパイクヒット位置」との差が同じであっても、そのスパイクヒット位置の絶対値はより高値であり、かつそのアタッカーの「最高到達点」に、より近くなり、結果的に相手ブロッカーにとって、そのスパイクヒットの高さまで手が上がるまでの時間を、より必要とさせることになる。


従って、セッターのセットアップ位置が高いことによって生じるメリットの1点目は「アタッカーとセッターが近接するスロットで行うマイナス・テンポの攻撃」にある、と言っていい。これが「高くて早い」速攻である。

・参考記事(その1):『area71』単脚背快 中国の王怡選手のアタック
・参考記事(その2):『area71』全日本女子 対 ドイツ 第2戦目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »