« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月26日 (水)

『バレーボール 試合に強くなる戦術セミナー』

久々の更新ですが、、、まずは書籍の紹介から。




『バレーボール 試合に強くなる戦術セミナー』より引用

バレーボールにおける言葉と概念の重要性
 バレーボールの指導やプレーにおいて、言葉は非常に大切です。チームを指導したり、チーム内で約束事をつくるときに、言葉の意味を正しく理解できていなければ、同じ話をしたところで、各々が頭に思い描いていることが異なってしまいます。・・・(中略)・・・アメリカンフットボールなどでは、各攻撃に名前がつけられていて、一言で全員が意図を把握して動き始めます。
 つまり、新しい言葉をつくることで、新しい概念が生まれ、新たなプレーができるようになります。

言葉を整理して共通認識を可能にする
 現在、バレーボールのテレビ中継や雑誌などを見ていると、同じプレーの呼び名がいろいろとあることに気づくことでしょう。・・・(中略)・・・これらの正しい呼び方に統一することで、その言葉を聞いた時に全員が同じ認識ができるようになります。言葉や表現があいまいだと、認識にズレが生じ、それがプレーのズレにもつながっていくのです。
 このように言葉を統一することが、戦略・戦術の理解につながり、バレーボールのレベルアップにもつながるのです。


INTRODUCTIONとして、上記のような文章から始まっており、そこからして従来の日本の指導書とは一線を画すものであることがわかるだろう。当ブログで解説しているレセプションとディグ・ハイセットはもちろん、サイドアウトとブレイクやバンチとスプレッド、ファーストテンポ・セカンドテンポ・サードテンポなどが当たり前のように登場しながら、解説が進んでいく。


ちなみに、「ファーストテンポ」に対しては、当ブログと同じく「トスが最高点に達する前に打つ」という解釈がなされていた点が目を惹いた。

一点不満を言えば、これだけ「用語」にこだわって書かれているのならば、これらの用語に不慣れな読者のために「用語」に関して「索引」のようなものがあってしかるべきだと思うが、それがない点が不親切だと言えるだろう。しかしその点を除けば、プレーヤーはもちろん、「見るだけの」ファンにも一読の価値のある書籍だと思う。


今シーズンのV・プレミアのテレビ中継を見ても、NHK BS1ではポジションに関する用語を「ウイングスパイカー(WS)・ミドルブロッカー(MB)・オポジット(OP)」に統一しようと、わざわざ解説していたし、『月刊バレーボール2008年12月号』では「高くて速い(!?)攻撃とは?」という図解がなされていたりと、徐々にではあるが、バレーを取り巻く世界で何かが変わりつつある雰囲気は感じられる。『月バレ』の「高くて速い攻撃」の解説は、はっきり言って本質がわかっているとはとても思えない解説ぶりだが、ともかくもそういった観点にバレーファンの関心が向き始めていることに気づき始めたという点では評価できよう。

やっぱり言葉は大事だ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »