« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月24日 (金)

我ら、かく戦わん

毎年、リーグ開幕前にVリーグオフィシャルサイトにアップされる「我ら、かく戦わん」。記憶する限りは昨年までにはなかった【開幕前戦力予想】の項目が面白い。毎年毎年発刊されるはいいが、素人が書いてるのか?! と思えるようなスタメン予想を堂々と載せている『チームの顔』とは違って、監督自身が書いているの(と思われる)ので、信憑性が高いからだ。もちろん、開幕前から相手チームに戦略を全てさらけ出すわけにはいかないだろうから、事実とは敢えて異なる内容で書くことも考えられるが、そうだからこそ、各監督の色々な思惑なども垣間見えて、ファン側も想像を膨らませることが出来るのだ。


早速パイオニアの【開幕前戦力予想】を見てみると・・・

・メグの対角はハニーフ
・スタメンの配列について、昨年までと違ってユウとアサコの表裏を入れ替えている

この2点に目が行く、、、。まず1つめだが、もし素直に額面通りに受け取れば、レフト対角にメグとハニーフ、オポジットはマミというオーソドックスな戦略が見えてくるが、私は相手チーム次第で変わるとは思うが、やはりレオがスタメンで出てくるケースもあり得ると思っている。メグ・ハニーフは故障がない限りは恐らく不動のスタメンであろうから、レオが配されるとすればオポジットであろう。但し、彼女はライト側からの攻撃を決して得意とはしていない(だからこそ、バックオーダーでの配列において、彼女はこれまで常に裏レフトに配されてきた)。従って、もしレオが出る場合には、彼女は前衛ではレフトブロッカーを務めるだろうと予想する。即ち「レフト対角にメグ・ハニーフ、オポジットにレオ」でありながら、その実「レフトはレオ1人で、メグ・ハニーフのWライト」というシステムが敷かれるのではないかと推測する。ひょっとすると、そのことがプリンセスカップでのメグのベストスパイカー賞受賞にも繋がったかと。

もちろん、今シーズンこそは遂にマミの出番は増えるであろう。マミがスタメンのケースではオーソドックスなシステムに戻せばいいし、その辺は柔軟に出来るはずだ。昨シーズンは、吉田敏明監督が掲げた「ある個人に頼ったバレーではなく、全員が勝利に貢献するチーム」というテーマのために、実際にはどちらもが同じ位に大事な「組織と個人」のバランスが大きく前者に傾きすぎてしまって、試合前に想定した戦略が上手く機能しなかった場合に、コート内の選手達の思考が停止してずるずると惨敗するという結果になったことは、昨シーズン中何度も書いた。上述のレオの使い方が正しければ、高橋みゆき選手を活かすことを最大限に考えて、敢えてフロントオーダーにこだわった柳本全日本の戦略に近い発想であり、今シーズンにおいては、昨シーズンの反省に立って、「個人」へも少し重きを戻している形とも受け取れるだろう。レオは活かしつつも、やはり将来を考えてマミや新人のコヨミを積極的に使っていきたいという意図も、この配列における戦略ならば可能だ(レオ・メグのレフト対角、オポジットにハニーフだと、恐らくマミもコヨミも使いづらいはずだ)。

一方、2つ目のユウとアサコの表裏入れ替えについては、今のところまだ、私には解釈が行き届いていない。これは、実際の開幕戦を見てから、判断することになると思う。


更新停止を宣言されていた『千酔亭日乗』も暫定復活? されたご様子だし、世間的には地味ながらもV・プレミアリーグ開幕がいよいよ迫ってきたなという実感が沸いてきた、今日この頃である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »