« (北京オリンピック男子決勝)ブラジル - アメリカ(その1) | トップページ | (北京オリンピック男子決勝)ブラジル - アメリカ(その3) »

2008年8月31日 (日)

(北京オリンピック男子決勝)ブラジル - アメリカ(その2)

第2セットのアメリカの勝因の一つは、誰の目にも明らかなようにスタンリーのスパイクサーブにあった。第1セットのスタートの瞬間はテレビ中継が間に合っていなかったので確認できないが、解説を当てにする限りは(その解説が事実に反することはしばしばあるのだが・・・)、第1セットの最初のサーバーはスタンリーではなかったと受け取れるので、ヒュー・マッカーチョン監督がスタートローテーションの戦略を第2セットから変えて、ワールドカップ2007でブラジルを倒した際と同じく、レセプションからスタートするセットに対してサーブからスタートするセットでスタートローテーションを「1つ回し」て、常にスタンリーのサーブから始まるようにしたというのが成功した形と言える。さらに言えば、そのスタンリーのサーブの際のブラジルのローテーションが、レセプションフォーメーションを組む3人のうちの中央を、リベロのセルジオでなく後衛レフトのジバが務めるローテーションであったこともアメリカに有利に傾く要因であったと言え、実際レゼンデ監督は第3セット、ヒュー・マッカーチョン監督が恐らくはスタートローテーションを一つ回して、スタンリーのサーブから始めるだろうと予想した上で、スタートローテーションを逆に一つ戻して、リベロのセルジオが中央を務めるローテーションが当たるようにずらしてきた。それが功を奏し、セット序盤での連続失点を免れたブラジル。更には、第2セット終盤にアメリカのデディケートブロックを崩すことに成功し、スタメンもオポジットにアンドレを戻してきたレゼンデ監督。ここまではブラジルの勝ちだった。

しかし、1-1の場面で、アメリカのブロック陣がデディケートでなくなった状況で「待ってました」とマルセロが上げたジバのファーストテンポ・パイプ攻撃に、リーが見事にリードで対応してシャット。実は、第3セットに入り、アメリカはまたブロックシステムを変えてきたのだ。1・2セットでのマルセロのトス回しから、アメリカベンチには、マルセロがネットから離れた位置でのセットアップでは速攻をほとんど使っていないことがデータとしてはじき出されていたはずだ。そう、ワールドカップ2007での対戦と同じく、第3セットに入ってアメリカのブロック陣は、ブラジルのレセプション・ディグがネット際の理想的な位置に上がると、サイドブロッカーはスプレッドに構えてセンターブロッカーは速攻にコミットで対応、レセプション・ディグが乱れるとバンチで構えてファーストテンポ・パイプ攻撃か両サイドのファーストテンポの平行をマークするという、瞬時のブロックシステムの切り替えを採り始めた。1-1の場面でのジバのファーストテンポ・パイプ攻撃に対しては、レセプションが少しネットから離れてしまったために、アメリカのブロック陣は速攻はほぼ無視して、ファーストテンポ・パイプ攻撃に対応できたわけだ。これで、ブラジルのセッター・マルセロが迷い始める。せっかく狙い通りに、アメリカのブロック陣の敷くデディケートを崩したのに、肝心のファーストテンポ・パイプ攻撃が決まらないわけだから。続く3-2の場面では、パスがネット際にきちんと上がって、リーはグスタボの速攻にコミットで跳び、結果はブロックアウトにはなったものの、シャットされていてもおかしくないプレーであった。その後も数本マルセロは速攻を使うが、いずれもアメリカのブロック陣がコミットでプレッシャーをかけていて決まらず。中央の攻撃が通用しないため、マルセロはネットから離れた位置での速攻をますます選択しなくなり、両サイドの一辺倒のトス回しとなる。ダンテのファーストテンポ・レフト平行(51攻撃)でセット中盤を何とか凌ぐが、11-9のアメリカリードの場面で、やはりネットから離れた位置からのセットアップとなったところで、マルセロが選択したアンドレのファーストテンポ・ライト平行(C1攻撃)に、アメリカのブロック陣は2枚ブロックが完成してシャット。これで、アンドレは完全に潰された。じりじりアメリカのリードが広がりはじめ、14-11。ここで、久々にダンテのファーストテンポ・パイプ攻撃を選択するが、やはりネットから離れた位置でのセットアップのため、グスタボの速攻はほぼ無視してリーがリードでダンテに遅れながらも対応しており、結果はブロックアウトでブラジルのポイントとなるが、マルセロとしては決まった気がしないプレーだったはずだ。一方、アメリカは前セットのサーブから乗ってきたスタンリーの攻撃が勢いを増す。デディケートではスタンリーのファーストテンポ・ライト平行(C1攻撃)を止められず、20-15の劣勢の場面でレゼンデ監督は、潰されたアンドレに代えてブルーノ、マルセロに代えてサムエルという2枚替えを選択するとともに、それまでセット中盤を攻撃面で活躍していたダンテをムーリオへ代えてまで何とか、スタンリーを止めようという策に出る。これが成功し、ブルーノのサービスエースで20-16とした直後、代わったムーリオ・グスタボの2枚で見事にスタンリーをシャット。20-17と追い上げムードに入る。長いラリーをグスタボが速攻で決めて、21-19の2点差。しかし、ムーリオがサーブミスで22-19。直後、レセプションが乱れたところで、ムーリオのファーストテンポ・パイプ攻撃をブルーノが選択、アメリカのブロック陣は当然、バンチで構えて速攻をほぼ無視しており、見事に2枚ブロックが完成して、そのプレッシャーに負けてムーリオがスパイクミス。最後は、サムエルのサーブミスで25-21。アメリカがセットカウント2-1と、王手をかける。

|

« (北京オリンピック男子決勝)ブラジル - アメリカ(その1) | トップページ | (北京オリンピック男子決勝)ブラジル - アメリカ(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/42296284

この記事へのトラックバック一覧です: (北京オリンピック男子決勝)ブラジル - アメリカ(その2):

« (北京オリンピック男子決勝)ブラジル - アメリカ(その1) | トップページ | (北京オリンピック男子決勝)ブラジル - アメリカ(その3) »