« "スピード"ではなく"テンポ"(その1) | トップページ | 北京オリンピック・・・もう少しお待ち下さい »

2008年7月31日 (木)

"スピード"ではなく"テンポ"(その2)

ここからは私独自の解釈である。

ファースト・テンポの攻撃とは、「トスされたボールが、放物線軌道の頂点に到達する前か、頂点付近を通過するところでスパイクヒットを行う攻撃」と定義してはどうかと思う。トスの描く放物線軌道の頂点が、アタッカーの最高到達点に一致した場合に、そのアタッカーにとって最も理想的に早いテンポのトスとなる。同じファースト・テンポであっても、アタッカーが違えば(即ち最高到達点が違えば)トスの軌道は異なって当然である。一方、セカンド・テンポサード・テンポの攻撃は「トスされたボールが、放物線軌道の頂点を通過し、ボールが落ちてきてからスパイクヒットを行う攻撃」であり、その中でセカンド・テンポの攻撃とは、「ファースト・テンポの攻撃に対してコミットで跳んだブロッカーが、ブロックジャンプを終えて地面に足がついた直後に、もう一度ブロックに跳ぼうとしても(=二度跳びでは)間に合わないタイミングでスパイクヒットを行う攻撃」と定義すれば良いのではないかと思う。近接するスロットでファースト・テンポの攻撃とセカンド・テンポの攻撃を組み合わせれば、それは即ち、いわゆる時間差攻撃となる。サード・テンポの攻撃は「ファースト・テンポの攻撃に対してコミットで跳んだブロッカーが、二度跳びでも間に合うタイミングでスパイクヒットを行う攻撃」であって、ファースト・テンポの攻撃と組み合わせても時間差攻撃にはならない。

ここで(その1)に載せた図をもう一度参照して欲しい。1mきざみに9等分された各スロットは、センターラインからアタックラインまでを含んだ空間である。スロットの場所とテンポの2つで表される海外の攻撃システムは、実はバックアタックにもそのまま使用できるという利点がある。即ち、バックプレーヤーへの「12トス」が従来のパイプ攻撃であり、これは前衛センタープレーヤーの速攻、即ちファースト・テンポの攻撃と絡める、セカンド・テンポのバックアタックである。一方、ブラジル男子ナショナルチームが開発した高速パイプ攻撃は「31トス」や「A1トス」と表現できる。即ち、これはファースト・テンポのバックアタックである。(その1)で書いたように、本質はスピードではない。そのことをわかっていながら、私自身も「『高速』パイプ攻撃」という表現を用いてることに、矛盾を感じていた。テンポという言葉を使えば、すっきりと表現が可能なのだ。

レゼンデバレー(その1)- 高速パイプ攻撃

日本のバレーファン・マスコミの間では、未だにいわゆる時間差攻撃がもてはやされている傾向にある。しかし、バンチ・リードブロックシステムが基本の、現在の世界のトップレベルのバレーにおいて、最も有効な攻撃システムの基本形は「51(前衛レフトのレフト平行)・11(前衛センターの速攻)・C1(オポジットのライト側の攻撃)・31(後衛レフトの高速パイプ攻撃)」、即ち、セッターとリベロを除いた4人のアタッカー全員がファースト・テンポの攻撃、即ち4人全員が同じテンポの攻撃を行う形である。この本質に気づかなければ、いつまで経っても高さで敵わない日本が海外勢に立ち向かえる時はやってこないはずだ。

・関連記事その1:『area71』世界一速い攻撃は、キューバのストレートフォーワードアタック?
・関連記事その2:『ベリーロールな日々』目指せ!シンクロナイズド・縦バレー!

|

« "スピード"ではなく"テンポ"(その1) | トップページ | 北京オリンピック・・・もう少しお待ち下さい »

コメント

TBありがとうございます。

専門家→素人→専門家、という流れに組み込んでいただけて感無量です。正直、(その1)の数式は文系の私には難しかったのですが、ほかはよくわかりました。

よくわかりまくった結果、女子が「新技」などと言っているものに期待が持てないこともわかってしまいました。「期待と疑問」と書いてからわずか数日で「期待」が消えるとは…はかない命でございました。

投稿: rio | 2008年8月 1日 (金) 02時36分

 書き込みは久しぶりで、ごめんください。
 ここ(その2)の前段に書かれている、攻撃の各テンポの解釈はナルホドのご提案と思いました。1つのプレーとして断片的にではなく、組織プレー・システムの中の構成要素として考えるのがよいのですね。
 それにしても日本のバレー界全体には、例えばそういう「テンポの解釈」などの基本的な戦術概念に関する共通認識・共通語が無いように感じられます。また、「area71」さんを読ませていただいて知ったことですが、コンビプレーの呼び名も“記号”でしかなくて技術の本質を表していません。こういった状況では戦術を広く議論・検証することができませんよね。そういうのを改善するのも協会の強化事業部の重要な仕事だろうと思いますけども・・・。
 それにしても、セッターにボールが返ると同時に3人ときには4人のアタッカーが一気に助走に入るというプレーなんですが、テレビで見る全日本女子チームで見た記憶はありませんけども、日本でももうだいぶ前に山形の体育館などで披露していたチームはあるんですよね。でもそういう事例を、柳本監督のコメントや全日本チームの現状を見る限り、ちゃんと検証されていたのかどうか? せいぜい私のようなそのへんのファンと同じくらいのレベルで、内田選手やフールマン選手がいたから・・・と個人名をあげるだけで検証終了だったんじゃないかと疑ってしまいます。組織やその中での役割や働きなどではなく、個人技や特定選手間のコンビ技というキャラクターで勝負しようとする傾向は相変わらずみたいですし。

投稿: one of No.33 | 2008年8月 3日 (日) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/41998977

この記事へのトラックバック一覧です: "スピード"ではなく"テンポ"(その2):

« "スピード"ではなく"テンポ"(その1) | トップページ | 北京オリンピック・・・もう少しお待ち下さい »