« 何が「1秒の壁」や? 「データバレー」や!? | トップページ | 16年ぶりのオリンピック出場権獲得に思う・・・ »

2008年5月25日 (日)

ヌットサラ萌え〜〜

決して容姿に対してではないですよ。

容姿も悪くないですけど、何よりあのセットアップに萌えますね。そうです、アタックライン付近から上げるBクイックのトスに!


あー、そう言えばその昔、アジア大会のビーチバレー女子で、佐伯・高橋ペアが金メダルを賭けてタイのペアと戦っているのを見て、思わずタイを応援してしまった私・・・(そして、結果は見事にタイペアの優勝!)。でも、後日後輩とその話になって、妙に意気投合。そーかぁ、やっぱりお前もタイを応援したんかー(笑)。


・・・だって、タイの選手、美人なんやもん!・・・

・・・せやろ、せやろ・・・


はい、あの頃からタイを応援してます(爆)。

タイの選手の素晴らしいのは、例えば相手コートからチャンスボール(フリーボール)がエンドライン付近に返ってきた場面で、各選手が決してアンダーハンドパスを使わずにオーバーハンドパスを使って、セッターにきっちりパスを返す点。日本戦の第3セットでも見られたし、他国との試合でもしばしば見られる光景です。実に基本に忠実な、丁寧なプレーですね。日本がいつのまにか忘れてしまったプレーと言って過言でないでしょう。


今日も面白いことを言ってましたね、地上波で。韓国戦は、相手に時間差攻撃を面白いように決められたから、何とか修正しないといけないとアナリストが分析したとかしないとか・・・。だからぁ、要するにぃ、、、


今の全日本女子のブロックシステムは、コテコテのマンツーマン・コミットに戻っちゃったってことでしょ!(爆)

そりゃぁ、ユウは要らないでしょう、納得です(爆)。


p.s.: プルームジットって、あんなにがっしりした体型でしたっけ?! すごい筋トレ積んできたの? まさか、ドーピング? ただ単にウエイトオーバー??

|

« 何が「1秒の壁」や? 「データバレー」や!? | トップページ | 16年ぶりのオリンピック出場権獲得に思う・・・ »

コメント

小生のブログにも同じようなことを書いていたので吹き出してしまいました。

荒木選手がまた迷ってしまいますよね。性格も温厚そうだから「大丈夫?あんたたち?」なんてスタッフに言えないよな。

まぁ、解説者の話を鵜呑みにしてはいけないのだけど、ホントにコミットさせてんだろうか?信じがたいですけどね…。

セルビアにコテンパンにやっつけて貰いたいと思うのは親心かとも思えない朝です。

投稿: ナゾヒデ | 2008年5月25日 (日) 07時30分

こんにちは。

タイの選手ってバネがありますよね。身体能力だけなら日本の選手より上でしたね。中でも途中から出てきた選手のライトからのバックアタックには萌えましたよ。
ああいう(私が)萌えるフォームでバックアタックを打てる日本人選手は、武富士の石田くらいかな。あとはアテネオリンピック直後あたりの大山か・・・。

ところで、先日、娘とパス練習をしてしまいました!。長女が今春中学に入学してバレー部に入ったんですよ。で、ちょこっと練習しようよってことになって・・・。

我が家は、娘2人なので、「フィールド・オブ・ドリームス」的なキャッチボールはあきらめていたのですが、思いもしなかった形で、似たような体験をすることができました。

なんだかとってもうれしかったです。

取り留めのないことを書いてしまいましたが、今日から始まる男子はしっかり応援しようと思っています。

投稿: ディーラー | 2008年5月31日 (土) 17時08分

>ナゾノヒデヨシさん

>ホントにコミットさせてんだろうか?

まぁあんまりじっくり見ていないというのが正直なところなんであれですが、今大会では日本のセンター陣は相手の速攻に対して、フロント(=速攻の助走に入る位置にあらかじめ移動して)コミットを仕掛けるような動きをしているように見えるシーンが目立ったように思います。リードにこだわっているなら(庄司がそうであるように)トスが上がるまでピクリとも動かないはずですから。

コテンパンとはいかなかったですが、まぁ結構屈辱的な逆転負けでしたよね・・・いくら競っても絶対に勝てない雰囲気がしたというか。

投稿: T.w | 2008年6月12日 (木) 00時26分

>ディーラーさん

>長女が今春中学に入学してバレー部に入ったんですよ。

素晴らしい! いいですねぇーー。

>思いもしなかった形で、似たような体験をすることができました。

お嬢さんにとっても、良い経験だったんじゃないでしょうか。私には子供はいないので実感がわきませんが、逆に自分が父親と初めてパスをした時のことはすごく鮮明に覚えてますよ。ほとんどパスが続かなくて、すぐにボールが近くの川へ・・・(苦笑)。でも楽しかったな。

是非ともレセプションが出来るウイングスパイカーか、トスが上げられるミドルブロッカーか、長身セッターか、オーバーハンドパスでジャンプトスが上げられるリベロになってもらいましょう!(笑) ちょっと気が早すぎ(?)

投稿: T.w | 2008年6月12日 (木) 01時00分

横からスミマセン
『是非ともレセプションが出来るウイングスパイカーか、トスが上げられるミドルブロッカーか、長身セッターか、オーバーハンドパスでジャンプトスが上げられるリベロになってもらいましょう!(笑) ちょっと気が早すぎ(?)』

何を基本技術ととらえるかですが、T.w さんの書かれたことは今や勝ち抜くための基本中の基本ですよね。こういうイメージはバレーボール始めたときから持った方がいいに決まっています。テレビで親子で観戦しながら、派手なプレーだけでなく「ほら、今のプレーが大事なんだよ」と言うだけで見る目が変わって来ると思います。

なんせ、オリンピックに行く日本の選手もまだまだ弱い技術ばかり。日本のミドルブロッカーなど、たまたま良いトスが上がるとリベロと代わって帰って来たベンチで「えへへ」と照れ笑い。外国の高身長のミドルブロッカーだって、平然とトス上げます。バックアタックのトスやきれいな平行トスを上げる選手だっていますし。

意識改革、意識改革。

投稿: オリビア | 2008年6月14日 (土) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/41308709

この記事へのトラックバック一覧です: ヌットサラ萌え〜〜:

« 何が「1秒の壁」や? 「データバレー」や!? | トップページ | 16年ぶりのオリンピック出場権獲得に思う・・・ »