« 今年のデンソー | トップページ | 今年の東レ(その1) »

2008年3月23日 (日)

"キルブロック"と"ソフトブロック"

キルブロック "kill block"とは?・・・ブロックを行う際の手の構え方の一つで、ブロックシャットを狙って手のひらを下に向けて、手をネットから相手コートエリア内に出すブロックの手法のこと。一方、ブロックシャットを敢えて狙わずに、有効なワンタッチを取ることを狙って手のひらを上に向けて、手をネットから相手コートエリア内に出さないブロック手法をソフトブロック "soft block"と呼ぶ。通常ソフトブロック "soft block"は、B級レベルなどで低身長の選手が多いチームなどで活用されるブロック技術であり、トップレベルのバレーにおいてはブロックといえば、キルブロック "kill block"を用いるのが通常だが、トップレベルでも例えばリードブロックを採っていて、ブロックに跳ぶのが遅れた場合に、ブロックシャットは諦めて、ワンタッチ狙いでソフトブロック "soft block"に手の出し方を切り替える、という場面がある。

(追記)トラックバック頂いた、area71さんのブログをご覧頂ければ、具体的にソフトブロック "soft block"の手の出し方がわかりますので、是非ご覧下さい。

|

« 今年のデンソー | トップページ | 今年の東レ(その1) »

コメント

お久しぶりです。
勉強になります。

ソフトブロックが上手いハワードの写真を撮りましたのでトラックバックさせて頂きました。

投稿: area71 | 2008年4月13日 (日) 21時56分

>area71さん

的確なフォローをありがとうございました。
実際の写真を載せようかどうか、迷っていたのです、実は。
とても助かりました。

これからも宜しくお願いします。

投稿: T.w | 2008年4月22日 (火) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/40616807

この記事へのトラックバック一覧です: "キルブロック"と"ソフトブロック":

» Daniel Howardのソフトブロック(Italy Serie A) [area71]
[[attached(1,center)]] ストレートに打てる場面でも、自分の得意なコースに打ってタッチされるのは どのレベルでも同じこと。 現在世界の男子バレー界で最高到達点を誇るといわれているダニエル・ハワード。 身長209cmで、375cm。 故障のために動けていないというより、セーブしているようだったが、 ブロックは、キルブロックではなく、徹底した見て反応(See & Responds) ソフトブロックの使い手として相手を苦しめ続けた。 ..... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 22時02分

« 今年のデンソー | トップページ | 今年の東レ(その1) »