« 今年のトヨタ車体 | トップページ | "キルブロック"と"ソフトブロック" »

2008年3月21日 (金)

今年のデンソー

続いて、同じトヨタ系列会社で、かつ同じく今シーズン大躍進を遂げたデンソー。昨シーズンまで伝統的にリベロの櫻井選手を中心に粘り強いディグを展開しながらも、弱点はそのチームスパイク決定率の低さにあった。

『チームの顔』の中で、井上選手もこう述べている。

今シーズンのデンソーは、前回よかったブロックをさらに強化しつつ、チーム成績で最下位だったスパイク決定率を上げようと練習に取り組んでいます。

で、蓋を開けてみれば、チームスパイク決定率は昨シーズンの最下位から3位に跳ね上がり、見事に昨シーズンまでの弱点を克服した形で、予選ラウンドを2位で終えた。その躍進に新外国人助っ人であるロンドン選手の果たした功績は間違いなく大きいと言っていい。上述の通り、もともと「拾って繋ぐ」能力は高かったデンソーであり、その「拾って繋がった」ボールを最終的に決めきってくれるスーパーエースとしての役割を担うことが出来たロンドン選手は、デンソーにとっては最適な選手補強であったと言ってよい。実際、デンソーの代名詞とも言える櫻井選手は、V・プレミア女子にあって、最初に「アタックラインを確認しながらその手前で踏み切って、ジャンプトスを上げる」戦術をマスターしていたリベロプレーヤーであるのは揺るぎのない事実であって、もともと以前から「ファーストタッチをセッターが行った場合にリベロがトスアップを行う」チーム戦術を採っていたチームなのだから、そのリベロが後衛レフトから前衛ライトに向かってあげるハイセットを打ち切ってくれる選手を待ち望んでいたと言っても過言ではないだろう。

しかし、私はロンドン選手の加入もさることながら、今シーズンのデンソーのスパイク決定率が跳ね上がった大事な要因として、ここ数年正セッターを務める横山選手のトスの質に変化があったと感じている・・・開幕2連戦を観戦して、横山選手が「高くて早い」トスを強く意識している印象を受けたのだ。以前の彼女の両サイドへのトスは、試合中に解説の中田久美さんに酷評されてしまうほどのものであったのだが、(実際にはそのあとデンソーの試合を見る機会が、3レグのパイオニア戦のGAORAでの中継しかなかったので、断言は難しいが)今シーズンにおいては、各アタッカーの技術の向上だけでなく、彼女の安定したトスが各アタッカーの持ち味を十二分に発揮させたからこその、この結果ではないかと思うのだ。

そして、ブロック。これについては私はよくわからないと昨シーズンも書いたが、これが、、、本当によくわからないのだ。バンチ・リードでは絶対にない。両サイドのブロッカーはマンツーマン・コミットかゾーン・コミットだが、middle blockerはコミットと言い難い、、、これも「えせリードブロック」と言ってしまえるかもしれない。トヨタ車体との違いは、両サイドブロッカーがコミットでほぼ決まっているので、基本的にはマンツーマン・コミットである点だ。だから、相手チームのアタッカーとの「1対1」の勝負が前提になっていて、middle blockerの「先読み」が正しければ2枚ブロックが揃うというだけで、システム化はされていないと見てよさそうだ。実際、デンソーの試合を見ていると、ブロックシャットは多いが有効なワンタッチが多い印象は乏しい。シーガルズ同様、個人技としてのブロック能力に優れていると解釈して良いだろう。

デンソーが今シーズン苦しんでいる対戦相手といえば、久光製薬と東レと武富士である。この3チームに共通する特徴としては、センタープレーヤーの攻撃が攻撃の重要な柱となっているという点が挙がるだろう(武富士は昨シーズンまではそうとも言えなかったが、今シーズンに関しては原選手(旧姓・鶴田選手)が正セッターを務めることで、石川選手などが相当にラリー中にAクイックを打たされて随分成長した印象がある位だ)。昨シーズン「ネットから離れて構えそこからブロックに跳びにいく」デンソーのブロックの跳び方について指摘をしたが、その特徴とともに、上述のデンソーのブロックの本質からみて、「高くて早い」速攻が打てる選手がいる、あるいはそのような攻撃を仕掛けることの出来るセッターがいるチームが、今シーズンのデンソーに対抗できるチームと言えよう。本来はパイオニアもそうであるべきなのだが、、、来シーズンにはセンター陣とセッターのコンビネーションがあっていることを期待したいところだ。


p.s.: 井上選手を見ると、3代目"おけいはん"(森小路けい子)に見えるのは私だけ!?(関西ローカルネタで、すいません、、、)

|

« 今年のトヨタ車体 | トップページ | "キルブロック"と"ソフトブロック" »

コメント

事後承諾になってしまいましたが、こちらの
記事から一部分、転載をさせていただきました。
もちろんその旨の断り書きはしています。

趣旨にそぐわない内容ではないと思いますが、
「そういうのはイカン」ということでしたら
速攻で削除しますので、おっしゃって下さい。

投稿: 千酔亭 | 2008年3月24日 (月) 23時08分

>千酔亭さん

貴ブログの方にコメントさせて頂いたとおりです。
これからも気にせず、どんどん引用しちゃって下さい。

p.s.: 今年のデンソーが、本来の「茶髪の」デンソーだったら、優勝できたんじゃないかなーんて、密かに思ってたりします。

投稿: T.w | 2008年4月21日 (月) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/40580229

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のデンソー:

« 今年のトヨタ車体 | トップページ | "キルブロック"と"ソフトブロック" »