« これこそが2年前の再現!?(パイオニア - 武富士)(その2) | トップページ | ユミ、ファイト!! »

2008年2月18日 (月)

今度は去年のJT戦の(悪夢の)再現・・・(東レ - パイオニア)

地元(?)滋賀での初のパイオニアの2連戦だった。

昨シーズン同様、4強争いが熾烈となる中、非常に重要な試合となったJT戦は後回しとして(それは、各チームの今シーズンの特徴と絡めてアップしたいと思う)、先に3レグの初戦となった東レ戦からアップしてみたい。

NHK BS1での中継があったため、ご覧になった方も多いと思うが、結果はパイオニアの惨敗・・・。昨シーズンのセミファイナルラウンド・黒鷲の準決勝と、立て続けて惨敗を喫したJTに対してきっちり借りを返したと思った矢先、同じような惨敗を今度は東レ相手に喫してしまった形だ。

昨シーズンから、なぜこのような惨敗が増えたのか? 端から見ているだけの一介のファンに、その理由が解明できるはずもないが、ただ一つ見ていて思うのは、恐らく吉田監督の思い描くバレースタイルのために、昨シーズンもそうだったが今シーズンは更にいっそう、ゲーム中の約束事が増えており、また相手チームの戦術に対してどう対応するかという戦略も、試合前から相当綿密に練られた上で、それを基にしてコート上の各選手の動きが試合前から綿密に決められているように見える。もちろん、相手もそれを想定して対応してくるはずであり、だからこそ試合が始まればお互いに微調整をしながら、試合の流れがお互いの間を行き来するわけだが、セリンジャー前監督時代よりも更にそういった試合前の約束事が事細かに決められているがために、試合前に立てた戦略が上手く功を奏さなかった場合に、コート上の各選手の頭の中が真っ白になって、まるで思考停止してしまっているように見えるのだ。

この日の東レ戦で言えば、相手のベタニア(デラクルス)選手をはじめとするハイセットに対して3枚ブロックを完成させて、プレッシャーをかけるという戦略であったと想像する。実際、試合開始早々ベタニア選手に上がったレフトオープンに対して、リー・ユウ・セナの3枚ブロックを完成させて、狙い通りにワンタッチを取ったが、トランジションで有効な攻撃を組み立てられず、続くラリーで再び上がったベタニア選手のレフトオープンに対しても3枚ブロックを完成させたが、彼女に決められてしまう。彼女が後衛に下がり、代わって木村選手が前衛に回ってくると、早速彼女のハイセットに対しても同じく今度はユミ・アサコ・セナの3枚ブロックを完成させるが、同じく彼女に決められてしまう。今シーズンのパイオニアにおいては、昨シーズンにも増して組織ブロックを戦略の中心に置いているため、試合前の狙い通りのブロックを完成させていて、それで有効なワンタッチ・シャットが取れずに相手に決められてしまうと、次にどうしていいのか? 答えが見つからないままにゲームが進行していくうちに、バタバタとミスが出てしまう。結局、この日も第1セット4-10と東レに引き離されたところで、ユミがユキに代えられてしまったが、問題はユミ自体にあったわけでは決してないと思う。約束事が事細かであるがゆえに、コート上の各選手の動きに柔軟性というか、臨機応変さがなくなっているのだ。だから、セッターが百戦錬磨のベテランセッターに代わったところで、何ら事態が変わらない。ユウも7-12の場面で、ベタニア選手のレフトオープンに対してブロックに跳びに行くのを諦めてしまうという、らしからぬプレーが見られてしまう。こういう時には、例えば一か八か敢えてマンツーマンコミットに変えてみるとか、そういう大胆さでもなければ流れも変わらないだろう。結局、東レは別に何らの戦略を採るわけでもなく、ただ淡々と試合運びをして、気づけば勝手にパイオニアが自滅して終わった形だった。

目にすることは出来なかったが、前週の2レグの東レ戦では、第1セット序盤からパイオニアペースで試合が進んで先にセットポイントを握りながら、そこから粘られてジュースに持ち込まれて逆転で落とし、第2セットも同じくジュースで落として結局ストレート負け。1レグでも同じように第1セット序盤からパイオニアペースであったものをセット終盤に逆転されるパターンであったし、そう言えば昨シーズンでの東レ戦での敗北(2レグ)も同じような展開だった。東レに対して、昨シーズンのJTのような、イヤな苦手意識が植え付けられていなければいいのだが・・・。

もし、パイオニアが無事に何とか4強入りを果たした場合、恐らくはセミファイナルラウンドで再び相対することになるであろう東レに対して、どういった戦いを挑むべきか?・・・今シーズンについては、戦術はさておき、間違いなく客観的に見て東レの方が強いわけであるから、パイオニアとしてはやはり自チームのバレースタイルを敢えて崩してでも、思い切った戦略を採る必要があるだろう。私ならば、レフト攻撃主体の東レであるだけに、ただ単なる3枚ブロックで対抗できないとするならば、やはりライトブロッカーを高くするしかないと思う。具体的には、シーズン当初の配列(レオ・メグのレフト対角にセナをオポジット)に戻して戦うか、あるいは優勝した第12回Vリーグでの久光相手でセリンジャー前監督が採ったような、メグをオポジットに配する配列も考慮すべきだと思う。


|

« これこそが2年前の再現!?(パイオニア - 武富士)(その2) | トップページ | ユミ、ファイト!! »

コメント

 パイオニアさんも今年は辛抱の年ですね。あんまり使いたくない言葉ですが、今のパイオニアさんはメンタル的に不安定なのが試合にも出てしまっている傾向もあると思います。その原因として約束事が増えたというのがあると思います。全員バレーであの手この手を尽くすのはいいですが、もう少しチームとして固めてあげないと選手も戸惑うばかりな気がします。選手も機械じゃなくて感情のある人間ですから、少しはメンタル的な面にも気をつかってあげないとダメなのかもしれません。一度ある程度自由にやらせてみたら、意外とうまくまわるかもしれません。

 自分が応援しているNECはエリン・高橋・成田と主力の相次ぐ故障で、戦術を固めるどころの話ではなくなってきてしまっているのが残念です。もともと個人技への依存度も大きかったチームなので、さらに傷口を大きくしている感はありますが。パイオニアさんは駒はそろっていますから、NECの分も頑張ってほしいです。NECは入れ替え戦回避が今期の目下の目標です。(涙)

 長々と失礼しました。

投稿: 近江牛 | 2008年2月18日 (月) 12時32分

 シーズン前半ころにT.wさんはサーブのことにも言及されていたと記憶していますが、私もそこがちょっと気になるところです。「相手のそのローテで、あそこに打てば、相手はこのように対応する可能性が高い」という、いわば取らせて誘い込むタイプの戦略サーブを基本にして、ブロック&ディグの精度を上げようとしているのだろうと。また、それに合わせた戦略的な約束事が多そうだなということも感じていました(佐々木さんがコート上で他のメンバーにいろいろ細かい指示を送っているところをよく目にしますので。佐々木さんは戦術理解度が高そうですね)。

 これは推測ですが、そのような方針によって、条件反射的な戦い方ではなく、チーム全体としての戦術的な戦い方を習慣づけようとする狙いもあるのかな?などとも想像していました。(Vリーグでは戦略・戦術の比重をぐっと高めてもらいたいので、それはいいと思うんです。高校生時代までは選手はあまり考えずに、ただガムシャラにプレーするスタイルが多いみたいなので。)

 ただ現状は「守破離」の「守」の段階といいますか、誘い込んでおきながら想定以上の力で押し込まれたときは、対応できないみたい。私としては崩し狙いの攻撃サーブをもっと増やしてはどうかなと思います。方針転換ではなくて、サーブからの戦術のバージョンアップですね。

投稿: one of No.33 | 2008年2月18日 (月) 22時35分

東レ戦を見ていて一番びっくりしたのは、木村選手のブロックですね。多治見選手のワンレグに確信を持ってすばやく位置取りしていました。今までは「どうせ私なんか」というブロックのイメージだったのに、一体何があったのでしょうね?パイオニアvs東レでブロック本数が4:12なんてあり得ない。

投稿: T | 2008年2月19日 (火) 00時35分

ブロック本数2:12でした。

投稿: T | 2008年2月19日 (火) 00時40分

こんばんわ。
自分も管理人さんと同じこと思いながら見てましたよ。
高度な戦術を用いるチームが陥りやすい負けパターンだなと思いました。
こういう時は一旦戦術から離れて、がむしゃらにプレーできる選手がいるとまた違う雰囲気になるんスけどね。
ああいう時はセッターよりも、アタッカーの方を代えてみたらどうですかね?
杉本なんか東レの主力あたりと同世代だし、メンタル的にも発奮するんじゃないですか。

投稿: | 2008年2月19日 (火) 20時28分

すんません。
名前入れるの忘れました。

投稿: ブッシュ | 2008年2月19日 (火) 20時30分

東レ戦本当見てられなかったです。僕は福岡在住なので今週末のJT戦とトヨタ車体戦応援に行ってきます。管理人さんの戦術解説等頭に入れて行きますが多分生で見たらそんなの関係ねぇって感じで応援に白熱しそうですが…。

投稿: 祐一 | 2008年2月20日 (水) 19時16分

 はじめまして。勉強させて頂いてます、ホントに有難う御座います。
 お時間ある時にで結構ですので、感想をお聞かせ頂きたいのですが。

 監督の取るタイムのタイミング。遅いと思う事が多々あったり、どうしてこのタイミング?と思ってしまう事がよく有ります。流れが来てる時に限って取られるのではなく、取る事が多い。素人の思いなのでしょうが、他の監督の方が有効的に取られているような気がします。
 以前書いて頂いていたので2枚替えの重要性は、理解できたのですが、機能せずに失点続きになったり、なんでここで2枚替え?と思ってしまう事がよくあります。土曜のJT戦の2セット中盤にも有りました。

 はじめての書き込みで恐縮ですが、よろしくお願い致します。
 

投稿: ku | 2008年2月21日 (木) 01時33分

(T.wさんのコメントをいただく前に再投書で申し訳ありません。)
 若い選手の元気なプレーはカンフル剤的な効果も期待できますし、いいと思うのですが、それでも考えてプレーする姿勢は持って欲しいと思います。もしも「“何も考えない”ガムシャラ」だったとしたら、たとえ上手くいったとしてもそれは「たまたま」でしょう。それでは地力の向上にはならないでしょうし。
 一応日本のトップリーグにいるチームなんだから、プレーヤーのフィジカルやテクニックだけでなくチームタクティクスについてもより高度なものを目指して欲しいので。もしも本当に「約束事が多くて戸惑うことがある」のだとしても、退行するのではなく、克服してさらに高いレベルを目指して欲しい、と私は思います。 

投稿: one of No.33 | 2008年2月22日 (金) 23時23分

こんばんは。
Twさん。東レ戦、解説ありがとうございました。
うーん、よくわかりませんが、そういうものなのかな、というのが感想です。ただ解説のとおり、チームの約束事(チーム戦術なのか?ゲーム戦術なのか?わかりませんが)に縛られて身動きできないのだとすれば、今のパイオニアのチーム完成度はまだまだかなり低い状態であり、各選手が約束事(戦術)をきちんと理解できていない、ということなんでしょうね。
サッカーの本の受け売りですが、サッカーでは「規律の厳守」(約束事)と「限りなく自由」(ボールを触っている人は究極的にはどういうプレーもできる)という心理的環境を監督さんがしっかりと整えてあげる仕事があるそうです。チームに「規律を守らせた」上で「創造的な規律の破壊者」が次々と生まれるチームが強いチームなんだそうです。おそらくバレーボールも同じことで、今のパイオニアには「創造的な規律の破壊者」がいない、生まれづらい状況、ということになるでしょうか。
私は個々人の能力に頼ったバレーボールよりも、しっかりとしたチーム戦術を持って戦うバレーボールの方が好きです。パイオニアさんにはがんばってそういうバレーボールを完成の域まで持っていって欲しいです。今のチームから続々と「創造的な規律の破壊者」が出てくることを祈ります。
個人的にはゲーム中はチームの司令塔となるセッターの小濱さん。今の状況にめげずがんばって欲しく思います。

投稿: o-kun | 2008年2月23日 (土) 01時56分

  確かに、今期の女子『東レ』
 は通常にも況して『自滅試合』
 が些ない気はスルが、其れに
 シテも…『0セット取得』じゃ
 あ寂し過ぎる結果でナイか?

  『Aセリンジャー体制』から
 と言うよりも「ポスト・フラン
 シィ」の方が、今一つ未解決な
 儘の気がスルが、如何か? 湘里

投稿: 湘庵 | 2008年2月24日 (日) 15時52分

>近江牛さん

お久しぶりです。

>今年は辛抱の年ですね

はい、その通りです。セッターを育てないといけないという時点で辛抱の年なのは私はリーグ開幕前から覚悟をしていたつもりですが、パイオニアのファンは新しいファンが多いからか? 色々なブログや掲示板などを見ていても、我慢強く見続けるということが出来ていないようです。メンタル面が弱いのも仰るとおりで、以前からのパイオニアの弱点ですね。これはマッチョさん(斎藤真由美元選手)がいなくなって以来、ずっと抱えている問題だと思います。

でもNECも何だかんだ言って、パイオニアとほとんど変わらない星勘定になってますよね。セッターがベテランセッターに逆戻りしてしまったのも同じ(苦笑)。お互いに辛いですが、諦めずにお互いに見守り続けましょう!

投稿: T.w | 2008年3月 2日 (日) 22時19分

>one of No.33さん

サーブについてですが、私は昨シーズン終了後に書いたように、非常に守りの姿勢になっている点で私は今の吉田監督の戦術に同意しかねています。上手く回っている時はいいのですが、劣勢に立たされた時になかなか相手にプレッシャーを与えきれない・・・。優勝した第12回Vでは、もちろん今ほどに組織的なブロックが機能していなかったのは明らかですけれども、でもセット終盤に相手にリードされながら、そこから大逆転というセットが結構見られたと思います(19-24の劣勢から逆転したデンソー戦でのメグのサーブが最も印象的に記憶に残っていますが)。あの年は、セリンジャー前監督の方針で、レギュラー選手のほとんど(アサコ以外)がみんなスパイクサーブを打っていましたよね。確かにサーブミスもかなり多かったですが(苦笑)。

レギュラーを固定して戦う点も今の吉田監督とセリンジャー前監督とでは大きく違うところだと思います。若手を使わない、とよく批判を受けることがありましたが、恐らくセリンジャー前監督はレギュラーを固定することで、コート上の選手達自身が監督の指示がなくても要所要所で適切な戦略を切り替えることが出来ることを目指していたと思います。実際セリンジャー前監督時代は、大事な試合での敗戦直後にレギュラー選手達が円陣を組んで反省会のようなことをしていました。そういったセリンジャー前監督が「理想とした」チームが見事に体現された結果が優勝に繋がったと思います。

一方、吉田監督は特定の誰かに頼らない「全員バレー total volleyball」を目指していて、それが今年のバレースタイル・戦い方に強く表れていると思います。レギュラー選手達だけでなく、チームの全員が監督の思い描く戦術を理解し、そのために自分が何を為すべきか? それぞれが考える。確かに、長年レギュラーとして活躍してきた百戦錬磨のベテランと、ほとんど試合にも出たことのない若手では全然経験が違うわけですから、要所要所での判断能力には差があって当然ですが、経験がなくても細かく約束事が決まっていれば、若手選手でもベテラン選手と肩を並べてプレーすることが可能でしょう。そのお陰で、若手選手がどんどん試合に出られる状況が出来上がったと思います。でも、結果的に記事中に書いたように、上手く回らなかった場合に誰を出しても事態が変わらない・・・という弱点も見られるようになったと思います。セリンジャー前監督時代ならば、コート上の選手達自身が自分たちで解決しなければならなかった問題が、今は吉田監督に一任されているような状態とでも言えばいいでしょうか。

でも、どちらが良い悪いということはないと思います。ただ言えることは、たった2年でパイオニアは全く新しいチームに生まれ変わったということです。one of No.33さんの仰るとおり、サーブについても「バージョンアップ」が図られると信じています。

投稿: T.w | 2008年3月 2日 (日) 23時14分

>Tさん

レス遅くてごめんなさい。

東レのブロックについては、、、「いつになったらアップするんや」という声が聞こえてきそうですが(苦笑)、、、各チームの特徴としての記事でまとめたいと思います。

投稿: T.w | 2008年3月 5日 (水) 22時34分

>ブッシュさん

いつもありがとうございます。

>こういう時は一旦戦術から離れて、がむしゃらにプレーできる選手がいるとまた違う雰囲気になるんスけどね。

そうですね。例えばJTの坂下選手みたいな雰囲気の選手がいれば、随分違うように思うんですけどね。ああいう闘志をむき出しにするタイプの選手がいて欲しいと思うときが、よくありますね。ああいう選手はあんまりパイオニアにはあんまり入ってこない印象が・・・なぜでしょう? ミホちゃんに期待ですかねぇ。

投稿: T.w | 2008年3月17日 (月) 00時03分

>祐一さん

こんばんは。
今更のレスで、意味がないのですが・・・福岡での応援、お疲れ様でした。連日のフルセットでしたよね。

私も、いつも偉そうなことを書いていて、いかにも冷静に見ているように装ってますが(爆)会場で観戦するときは、心の中では完全応援モードなんですよ。滋賀でのJT戦のフルセット勝ちの時も、勝った瞬間は思わず叫びそうになったくらいです(苦笑)。

今リーグの結果で、ファンの間での監督批判などが起きそうな雰囲気が漂っているのがすごく残念です。

投稿: T.w | 2008年3月17日 (月) 00時14分

>kuさん

初めまして。レスが遅くて申し訳ございません。

吉田監督のまず、タイムアウトのタイミングですけれども、私は見ていて決しておかしなタイミングでとっているという印象はありません。

それから、2枚替えについてですが、勝つための戦略という面もあると思いますが、特に内田選手が復帰して以降の試合に関しては、やはり「育成のため」という面が大きかったように思います。チームの目先の勝利も大事だし、だからと言ってチームの将来のための育成も大事ですから。
実際、4強入りがかかった最後の久光戦は、さすがにその余裕がなかったようですし、去年もセミファイナルラウンドではほとんど2枚替えがなくて、その点を指摘したと記憶しています。

以上、簡単な回答ですが、如何でしょうか?

投稿: T.w | 2008年3月17日 (月) 00時27分

>o-kunさん

これは千酔亭さんに教えてもらった二宮清純著『勝者の組織改革』に書かれていたのですが、サッカーの日本代表監督としてジーコとトルシエを例に挙げて、「個人」を重視するタイプの監督(ジーコ)と「組織」を重視するタイプの監督(トルシエ)がいて、どちらも優れた見識を持つ監督だけれども、日本のサッカー協会が犯した間違いは、トルシエからジーコへとまるで正反対の戦術を持つ監督へ交代させたことだと分析されています。サッカーにおいても「個人か組織か」ではなく、そのどちらもが重要だと。書いて頂いた『「規律を守らせた」上で「創造的な規律の破壊者」が次々と生まれるチーム』というのは、まさにその「個人も組織もどちらも重要である」ことを表しているのではないかと思います。恐らく、バレーも同じですよね。

その意味で、セリンジャー前監督は、まさに「個人と組織」をどちらも重視していた監督だと思います。何度も以前書いたように彼が提唱した「パワーバレーボール」というのは、「高さとパワーを兼ね備えた各個人が、綿密な戦術に裏打ちされた組織バレーを展開する」ことですから。ただ結果的に、監督の戦術を理解した上で、監督に頼らなくても試合の各局面で戦術を使い分けることができるごく一部の選手だけで固定されたチームスタイルになってしまった、というのも偽らざる事実でしょう。将来的なことを見越して、その点をまず、吉田監督は変えていかなければならないと考えているのだと思います。彼も「個人と組織」どちらも重視していると思いますが、今年は「全員バレー」という観点から「組織」偏重になってしまったのだろうと思います。

>今のチームから続々と「創造的な規律の破壊者」が出てくることを祈ります。

私も全くもって同意見です。


p.s.: area71さんのブログにこの観点に関わると個人的に思う記事がアップされています。ご参考までにどうぞ。

戦術意識

投稿: T.w | 2008年3月22日 (土) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/40164424

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は去年のJT戦の(悪夢の)再現・・・(東レ - パイオニア):

« これこそが2年前の再現!?(パイオニア - 武富士)(その2) | トップページ | ユミ、ファイト!! »