« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月19日 (土)

2年前の決勝戦の再現?!(久光製薬 - パイオニア)(その2)

第4セット、真鍋監督が動く。久光のサーブから始まるセットのため、スタートローテーションを1つ回すはずのところで、敢えて回さずにスタート。序盤でパイオニアのレセプションの乱れやアサコのタッチネットのミスなどが続いて、8-1と久光が大量リードを奪う。この展開になれば、そもそもセットカウントでは2−1とリードしている久光だけに、第3セットの嫌な流れも断ち切って、一気に突っ走りそうなものだが、ところがそうならない。点数でいくらリードしていても、パイオニアのブロック陣のプレッシャーが久光の選手達に重くのしかかっている状況は変わらず、一方パイオニアの選手達は、自分たちの狙いが機能し始めた手応えを感じているから、いくらリードされていても決して意気消沈しない。セット中盤で遂に先野選手をシャットし、精神的に追い込まれた橋本選手は、まだまだセーフティーリードを保った状況でもパブロワ選手に頼り切ったトス回しとなり、結果的にパイオニアに悉くブロックに引っかけられるかあるいはパブロワ選手のスパイクミスでじりじり追い上げられ、そして彼女のパイプ攻撃がシャットされて、遂に16-16の同点となる。いったん18-16とまた久光に引き離されかけるも、先野選手の速攻に2枚ブロックが完成し、直後は狩野美雪選手のレフト平行に3枚ブロックが完成して、ユウがシャット。メグが逆に先野選手にシャットされて、再び引き離されかけるも、パブロワ選手にブロックでプレッシャーをかけてミスを誘い、21-19。直後に先野選手の速攻に3枚ブロックが完成して、アサコがシャット。21-20と追い上げたところで、このセットの勝負の分け目が訪れる。次にトスが上がる場所としてレフトブロッカーであったレオが、サーバーのユウに向かって、ライト(の仁木選手)にトスが上がったら(きちんと2枚ブロックを揃えるから)フェイントをケアしろ! とはっきりとジェスチャーしていた。そして、実際にライトの仁木選手にトスが上がり、レオ・アサコの2枚ブロックが完成し、レオの読み通りに仁木選手はフェイントを仕掛けた・・・が、ユウはそれを拾いきれず、、、。その1点が痛く響いて結局フルセットに持ち込めず、最後はパブロワ選手が豪快にインナースパイクを決めて、久光の3ー1での勝利となった。

試合後のインタビューで真鍋監督は第一声に「正直、ホッとしています」と素直に気持ちを語った。久光ベンチとすれば「勝った気がしない」というのが偽らざる気持ちだっただろうと思う。点数的には久光が危なげなく勝ったように一見見える試合だったが、第3セット以降は久光はリードしていても何か追い込まれたような雰囲気が漂っていた。それだけパイオニアのブロックのプレッシャーを、第3セット以降は感じながらの戦いを強いられていたということだ。
パイオニアとしては、勝負には敗れたものの、次回の対戦に繋がる戦いは出来たと思う。元気がなさそうに見えたセナにも明るい笑顔が、特に第4セットでは見られたのも大きかった。実は、パイオニアは次週も久光製薬と対戦する(即ち連戦)スケジュールとなっているのだ。この試合の流れを見ていて、2年前の決勝戦の第1試合の流れと非常に近いものを感じた・・・あの試合でも、一見久光の圧勝にも見えた3ー1での久光の勝利だったが、あの1戦目の第3セットから、第2試合でパイオニアに流れが変わる伏線が実はあったのだ。最後に久光の助っ人外国人選手(2年前はケニア選手)が豪快に決めて、試合が終わったのも同じ形だ。

果たして、2年前の決勝戦第2戦の再現となるかどうか? 久光としての救いは、連戦と言えども4日間の合間があることであろう。その間に真鍋監督が次の手を考えつくことが出来るかどうか?
パイオニアにとっての本当の敵は、実は久光ベンチではなく、11時の開始時間かもしれない、、、(実は、昨シーズンからパイオニアは、11時開始の試合では悉く敗れている気がする)。

やはり、現在のV・プレミア女子にあっては、久光とパイオニアの対戦が「戦術的に見て」最も見応えのある試合だと思う。
因みにNHK BSの解説だったお方、久光が第3セットをパイオニアに奪われた理由をアナウンサーに聞かれて「(気の)緩みですかね」は酷すぎるんじゃないの! 精神的に追い込まれて、あんなに「必死に」なっていた久光の選手達に失礼ってもんでしょ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

2年前の決勝戦の再現?!(久光製薬 - パイオニア)(その1)

加古川でのJT戦の完勝を見て、リーグ当初の一番の心配の種であった新セッター・ユミについては、もう心配はないと確信した。多少の乱れはあっても、両サイドのトスは本来の「高くて早い」トスになっていたし、センター線もきちんと使えていて、決して復調したレオに頼り切るトス回しはしていなかったし、そして何より、実に堂々とプレーをしていたからだ。ただ、セナだけが一人、パイオニアの選手の中で「顔に」元気がないように見えた。それもそのはず、皇后杯の後のリーグ再開にあたって、彼女はスタメンから2試合続けて外されていたからだ。しかし、翌日の久光製薬が相手の場合は必ず彼女の出番があるはず、いや彼女が絶対に必要なはず、、、だから腐らないでいて欲しいなと思いながら、グリーンアリーナ神戸へと向かった。

第1セット、パイオニアのスタメンは前2試合と同様にリーがオポジット。となると、久光のレフトエースであるパブロワ選手に対して与えるブロックのプレッシャーは甘くなってしまうはずであり、だからこそセナの出番・必要性が出てくるはずなのだ。
セット序盤、両チームともにブロックシステムはバンチ気味。それを見て両チームのセッターは互いに両サイドからの攻撃を意識して多用しつつ、要所で中央から前衛センターの速攻・後衛レフトのパイプ攻撃を絡めるという、同じようなトス回し。セット終盤の競り合いの中で、予想通り前衛のリーをセナ
と代える交代の場面が見られたが、橋本選手はそこでパブロワ選手を敢えて使わずに、先野選手の速攻・仁木選手の高速ライト攻撃を使って、セナの必要性を無に帰した。逆に、レセプションの場面でセナが狙われて、連続失点に繋がり、25-19と最後は一気に久光に走られた。
パイオニアとしては、セット中盤にパブロワ選手のパイプ攻撃が再三ネットに引っかかって勢いが弱まったところを、ガッツやリーが悉くディグし損なった(前に突っ込みすぎた)のが痛かった。結果的にこれが、パブロワ選手を乗せるきっかけになってしまった感がある。

第2セット、吉田監督はローテーションをずらしてくる。具体的には、久光のセッターの橋本選手が後衛センターでのレセプションフォーメーションに対して、メグのサーブが当たるように仕掛けてきた。久光は数年来ずっとこのレセプションフォーメーションで「女子型(オポジット=ユーティリティプレーヤー型)」を敷いており、今シーズンも同様であるからして、その「弱点」を突こうとしてきたのだ。しかし、この日の久光のスタートローテーションに合わせてこの戦略を採ると、肝心なメグのサーブがローテーション上で一番最後に回ってくる形になってしまい、メグのサーブの機会が最小限となってしまう、、、その意味では、真鍋監督のこの試合におけるスタートローテーションの戦略は成功したと言える。
さらにこのセットは、前セットでパイオニアのブロック陣に両サイドからの攻撃を十分に意識させておいたために、パイオニアのブロックがスプレッド気味になっているのを橋本選手は見逃さず、大村・先野両選手の速攻を多用して勢いに乗る。パブロワ選手を全然止められずに、それでいてセンターの速攻を多用されれば、パイオニアとしては如何ともし難い、、、。気づけば、5-12と引き離され、ユミはサツキと交代させられる。恐らく、サツキはV・プレミア初出場であり、このセットは完全に諦めモードなのかと思いきや、再度ユミが戻ってきた場面から、再びブロックシステムがバンチに戻り始め、流れが変わり始める。一方の久光はスプレッドのまま。結果的に第2セットは大差で奪われたが、第3セットに入ると、パイオニアはユウ・アサコの速攻でサイドアウトを着実に取って、前セットとはまるで違う一進一退の攻防となる。逆に、パブロワ選手・先野選手の久光「2枚看板」攻撃を、パイオニアのブロック陣はワンタッチを取り始める、、、6-6の場面で先野選手の中央からの速攻に対して、この試合初めて3枚ブロックが揃い、徐々に久光の選手達にパイオニアのブロックのプレッシャーが重くのしかかり始める。久光のブロック陣もセット中盤からバンチに戻し始めるが、そうなると今度はユミはユウ・アサコをワンレッグでライト側へ走らせて、的を絞らせない、、、この嫌な流れを断ち切ろうと、パブロワ選手が強烈なインナースパイクを決めて、22-19と久光が逃げ切り体勢に入るも、直後にアサコがワンレッグを決めて、22-20。ここで吉田監督が動いて、レオに代えてナナエをピンチサーバーとして投入。ラリーが続いた後、橋本選手はパブロワ選手のパイプ攻撃を選択するが、バンチにプレッシャーを感じ始めた彼女が意識してミスを犯し、22-21。直後も橋本選手はパブロワ選手のパイプ攻撃を選択するも、ブロックが揃って決められず、次に狩野美雪選手のレフト平行に託すもパイオニアの3枚ブロックが揃って、ユミがシャット。22-22と遂に同点。追い込まれた橋本選手は、さらにパブロワ選手のパイプに託すも、3枚ブロックがまたまた揃い、22-23と逆転。こうなると、さすがにパブロワ選手は使えず、レセプションが乱れてハイセットとなったこともあり、狩野美雪選手のレフト攻撃にまたまた3枚ブロックが揃い、続いて大村選手の速攻を使うも2枚ブロックでワンタッチを取られて、トランジションでメグが決めて、22-24とセットポイント。最後は、ナナエの実質サービスエースで、22-25。パイオニアが1セットを取り返す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

加古川は変わったか?(JT - パイオニア)

昨年私に「例の」記事を書かせるに至る契機となった、加古川市立総合体育館。覚悟して今年も向かった。

幸いにも、今年は会場入りするなり、会場係員が大声でアリーナへの入場方法を説明していた。また、会場係員も明らかに増員された感があり、途中から来場された観客をきちんと、インプレー中でない然るべきタイミングで、座席まで誘導していた。やれば出来るじゃないの!


さて、試合の方だが、まずJTは前日の武富士戦から配列を変えてきていた。具体的には、本来オポジットのケニー選手を裏レフトに配し、これまで裏レフトだった高木選手をオポジットに配し、そしてフロントオーダーを組んできた。寺廻監督の意図するところは手に取るようにわかる、、、本来ウイングスパイカーである坂下選手を急造センターとして起用せざるを得なくなった状況ゆえに、彼女と裏レフトの高木選手の前衛アタッカー2枚の場面ができ、このローテーションが弱点となる。このローテーションを改善すべくレフトにケニー選手を配する決断をしたため、そうすると本来ライトからの攻撃が得意なケニー選手が「レフトポジションに配されながらライトから攻撃を仕掛けられるよう」に、フロントオーダーを採用したわけだが、、、


・・・これは寺廻監督にとっては、当初に思い描いていたバレースタイルを追求できなくなったために選択した、「逃げ」の姿勢の表れなのだ・・・


前日からの相手チームのこの配列の変化に、吉田監督が気づかなかったはずがない。この日のパイオニアの戦略は、セット終盤でこのJTの「ケニー選手・坂下選手の前衛アタッカー2枚」のレセプションの場面で、自チームのライトブロッカーを高くすること・・・リーに代えてセット終盤でセナをオポジットで投入することだった。だからこそこの日のパイオニアは、スタートローテーションの戦術において「自チームがサーブから始まるセットで1つローテーションを回す」策を採った。

また、この日のパイオニアのブロックシステムは、ライトブロッカーだけがバンチからリリースされた形のデディケートを敷いていた。これは相手チーム、すなわちJTのライトからの攻撃、すなわちケニー選手に対するマークを甘くするシステムであり、「スーパーエース」である彼女のライト攻撃に対して、ライトブロッカーとセンターブロッカーの2枚が「デディケートで構えていても」きちんと揃うことが出来る、という自信が為せる戦略であり、これは昨シーズンを通してバンチ・リードブロックシステムに取り組んだ経験が活きていると言えるだろう。しかも、ケニー選手のライト攻撃に対して、敢えてストレートコースを開けてクロスに2枚ブロックを完成させた上で、抜けてくるコースはディグの能力がチーム1・2を争うであろう、ガッツとリーにに任せる(ストレートをガッツに、超インナーをリーに)という戦略を採った。これが1セット目から見事にハマり、セット中盤でアサコがクロスボールをものの見事にシャット。これで、ケニー選手は精神的に追い込まれた。

そして、セット終盤の競り合いの中で、予定通りに吉田監督は前衛に上がってきたリーをセナに代えた。もともとレフトからの攻撃を得意としないケニー選手にとって、191cmのセナに待ち構えられるのは嫌であろう。まして、アサコに見事にシャットされて追い込まれている状況ではなおさら辛い。案の定、竹下選手はその場面でケニー選手をライト側に走らせて片足で打たせる「逃げ」の攻撃を選択し、それをデディケートで構えていたメグがものの見事にシャット!最後も、追い込まれたケニー選手のライト攻撃が、「逃げすぎて」クロスに切りすぎてサイドラインを割り、25-22でパイオニアが先取する。

第2セットに入り、JTは「お得意の」高速レフト平行に勝負を託すが、デディケートを敷くこの日のパイオニアのブロック陣には通じない、、、。決してJTのレセプションは崩されてはいない(成功率 77.6%)のだが、実質的なセンタープレーヤーが宝来選手一人しかいない今のJTにあって、180cm以上を揃えたレフトとセンターの2枚のブロッカーにバンチで構えられては、速攻が全く通じない。その状況で、たとえ高速レフト平行を繰り出しても、ライトブロッカーにある程度の高さがあって、バンチからリリースされて構えていれば、ストレートに抜かれたり簡単にブロックアウトをされることはない。結果としてパイオニアが昨シーズン(バンチ・リードブロックシステムであったが故に)散々やられた谷口・高木両選手の高速レフト平行も、悉くブロック陣にワンタッチを取られるか、クロスを抜いてもガッツに「待ってました」と拾われる結果となり、JTの選手達に焦りが目立つようになる。このセットも終盤でセナが投入され、ブロック面では貢献はなかったものの、JTはセナをサーブで狙おうとしてミスを連発。セット終盤の競り合いで、トランジションからのハイセットをメグが連続して決めて、このセットも25-23でパイオニアが奪う。

そして第3セット、寺廻監督はローテーションを1つ戻す形で「ずらして」スタート。序盤はケニー選手のパイプ攻撃に頼って一進一退でゲームは進むが、中盤からはパイオニアのライトブロッカーがスプレッドの位置から素早くバンチに戻って、ケニー選手のパイプに3枚ブロックが揃い始める。こうなると竹下選手はどうしていいかわからない、、、まるで、全日本女子が欧米の強豪各国相手にブロックの集中砲火を浴びているが如く、ひたすら両サイドの高速平行を繰り出すもその全てが面白いようにパイオニアのブロック網にかかってしまう。たまらず寺廻監督は竹下選手を遠藤選手へ交代させるが、これはセッター個人の問題ではなく、チーム戦術の問題であるからして、何ら事態は変わらず結局パイオニアは8連続得点を上げて、セナを投入するまでもなく一気に試合を決めてしまった。最後は、この試合からすっかり復調した感が漂ったレオがブロックの上から決めて、25-21。パイオニアの完勝だった。

会場から戻り、職場へいったん顔を出した後で自宅へ帰り、この日に会場で購入した『パイオニアレッドウイングス 2008 オフィシャルガイドDVD』を早速見てみた。昨シーズンのセミファイナルラウンドでのJT戦、さらに黒鷲での準決勝のJT戦の連続しての惨敗は、吉田監督にとっても相当に堪えたものだったのだというのが伺える作りになっていただけに、この日のJT戦での完勝は、選手・スタッフにとっては勿論のこと、ファンにとっても非常に感慨深い勝利となった。


昨年散々文句を言った(書いた)加古川市立総合体育館だが、最初に書いたとおり、きちんと改善が為されていた、というか、「変えようとする」意思がきちんと伺えたので、その点を評価しておきたい。さらに言うと、この体育館での試合で最も嬉しいことは、これは昨年からもそうなのだが、チケットの前売りの段階で、「エンド側の座席」を希望して購入できることだ!チケット発売日にすぐに手に入れないと、アリーナでの観戦が出来なくなる恐れのある現在のV・プレミア女子においては、他の会場ではどうしてもチケットぴあのネット注文やローソンチケットなどを利用せざるを得ず、従って座席を指定できない。この日は久々のエンド側での観戦であり、その意味でも非常に楽しめた一日だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

拝啓:寺廻監督(2008年版)

ご無沙汰しています。

就任3シーズン目のシーズン、1年ごとに徐々にあなたのやりたいバレースタイルを明確に意思表示されるようになりましたね。今年目指すあなたのバレーは、パイオニアの吉田監督と同じ・・・そう、セッターがファーストタッチを行う場面で、リベロがトスアップを行うというトランジションの戦術ですね。それを私は、開幕3試合目からの小酒選手のリベロでの起用で確信しました。彼女はあなたの指示通りに、きちんとアタックラインを確認しつつ、その後ろで踏み切ってオーバーハンドでのジャンプトスを上げていますね。

思い返せば、あなたが全日本男子ナショナルチーム監督だった頃、、、Vリーグのトップ選手であってもリードブロックに抵抗を示す選手がいた時代に、あなたは組織的リードブロックシステムを導入して、ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を組織的に図るという意図を明確にしました。それはある程度機能しましたが、残念ながらファインディグで繋がったボールをどう攻撃へ繋げるか? のトランジションで躓きました。イヤ、躓いたと言うよりは、組織的戦術の完成度をそこまで高めるには時間的余裕もなく、そしてあまりにも周りの環境に恵まれていなかった、というのが正確ですね。女子の指導に携わるようになって、あなたがトランジションにこだわるのは自然な流れです。そして、その準備段階として昨シーズンまでは、バンチ・リードブロックシステムを導入していたのですよね。

でも、あなたの誤算は江藤選手の後釜でしたね。上述のトランジションの戦術は、ブロックシステムがきちんと機能してこそ初めて意味を為すわけで、それなのに江藤選手の代わりが急造センターの坂下選手では、ブロックシステムが崩壊してしまいます・・・。

皇后杯での準決勝・東レ戦をテレビで見させて頂きましたが、各選手があなたの戦術を頭でまだまだ消化しきれていないようです。でも、恐らくリーグが進むにつれて、完成度は上がっていくでしょう。今シーズンで結果がでなくても、今のスタイルは是非続けていって下さい。本当にあなたがやりたいバレーのために、どこを変えていかなければならないのか? 自ずと見えてくるはずです。

昔からあなたを応援している一ファンより。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

の・だぁめちゃーん!

皆様、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もsuis annex・suis annex weBLOGをよろしくお願い申し上げます。


さてさて、昨年末は暗ーい話題で締めてしまいましたので、新年最初は明るく行きましょうか(笑)

実は今、『のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ』のビデオを見ています。

クラシックはもちろん、音楽の世界のことは全くわかりませんが、そんな私でも音楽の世界がすこしばかり垣間見えるようにわかりやすく構成されていて、非常に面白いですね。

そんな中でも一番印象的だったのが、「アナリーゼ」です。のだめがコンセルヴァトワール(フランスの音楽学校)に入学して最初に受ける授業がこの「アナリーゼ」・・・日本語で言うと「楽曲分析」ですか? Wikipediaによる解説を引用すれば「その音楽がどう組み立てられているか調べる」「楽曲がどう作られているか知る学問」ということなのですが、ただ単に楽曲の構造を理解する「方法論」というだけではなく、その楽譜を書いた作曲家自身の精神性や、その作曲家が生きた時代背景なども踏まえた上で理解しようとする学問、ということのようです。「楽譜通りに演奏する」いや、「楽譜と正面から向き合う」ということは、その楽譜を書いた作曲家が「その時何を感じ、何を音符にしたためたかったのか?」を「本能的・感覚的・右脳的」ではなく、あくまで「分析的・論理的・左脳的」に「感じ」取って、そしてそれを表現するということなのですね。音楽や芸術といった、本来右脳で感じる最たる分野であっても、その道を極めるためにはまず分析 "analyse" から始まるというところに、非常に新鮮な驚きを覚えました。

それにもう一つ、新たな発見が!

「の・だめちゃーん」をじっくり見てると、ユウを見てるような気分になってきました・・・。うつむきかげんの顔がか・な・り似てませんか?


で、「アナリーゼ」ですけど、要するに英語の "analyse" です。"analyse" する人が「アナリスト」です。 チームの戦術を理解する「方法論」というだけではなく、その戦術を最初に生み出した監督の精神性やプレーヤーの資質、さらにはそれが生まれる歴史的背景を踏まえた上で理解すること・・・言い換えれば「戦術の変遷」を踏まえた上で理解することが、バレーでいうところの「アナリーゼ」ではないでしょうか?

各パートの「演奏者」が「楽譜」を「アナリーゼ」して、その結果として最高の音色を奏でる。さらに、各パートをまとめた「総譜(スコア)」を「アナリーゼ」した「指揮者」の存在があって初めて、オーケストラの演奏が出来上がるのです。ここで、Wikipediaによる「指揮者」の解説を引用します。

指揮者の作業のうち、もっとも時間と労力を要するのは、練習前の予習と言われる。指揮をする楽曲のスコア、関連する音楽史上の文献などを読んで構造などを把握し、表情づけの方法などを検討し、練習の手順を計画する。練習に際しては、音楽的表現全体を考えて音程・音量・音色・奏法や歌唱法・パートの音量バランス・テンポ等を指導し、ミスやずれを修正して、演奏の完成度を上げていく。そして演奏会本番でそれをまとめ上げるのが指揮者である。その他にも選曲や人間関係の問題解決等をおこなうなど、非常に重要な役割である。

バレーで言えば、各パートの「演奏者」が各プレーヤーであって、「指揮者」が監督やアナリスト含めたスタッフ陣でしょう。「アナリーゼ」は決して、「アナリスト」だけの仕事ではないはずです。今の日本のバレー界を見渡して、本当の意味での戦術の「アナリーゼ」が出来るプレーヤー・スタッフ陣がどれだけいるのでしょう?

さらには、演奏を聴く観衆も、クラシックが好きだからこそ知識を高め、その楽曲の「アナリーゼ」が出来るようになるからこそ、オーケストラの演奏から指揮者の伝えたい音楽性を「感じ」取れるのです。

今年も、戦術を「アナリーゼ」出来るファンが少しでも増えることを祈って、当ブログの更新を行っていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »