« の・だぁめちゃーん! | トップページ | 加古川は変わったか?(JT - パイオニア) »

2008年1月12日 (土)

拝啓:寺廻監督(2008年版)

ご無沙汰しています。

就任3シーズン目のシーズン、1年ごとに徐々にあなたのやりたいバレースタイルを明確に意思表示されるようになりましたね。今年目指すあなたのバレーは、パイオニアの吉田監督と同じ・・・そう、セッターがファーストタッチを行う場面で、リベロがトスアップを行うというトランジションの戦術ですね。それを私は、開幕3試合目からの小酒選手のリベロでの起用で確信しました。彼女はあなたの指示通りに、きちんとアタックラインを確認しつつ、その後ろで踏み切ってオーバーハンドでのジャンプトスを上げていますね。

思い返せば、あなたが全日本男子ナショナルチーム監督だった頃、、、Vリーグのトップ選手であってもリードブロックに抵抗を示す選手がいた時代に、あなたは組織的リードブロックシステムを導入して、ブロックとレシーブ(ディグ)の連携を組織的に図るという意図を明確にしました。それはある程度機能しましたが、残念ながらファインディグで繋がったボールをどう攻撃へ繋げるか? のトランジションで躓きました。イヤ、躓いたと言うよりは、組織的戦術の完成度をそこまで高めるには時間的余裕もなく、そしてあまりにも周りの環境に恵まれていなかった、というのが正確ですね。女子の指導に携わるようになって、あなたがトランジションにこだわるのは自然な流れです。そして、その準備段階として昨シーズンまでは、バンチ・リードブロックシステムを導入していたのですよね。

でも、あなたの誤算は江藤選手の後釜でしたね。上述のトランジションの戦術は、ブロックシステムがきちんと機能してこそ初めて意味を為すわけで、それなのに江藤選手の代わりが急造センターの坂下選手では、ブロックシステムが崩壊してしまいます・・・。

皇后杯での準決勝・東レ戦をテレビで見させて頂きましたが、各選手があなたの戦術を頭でまだまだ消化しきれていないようです。でも、恐らくリーグが進むにつれて、完成度は上がっていくでしょう。今シーズンで結果がでなくても、今のスタイルは是非続けていって下さい。本当にあなたがやりたいバレーのために、どこを変えていかなければならないのか? 自ずと見えてくるはずです。

昔からあなたを応援している一ファンより。

|

« の・だぁめちゃーん! | トップページ | 加古川は変わったか?(JT - パイオニア) »

コメント

こんにちは。
管理人さん、今日のパイオニア対JTって観に行ったりしてます?
自分は観れないんですけど・・・
今日のスタッツみたら、JTってケニーをレフト対角にして高木をオポジットに置いて戦ってたんですね。しかもフロントオーダーで。
この意図はなんですかね?

パイオニアは、ちょっと調子が出てきた感じですね。

投稿: ブッシュ | 2008年1月13日 (日) 18時32分

>ブッシュさん、まいどです!

はーい、職場への頻回の呼び出しにもちらつく雪にも負けず、行ってきましたよ。

>JTってケニーをレフト対角にして高木をオポジットに置いて

さすが! お目が高い!
実は、昨日の武富士戦から寺廻監督はそうしてきました。私は、それを見て、今日のパイオニアの勝利を半ば確信したのです(笑)。

明日も神戸へ見に行くので、そのあとで詳しくレポしますが、要するに、センター(middle blocker)でない、急造の坂下選手で今シーズンを戦い抜くと、寺廻監督が決めたということでしょう。これまでの配列では、裏レフトの高木選手と坂下選手の前衛アタッカー2枚という、苦しいローテーションがあるので、それを避けるために、代わりにケニー選手と坂下選手の前衛アタッカー2枚のローテーションにして、その時だけケニー選手がレフトから攻撃する、という形にしたのです。フロントオーダーにする理由は、ライトからの攻撃が得意なケニー選手をレフトに配置するからです。

吉田監督は、これを見逃していなかったはずです。

投稿: T.w | 2008年1月13日 (日) 22時55分

そうなんですね。
おじさんも、今回のリーグでぜひ結果を出しててらまわりんの復活を願っています。
あとは河村選手、いいセッターの感じなのですが、河合選手もいるので伸びるチャンスを得られるか気がかりです。
でも、いまの全日本女子の壁を破ることができる可能性のある監督一人かなと。

投稿: おじさん | 2008年1月14日 (月) 12時47分

>おじさんさん

以前コメント頂いたときは、レスが出来なくて申し訳ありません。

てらまわりんの迷走はまだまだ続く、、、という感じです。結局、何がやりたかったことの本質なのか? わからない泥沼に入り込んでしまった気がします。『加古川は変わったか?』で書いたように、小手先の配列いじりで急場を凌ごうとしてもダメだと思います。あのパイオニア戦の次の日から、今度は宝来選手と坂下選手の表裏を入れ替え、また今日の久光戦から元に戻す・・・そういうことじゃなくて、、、。

>河村選手、いいセッターの感じなのですが

昨シーズン、竹下選手が負傷して河村選手に代わってからJTの快進撃が始まったと思うんですけどねぇ。今のところベンチ入りもなかなかしていないようです。この辺りも何だか、、、迷走しているような、、、。

投稿: T.w | 2008年1月20日 (日) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/17660802

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓:寺廻監督(2008年版):

« の・だぁめちゃーん! | トップページ | 加古川は変わったか?(JT - パイオニア) »