« ワールドカップ2007(女子)最終総括(その3) | トップページ | お前は島崎みゆきか!?(パイオニア - トヨタ車体・パイオニア - デンソー(その1)) »

2007年12月 7日 (金)

焦ってます&唖然・絶句

焦ってます・・・何でかって? だって、やっとワールドカップ男子モードに入ろうとビデオを見始めているのに、よく考えたら今週からもうV・プレミア始まっちゃうやん! うぅぅぅ、集中力が・・・。

何だかんだ言って、去年の世界バレーで「レゼンデバレー」を書き上げるのに、大会終了後約1ヶ月を要しました。ってことは、その間に1レグの半分ぐらいが終わってしまうかも・・・。

ともかく、始めます。今日はまだ、前置きということで・・・


『ブルガリア対ロシア』のフジテレビ721での放送中の1コマ(4コマ?)。いずれも、解説をされていた、まだ引退して2年程しか経ってらっしゃらない、元Vリーガーのお言葉でございます。


(第1セット序盤に、カジースキが高速パイプ攻撃を鮮やかに決めた場面で)

・・・ブルガリアもこんな早い攻撃をするなんて珍しいですねぇ・・・

(同じく第1セット序盤に、カジースキが高速レフト平行を決めた場面で)

・・・意外と早いですねぇ・・・


V・プレミアの試合の解説をよくされてますが、ブルガリアのバレーを見るのは、どうやら初めてのご様子です。


(第2セットに、ロシアのベレジコがCセミ/バックセミの位置から高速パイプ攻撃を決めた場面で)

・・・あぁ、面白い位置からパイプ仕掛けましたねぇ・・・


どうやら「高速パイプ攻撃」の本質をご存じないようです。


(同じく第2セットに、カジースキがまたまた高速パイプ攻撃を決めた場面で)

・・・ひょっとしてブルガリアがこれだけ早いバレーをするようになったのって、ニコロフが東レに来てたからかもしれませんねぇ・・・


唖然・・・絶句。
ニコロフは昨年の世界バレーの頃と比して、確かに「はやい」攻撃に参加するようになっています。その理由はもちろん、「脱・スーパーエース」というキーワードのためです。昨年は控えのヨルダノフの方が「はやい」攻撃に参加できるため、しばしば彼はヨルダノフに交代させられていた、という現実があるのです。


日本のトップレベルでプレーしていて、引退してまだ1〜2年しか経っていないというのに、そのわずかな時間の間にも、日本のプレーヤーは世界のバレー戦術の進化について行けなくなるようです。地上波の解説をするような、何年も前の元全日本プレーヤー達が現代のバレー戦術を知らないのは当然ですね。ましてや、一般のプレー経験者が世界のバレーを見ないのは、言うまでもありません・・・。

|

« ワールドカップ2007(女子)最終総括(その3) | トップページ | お前は島崎みゆきか!?(パイオニア - トヨタ車体・パイオニア - デンソー(その1)) »

コメント

なんだか…真冬の怪談のように恐ろしいエピソードですね。。。心が凍えました。

投稿: rio | 2007年12月 7日 (金) 10時31分

放映された女子の試合のほとんどを観終えましたが、解説の貧弱さには驚いていたところでした。
視聴者がまだ知らない情報を事前に勉強しているというのは皆無だったのではないでしょうか?T.wさんがされたほうがよっぽど面白くためになるのではないでしょうか?

投稿: area71 | 2007年12月 7日 (金) 20時44分

 T.wさんの解説をじっくり読ませていただいております。おかげ様で私もときどきはテレビの解説者にツッコミを入れられるくらいになりましたけれど、個人的にはうれしくもあり、状況的には悲しくもあり、ですね。
 男子編もお待ちしております。

投稿: one of No.33 | 2007年12月 7日 (金) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/17285514

この記事へのトラックバック一覧です: 焦ってます&唖然・絶句:

« ワールドカップ2007(女子)最終総括(その3) | トップページ | お前は島崎みゆきか!?(パイオニア - トヨタ車体・パイオニア - デンソー(その1)) »