« (ワールドカップ2007女子)日本 - 韓国 | トップページ | (ワールドカップ2007女子)ブラジル - キューバ(その2) »

2007年11月 5日 (月)

(ワールドカップ2007女子)ブラジル - キューバ(その1)

開幕3連戦の中では最も注目の対戦カードだろう。
実力的にはブラジルが一歩も二歩もリードしている感があるが、この両国の対戦は大概、死闘になるのだ!
ブラジルはポーランド戦と同じスタメン。一方キューバは、以前久光にいたケニアがスタメンで出場。

第1セット、まるでポーランド戦のビデオを見ているかのように、ファビアナがキューバのレセプションを乱していきなり4-1とブラジルリード。キューバも負けじとケニアのサービスエースで4-4へといったん追いつくが、今度はシェイラの連続サービスエースで8-4とリードしてテクニカルタイムアウト。やっぱりポーランド戦の再現のよう・・・。キューバとしては、ブラジルの唯一の弱点とも言える、フォフォンが前衛の場面で彼女のブロックの上を狙うしか突破口がないはずだが、ルイザが彼女の1枚ブロックにワンタッチを取られてしまって、キューバはリズムが掴めない。これでは、ブラジルの一方的ペースか・・・と思いきや、そのルイザが連続サービスエースで11-12と逆転。やはりこの試合はもつれそう・・・。お互いのサーブの出来で流れが二転三転する中で、このセットの流れを決定づけたのは、21-19の場面でサーブが回ってきたジャケリネ。彼女の連続サービスエースで25-19。それにしてもブラジルのサーブが凄い・・・ウイングスパイカー陣3人のスパイクサーブは強力だし、ファビアナのジャンピングフローターも相変わらず捕りづらそう。昨年に比して、サーブに随分と力を入れて強化してきた様子だ。

第2セットに入り、ようやくルイザが冷静にフォフォンの上から強打を決め始めて、6-5とキューバが一歩リード。そのまましばらく一進一退の攻防が続く・・・このセットは、ブラジルの強力なスパイクサーブにもファビアナのジャンピングフローターにもキューバのレセプションがなかなか乱れず、シェイラに1本サービスエースを取られるのみ。16-14からファビアナのブロードを見事にワンタッチで繋いで、トランジションでケニアが豪快に決めてキューバが流れを掴む。パウラの早いレフト平行に見事にブロックが間に合ってカリーヨがシャットし、20-16。このセットは勝負あったかと思いきや、ここでまたファビアナのサービスエースが出て、20-19。直後も彼女のサーブで乱され、絶体絶命・・・チャンスボールをブラジルコートへ返し、ブラジルはパウラの高速レフト平行に頼ったが、またまたカリーヨのブロックが間に合って21-19。追い込まれたブラジルはシェイラに頼るも、それをキューバのバロスが渾身の捨て身レシーブを連発し、23-19。連続シャットされたパウラをサッサに代えるも時すでに遅し。最後はルイザが決めて25-19。この日のキューバの執念は素晴らしい! 前日もアメリカにフルセットで敗れているだけに、連敗は許されないからだ。

|

« (ワールドカップ2007女子)日本 - 韓国 | トップページ | (ワールドカップ2007女子)ブラジル - キューバ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/16972572

この記事へのトラックバック一覧です: (ワールドカップ2007女子)ブラジル - キューバ(その1):

« (ワールドカップ2007女子)日本 - 韓国 | トップページ | (ワールドカップ2007女子)ブラジル - キューバ(その2) »