« お陰で久しぶりに読みましたよ・・・ | トップページ | 『日本女子バレーコンプリートガイド』 »

2007年10月23日 (火)

再掲載:「高くて早い」トスとは?

渡り鳥さん、ありがとうございます!
実は、前々から自分でも「セッターのセットアップの瞬間から、スパイクヒットまでにかかる時間(秒)」を計測してみようかとは思っていたんですが、うちのビデオがD-VHSなもので、コマ送りが出来ないんです・・・。

前回の記事に頂いたコメントをそのまま引用させて頂きます。

サンプルにしたのは、2007/03/03・川越大会の対アローズ戦で、Aキャッチからのスパイクのみを対象(フェイントは対象外)としました。ビデオをコマ送りして算出したので、ストップ・ウォッチによるものより正確かと思われます(敬称は略させていただきます)。

レフト 
佐々木1.02~1.14 
栗 原1.02~1.20
江 口0.87~0.96

ライト
栗 原0.90
江 口0.87

バックライト
佐々木1.02
栗 原0.99

バックセンター
佐々木0.90

Bクイック(距離短め)
多治見0.39
庄 司0.39

ブロードL
多治見0.69
庄 司0.63

Cワイド
庄 司0.39

番外・第12回V・ファイナル第3戦の数値

バックセンター
佐々木・栗原0.90

Aクイック
フールマン・多治見0.3

Bクイック
フールマン0.42


因みに、ブラジル女子ナショナルチームの場合、レフト平行が1.0秒・Bクイックが0.5秒・バックアタック(センター)が0.8秒・バックアタック(ライト)が1.0秒とのことであり、上記の数値はそれと比べても遜色ないようだ。

それに引き替え、同じ栗原選手が現在の全日本女子に入った途端に、レフト平行・バックライト・バックアタック(センター・ライトとも)すべて1.3秒かかっている(高橋みゆき選手のレフト平行は1.0秒)。アタッカーが同じ選手なのに、なぜにこれほどまでもの時間差が生まれるのか??


やはり、ここで再掲載しておきたい・・・

「高くて早い」トスとは?(その1)
「高くて早い」トスとは?(その2)


これら2つの記事で書いた内容を、少し具体的にイメージしやすくアップされていた記事があったので、紹介しておこう。

さらに、これはパイオニアレッドウイングス公式サイトに掲載されていた、江口選手へのレフト平行トスの、スパイクヒット少し前の瞬間の写真である。

Photo
スパイクヒット少し前にこの高さ(アンテナの高さまで上がっており、彼女の公表最高到達点とほぼ一致する、304cm前後と推定される)まで上がっているトスが、高橋みゆき選手の打つレフト平行トスよりも約0.1秒も「早い」というのは、一見すると驚きではないだろうか?





本質は必ずしも「トスアップの位置の高さ」だけではないと思う。実際、内田役子元選手もフォフォン選手も決して長身のセッターではないのだから。




p.s.: 渡り鳥さん、「そっと」教えて下さいなんて言っておいて、結局大々的に取り上げてしまって、すいません m(_ _)m

|

« お陰で久しぶりに読みましたよ・・・ | トップページ | 『日本女子バレーコンプリートガイド』 »

コメント

トラックバックありがとうございました。
中国のレフト攻撃のスピードの目安は、
0.8秒以内を目標にしています。
その幅は0.8秒から1.2秒です。
定義は「高くて速い」ですが、
これが両立しないと思っている選手や指導者が
多いのに驚くことがあります。
内田のセットがゆったりと見えるのに
相手のブロックが間に合わないケースが
多々あるのに対して、
速いはずの竹下選手のセットの被ブロック率が
高いのをきちんと説明しなくてはなりません。
この辺の認識の違いが各チームや選手で差異があるのが面白いですね。


投稿: area71 | 2007年10月23日 (火) 06時02分

やっぱり!栗原はパイオニアの時の方が速いトス打ってたんスね。
グランプリ見てて、なんか遅いな~って。こんなだっけ?って凄い違和感あったんスよね。
これで謎が解消されました。どうもです。

ちなみに全日本はこういうデータって取ってるんですかね。男子はやってた気がするけど。
速さを追求してるはずの女子だから、当然やってるんだろうなぁ・・・

投稿: ブッシュ | 2007年10月24日 (水) 06時54分

 排球の、『全日/女子』は灰汁迄も「加奈マチ(?)」で居続け無けりゃ往け無い義理でしょうか。 同じぃ『東レ・女子』から、佐藤美耶とか、他の陣営ン為るけれど『レオ』様トカ…己は『加奈』も『絵里香』も、辞めた『真理』
も大~ィ好きだけれど、「温情」と『冷徹に勝ちに往く』企み?とでは、必ずしも『完璧符合』等は端ッから在り得などし無い筋合?い。

投稿: 勝魂。 | 2007年10月24日 (水) 08時32分

>area71(KEN)さん

右足の具合はいかがですか?

>定義は「高くて速い」ですが、これが両立しないと思っている選手や指導者が多いのに驚くことがあります。

私が経験したB級レベルでは勿論なのですが(それで自分が「浮いて」しまう経験をよくしました)、トップレベルのバレー界でもやはりそうなのですね!?
今回実際に計測して頂いた渡り鳥さんには、本当に感謝・感謝なのですが、このように客観的なデータとして呈示されると、一目瞭然ですよね。しかも、誰でも「やろうとさえ思えば」出来るような簡単なことなのに、如何に「科学的な」観点が日本のバレー界には欠けているかという、良い例を呈示できたのではないかと思っています。

投稿: T.w | 2007年10月27日 (土) 22時06分

>ブッシュさん

こんばんは。

>速さを追求してるはずの女子だから、当然やってるんだろうなぁ・・・

ははは、皮肉ですか(爆)。「はやさ」の意義を「タイミングの『早さ』」でなく、「トスのスピードの『速さ』」と勘違いしている方々ですからねぇ(苦笑)、スピードメーターで「トスのスピード」でも計ってたりして(爆)。

投稿: T.w | 2007年10月27日 (土) 22時53分

こんにちは。

なるほど「高くて速い」ではなく「高くて早い」なのですね。
勉強になりました。

私のようなものがお役に立てたのなら、うれしく思います。

投稿: 渡り鳥 | 2007年10月29日 (月) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/16845158

この記事へのトラックバック一覧です: 再掲載:「高くて早い」トスとは?:

» Jump Set & Set from a low point 高い位置からのセット&低い位置からのセット [area71]
Im going to talk about setting. {{{ TRAJECTORY OF THE SET AND ITS AFFECT ON THE SPEED OF THE ATTACK, QUALITY OF COMBINATIONS AND THE AMOUNT OF TIME THE BLOCK HAS TO RESPOND. }}} [[attached(1,center)]] {{{ Jump set 1. The ball has..... [続きを読む]

受信: 2007年10月24日 (水) 21時31分

« お陰で久しぶりに読みましたよ・・・ | トップページ | 『日本女子バレーコンプリートガイド』 »