« ユ〜ウ! チャ・チャ(ワールドグランプリ2007開幕2戦) | トップページ | 男子バレーを見慣れている人間の目(ワールドグランプリ2007 日本-ブラジル) »

2007年8月 7日 (火)

ワールドグランプリ2007 日本-キューバ

ユウヲタ的には、「ひょっとして勝てば、ユウが遂に初ヒロインインタビューか?!」などと思える程の大活躍ぶりだっただけに、残念な結果だった。しかし、キューバを追いつめるチャンスが生まれたのは第3セット序盤の連続7得点の場面だったが、そのセット途中でカルデロンを潰すことが出来た大きな要因は、日本のお家芸とされる「拾って繋いで」の「奇跡的な」ディグではなく、ユウとメグの2人を含めた前衛3枚のバンチ・リードブロックにあった。木村沙織選手のサーブの場面で連続得点が多かったのは、確かに彼女のサーブの狙いが良かったこともあるが、それ以上に今年のレギュラー陣の中で最もバンチ・リードブロックシステムに順応しているパイオニア勢の2人が前衛に揃っているからなのだ(第3セット終盤には、その木村沙織選手のサーブの場面で、高橋みゆき選手に代えてアサコが投入され、キューバのパイプ攻撃に対して見事にパイオニア勢の3枚ブロックが完成した!)。


この試合後の各選手及び柳本監督のコメントが美雁さんのところで紹介されている。


柳本監督が言う「もっと上位のチームに勝つために、詰めていかなければならない」という「チームの約束事や細かいコンビ」とは、組織的バンチ・リードブロックによる3枚ブロックの後のトランジションでの場面で、例えばファーストタッチを竹下選手が行った場合に「誰がトスを上げるのか」という約束事だったり、3枚ブロックに跳んだ前衛のアタッカー陣がトランジションで見せるべき「アタックコンビネーション」のことを指すはずだ。昨年までであれば、ファーストタッチを竹下選手が行った場合には、(オポジットに配された)高橋みゆき選手がトスアップを行うという「約束事」が、ワールドグランプリの頃には既に徹底されていた(その「約束事」に慣れていなかった石川友紀選手が、試合中高橋みゆき選手と交錯した、ということを昨年のワールドグランプリの頃に指摘した)。ところが、今年はこのワールドグランプリの時期になっても、まだそういった「約束事」が徹底されている様子が感じられない。確かに高橋みゆき選手がトスアップしている場面が多いが、昨年までとは違って非常にぎこちない。明らかに練習不足のようで、竹下選手も迷いながらディグを行っている。これは、昨年までとは違い、組織的バンチ・リードブロックを導入し始めたからに他ならない。新しいバレー戦術を採り入れようとしたために、昨年までならば疑問を挟む余地の無かった「約束事」を、一度白紙に戻さなければならなくなっているのだ。さらに、木村沙織・高橋みゆき両選手のスパイクの調子が昨年までに比して上がらないように見えるのは、(確かに体調不良もあるかもしれないが)昨年までならば、ラリー中にブロックに「参加せず」(悪い言い方をすれば「サボって」)トランジションでの攻撃のための助走に入ることが出来たはずなのに、今年はそれが許されないから、という側面もあるはずだ。


開幕3戦を見る限り、昨年までの全日本女子の勝ち方とは明らかに違ってきている。カザフスタン・ドミニカ戦については、「相手チームがのミスに助けられた」という見方をしているファンが多いようだが、同じ「相手のミス」でも昨年までは「奇跡的」ディグで「拾って繋いで」、それで相手が焦れてミスを出すというものだったが、今年は違う。開幕3戦を見て、いかにも日本らしい「奇跡的」ディグなどあっただろうか? ラリーすら余り続いている印象はない。なのに相手がミスを出すのは、組織的ブロックでプレッシャーを与えているからだ。


前回の投稿でリンクさせてもらった『千酔亭日乗』に、前衛3人が「バンチ」で構える姿が写真で紹介されている。
また、いつもおなじみの『女子バレー三昧』には、昨年までの全日本女子ではほとんど見ることの無かった木村沙織・高橋みゆき両選手の参加した3枚ブロックの写真が紹介されている。


勿論、まだ3試合を見ただけであり、うがった見方をし過ぎているのかもしれないが、今週末以降の試合でも同じ方向性が見えるのであれば、今年は久々に非国民で居ずに済むかもしれない、と思い始めている。


p.s.: バレーの国際大会のテーマソングには、どうして必ずと言っていいほど「奇跡」という言葉が歌詞に含まれてのだろうか??

|

« ユ〜ウ! チャ・チャ(ワールドグランプリ2007開幕2戦) | トップページ | 男子バレーを見慣れている人間の目(ワールドグランプリ2007 日本-ブラジル) »

コメント

 「知さん」や「天「心」「メグ」のレベル基準な『アスリート』達が「火事場の糞度胸」を出して『強敵』にさえら起ち向い得得る、臨床心理学的な「最大要因」。「動機附」は「向上心」丈!

投稿: *㊤希望失っちゃ駄目?* | 2007年8月10日 (金) 07時35分

庄司さんはすごい。リバウンド3位か

投稿: とつとつ | 2007年8月11日 (土) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/16032137

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドグランプリ2007 日本-キューバ:

» ワールドGP キューバ戦にて [千酔亭日乗]
当blogはここ数日、異常なアクセス数を記録しております。ここ1~2ヶ月の 平均的な数は230~240くらいなんですが、その2~3倍に達しています。 よそのblogから記事中リンクをしていただいたり、画像検索で特定の写真が やたら引っかかっているようです。まあ、ありがたいことで..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 22時33分

« ユ〜ウ! チャ・チャ(ワールドグランプリ2007開幕2戦) | トップページ | 男子バレーを見慣れている人間の目(ワールドグランプリ2007 日本-ブラジル) »