« アサケン、やったね! | トップページ | ユ〜ウ! チャ・チャ(ワールドグランプリ2007開幕2戦) »

2007年7月29日 (日)

『がんばれ! 全日本女子バレー』

すっかりユウヲタとなっている私としては、買わないわけには参りません。
来週からのワールドグランプリの開幕が待ち遠しい限り。がんばれ! 『ニッポンの超新星』





今年の全日本女子チームはどんなチームになるのか? という問いに、ヨーロッパ遠征から帰国したばかりの柳本監督は「"新・3Dバレー"ができるんじゃないかな?」と答えている。果たして"新・3Dバレー"とは??

また、今年のメンバーにセンタープレーヤー(middle blocker)が多いことについては、「Bキャッチ(=やや乱れたレセプション)からでも、攻めていけるようにする必要がある。何かというと、Bクイックが多くなるということです」と。ということは、今年の全日本女子は、従来のようなセンタープレーヤーがライトに流れるワンレッグ攻撃を基軸にする攻撃スタイルを、遂に脱ぎ捨てるということになるのか?!

アテネオリンピック最終予選で柳本JAPANが見せた"3Dバレー"とは、セッターが前衛でアタッカー2枚の場面で、センタープレーヤー(middle blocker)がライトへ流れるワンレッグに入り、それと絡む形で後衛レフトがパイプ攻撃を見せるというスタイルだった。センタープレーヤー(middle blocker)がBクイックを基軸に攻撃を行うならば、"新・3Dバレー"とはアタッカー2枚の場面で、後衛レフトのパイプ攻撃だけでなく後衛オポジットのライトからのバックアタックも絡める「4枚攻撃」、即ち現在の男子バレーの基本攻撃スタイルのことであろうか?

いずれにせよ、やはりアテネオリンピック当時よりもさらに戦術面で「男子バレー化」を進めない限りは、日本に未来はないことは間違いない。それが今年の全日本女子に見られないようなら、今年も私は(たとえユウ・メグ・アサコのパイオニア勢がスタメンで出ようとも)非国民を貫くことになるだろう。

|

« アサケン、やったね! | トップページ | ユ〜ウ! チャ・チャ(ワールドグランプリ2007開幕2戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/16126704

この記事へのトラックバック一覧です: 『がんばれ! 全日本女子バレー』:

« アサケン、やったね! | トップページ | ユ〜ウ! チャ・チャ(ワールドグランプリ2007開幕2戦) »