« ドキュメント スポーツ大陸・バボChannel#72 | トップページ | "サイドアウト"と"ブレイク" »

2007年6月23日 (土)

だから、ドイツは強いんだってば!

全日本女子は現在、ヨーロッパ遠征中。

今のところ、ドイツと2試合戦って連敗・・・。だからさぁ、世界バレーの時さんざん言ったとおりでしょ! ドイツは強いんだってば! 世界バレーでの主力スタメンだったグリュン・フュールスト・トゥムらが出ていないからって関係ない。なぜなら、ドイツは決して、「特定の選手」の「個人技術」に頼った戦術を採っているチームではないから。

パイオニアの元スタッフのブログに、その試合の模様が動画で紹介されていた。
「日本のデータを詳細に公開すると支障が、、、」全くもってその通りなので、ドイツチームのレセプション場面をドイツチーム側のエンドから撮られた映像で数シーン紹介されているが、そこから読み取れることは・・・


・・・全日本女子の配列は、バックオーダーに戻っている!・・・

・・・メグのスパイクサーブは、ドイツの堅いレセプションを乱している!・・・


残念ながら、映像からアサコとユウのプレーは伺えなかったが、情報によれば2戦目は2人とも出場機会があった様子。見てみたい全日本女子のセンター対角を務める「あちゃとユウ」。


・・・因みに、ワールドリーグを戦っている全日本男子の今年のセンター対角は「トミーとマツ」(爆)・・・

|

« ドキュメント スポーツ大陸・バボChannel#72 | トップページ | "サイドアウト"と"ブレイク" »

コメント

>>・・・因みに、ワールドリーグを戦っている全日本男子の今年のセンター対角は「トミーとマツ」(爆)・・・

トミーもマツも良く知っておりますが、二人とも高校時代はWSでした。マツは岡谷でバックアタックも決めるニヒルなエースでした。彼は大学に入って、センターにコンバート。トミーは全日本ジュニア時代の監督の提案で、コンバート。しかし、二人ともシニア代表まで駒を進めました。

私的な不満は二人ともスイングフォームが悪いこと。マツは窮屈そうな打ち方ですし、トミーはいつみても当たり損ねのような印象を受けます。アメリカの二人のセンターの胸のすくようなサーキュラースイングを見ていると見劣りがします。今、上げている朝長選手が非常にセンターの使い方が上手いので通用しておりますが、マークがきつくなると二人とも今の決定力を発揮できるか疑問です。

世界的に男子の190センチ台のセンターはきつそうです。三橋栄三郎選手のような超人的なセンスがあれば別ですが。ワールドカップではノブコフとヤマコフが呼び戻されるのでは?

チラシの裏の書き込みでした。

投稿: オリビア | 2007年6月24日 (日) 21時48分

ドイツ、去年の世界バレーで生で見て好きになりました。
監督が代わってから強くなってきたんですかね。
組織的なブロックがすごいなーという印象があります。3枚ブロックになる確率が高い。
今年のワールドカップで日本に来てくれるのを期待してるんですよね。
激戦のヨーロッパ予選を勝ち進んでくれないかなぁ。
あ、でもオランダにも来てほしいし・・・。
FIVE推薦枠なんてやめて、ワイルドカードシステムとかやってくれませんかねぇ。

投稿: マツ | 2007年6月24日 (日) 22時07分

suis annexさんの情報をお待ちしておりました。月刊誌では海外の情報がかなり希薄です。どうやって情報収集をされているのですか。教えていただけたら幸いです。
オリビアさんのサーキューラースイングのコメント私も同感でした。とくに、トミー選手のジャンピングサーブのスイングが滑らかにかつ力強くなることを期待します。

投稿: バッキー | 2007年6月26日 (火) 08時17分

はじめまして。
「トミーとマツ」、おもしろかったので、紹介させていただきました。
オリビアさんのコメントも興味深かったので、ブログの方で取り上げさせていただきました。
こちらのコメント欄に書くと長くなりそうでしたし……
富松さんは東海大では3年の春までWSでした。
3年の秋は確かに「いつみても当たり損ねのような」感じでしたが、その後はそうでもなかったかと……

投稿: moto | 2007年6月27日 (水) 13時40分

 目先の、捏造人気と心中?『日本バレー』殿。 此方。当面は「チーム減」覚悟で、「プロ化」で抜本的に強靭な組織に移行スッカ。己は後者!

投稿: 真申 | 2007年7月 1日 (日) 19時55分

皆様、いつもながらレス遅れました・・・m(_ _)m

密かに「噂のセンター・トミーとマツ」は前々から書こう書こうとタイミングを見計らっていたんですが(爆)


>オリビアさん

松本選手がウイングスパイカーだったのは私も知りませんでした。貴重な(オールドな(笑))ネタをいつもありがとうございます。確かに私も190cm台のミドルブロッカーはきついと思いますね。だって女子でももっと高身長のミドルブロッカーがざらにいる位ですからね。


>マツさん

エリツィンカップの決勝ご覧になりましたか? オランダ見違えるようなチームになってきていますよ! ヨーロッパは本当にレベルが高い!

因みにエリツィンカップで何より残念に感じたのは、日本のブロッカー陣がヨーロッパ勢のチームのセッターが難なく普通に上げるネット際のジャンプトスに対して、ことごとく「ツーアタックあるいは、直接自チームにボールが返ってくる」と思ってブロックに跳んでしまって、結果的にその後の攻撃がノーマークに近い状態になってしまっていたことです。Vリーグでは、長身のセッターに相対することが少ないことが影響していると思います。男子のプレーヤーを相手に練習することは多くても、大抵その男子はアタッカーだけなんでしょうかねぇ。セッターこそ、男子並みに長身のプレーヤーを相手に練習することが必要かもしれません。


>バッキーさん

海外の情報は私もそんなにいい収集方法を持っているわけじゃないです。皆さんがご存じであろうような有名どころの掲示板やブログを覗いているだけで、、、。


>motoさん

初めまして。トラックバックありがとうございました。motoさんのブログも、以前何度か覗かせて頂いたことがあります。当ブログでは男子のネタは少ないですけど、少ない分「濃い」内容を書くことが多いと思います(爆)。また、よろしければ当ブログを御贔屓にお願いします。

投稿: T.w | 2007年7月 6日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/15535395

この記事へのトラックバック一覧です: だから、ドイツは強いんだってば!:

» [VBall]転向したひとびととソレを見る眼 [/ja あやつる YmrDhalmel]
噂のセンター・トミーとマツは両方ともサイドからの転向組だったのか〜、と、こちらを読んで今更(ほんと、記事の本題に関しては、いつもながら非常に参考になる)。トミーはかすかに覚えているが、マツのほうはセンターしか知らん(まぁ見逃していた時期が多々あるのでアレ... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 22時07分

» 「トミーとマツ」と笠間さん [楽しく考える男子バレー]
「富松さんと松本さんと笠間さん」というタイトルで書こうと思っていたら、楽しい記事を見つけたので。(笑) いつもお邪魔している/ja あやつる YmrDhalmelの転向したひとびととソレを見る眼 で紹介されているこの記事 の最後とコメントのところ。 私も松本さんのWS時代... [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 13時27分

« ドキュメント スポーツ大陸・バボChannel#72 | トップページ | "サイドアウト"と"ブレイク" »