« 突然ですが男子V・プレミア、、、(「高くて早い」トスとは?)・その1 | トップページ | 今シーズンの4強 »

2007年4月 2日 (月)

突然ですが男子V・プレミア、、、(「高くて早い」トスとは?)・その2

「はやい」トスがなぜ要求されるのか? これは、バンチリードブロックシステムを切り崩すためである。「バンチ」のためにネットの中央付近にブロッカーが集まっており、かつ「リード」ブロックを行うために、トスが上がってからブロックに跳びにいくシステムであるために、バンチリードブロックシステムを敷くチームは、両サイドのアンテナぎりぎりに向かって上がる「はやい」トスには弱いはずである。「はやい」とはトスされるボールの「スピードが速い」という意味もあるが、「リード」ブロックシステムを意識する場合にはトスが上がってからアタッカーがスパイクヒットを行うまでの「時間が早い」という意味が大きい。しかし、国内レベルではともかく世界レベルにあっては、ただ「はやい」だけではバンチリードブロックシステムを切り崩すことは出来ない。なぜならば世界レベルにあっては、ブロッカーはブロックに跳ばなくても(ジャンプしなくても)ネットの上に手が出るくらいの高さがある。即ち、セッターがトスを上げてからアタッカーがスパイクヒットを行うまでの時間が「早く」ても、スパイクされたボールのネット上の通過点が低ければブロッカーにワンタッチを取られてしまいうるのである。従って、世界レベルにあってバンチリードブロックシステムを切り崩すためには、「高くて早い」トスが要求される。イタリア・セリエAリーグを経験し、そのことを誰よりも肌身で感じているはずの加藤陽一選手が、セッターに対してそのようなトスを要求するのは至極当然のことであるが、日本のV・プレミアリーグプレーヤーでそのことを意識しているプレーヤーは残念ながら少数であろう、、、。この試合、彼が活躍した背景に丹山選手のトスがあると書いたが、丹山選手は以前、加藤選手を特集したNHKの番組『ドキュメント スポーツ大陸・帰ってきた貴公子〜バレーボール 加藤陽一〜』の中で、加藤選手に「世界を相手に戦うにあたって」何を意識してプレーしなければならないのか? について指導されていた、まさに当事者だったのだ。今シーズン、途中出場してもあまり目立った活躍が(スパイク面で)出来ていなかった加藤選手だったが、それはこれまでJTの正セッターを務めることが多かった選手のトスが「高くて早い」トスでなかったことが影響していると言ってよい。

現在のV・プレミアリーグにあって、「高くて早い」トスを安定して上げられる(あるいは、それを少なくとも意識して上げようとしている)セッターは、私が見ている範囲では男子であれば(セッターとしては性格面で問題があると個人的には思うが)パナソニックの宇佐美選手、女子であればパイオニアのユキと久光製薬の橋本選手が挙がる。世界レベルで言えば、リカルドは勿論として、ブラジル女子ナショナルチームのフォフォンもそうである。だからこそ、「ユキのトスがフォフォンのそれにダブって見える」のだ。

いつも通り、パイオニアの話に戻すと、ユキがリーに上げるレフト平行トスと、レオ・メグに上げるレフト平行トスとでは、一見すると全然タイプの違うようなトスに見える。しかし、トスされたボールの描く放物線軌道の「頂点」を意識して見てもらえば、両者が何ら変わらないトスだと気づいてもらえるはずだ。ただ、リーとレオ・メグでスパイクヒットの位置の「高さ」が違うだけの話だ。レオの決定率が極端に低くなる試合(第3レグの武富士戦など)は、ユキのレフト平行トスの軌道の「頂点」がアンテナより随分手前にあって、ライトブロッカーのブロックが完成する前に上からあるいはさらにアンテナよりのストレート側からスパイクを打ち込めない時である。逆に彼女の決定率が極めて高い試合(第3レグの久光製薬戦など)は、ユキが安定して「高くて早い」トスを繰り出せている時である。

加藤陽一選手が好きなうちの父親が、現在の全日本女子の正セッターのトスが気に入らないのは、尤もなことである。

|

« 突然ですが男子V・プレミア、、、(「高くて早い」トスとは?)・その1 | トップページ | 今シーズンの4強 »

コメント

いつもうならせるコメント筆舌にしがたいものがあります。始点と終点が直線になるようにするにはフォロスルーが、親指を送り出して尺屈する形がよいと思います。しかし、春高の東龍、滝井のセッターは高速平行は手首を掌屈させていたように思いました。シーガルズの岡野選手、小菅選手もそんな感じでした。

投稿: バッキー | 2007年4月 3日 (火) 08時00分

初めまして!私も、お父様と同じで現在の全日本女子のセッターが気に入りません。
TV等で常に、速くて正確なトスだとか言われてるのが尚、気に入りません(笑)何故言われるのか解らない。演出の為なんでしょうね。ただ、大山加奈のファンではないです(笑)好きな方ですが、今の段階では・・・。色んな面で成長を期待しています。特に精神面。
同じく内田、橋本が良いと感じます。
橋本もこれからもっと成長していくんでしょうね。
又、覗かせていただきますので宜しくお願いします。

投稿: Syouta | 2007年4月 6日 (金) 18時34分

 お晩です。この解説お待ちしておりました。

 何かのインタビュー記事で、佐々木さんが、自分のアタックの成績がどうなのかは自分だけのせいではない・・・みたいなことを言っていました。口下手だという彼女が、自分のアタックが悪かったらそれはトスのせいでもある・・・などという表現にならないように相当注意しながら話したんだろうなぁ(笑)と。現役アタッカーがトスのことを語るのは、セッター批評にとられかねず、それは本意ではないでしょうから、難しいのかも知れませんね。

 試合の記録には「アタック決定率」などが載っていて、そのことではアタッカーだけが批評の対象にされ、セッターの評価は漠然としているか無視されていると思います。中でもトスの批評がきちんとなされているもの、的確に言い表されている評論は、私はほとんど読んだ記憶がありません。

 「あのセッターのトスは早い」というホメ言葉を目にすることがありますが、早くするだけなら誰でもできるだろう?と思っていました。そうじゃなくて、アタッカーがもっとも力を発揮できる高さに、早く且つ打ちやすくボールを届けるトス、それはアタッカーのヒットポイントにトスの軌道の頂点を合わせること、ですか。なるほど~。

 確かに、佐々木さんのスパイクシーンを思い起こしますと、そこで彼女が打っているトスはハイセットではなく、そういう球質だというイメージです。それが内田さんのトスなんですね。

投稿: one of No.33 | 2007年4月 8日 (日) 00時36分

おひさしぶりです。

「高くて早い」トスとは?
を話題に上げてくるとはさすが管理人さんです。

実は私も「高くて早い」トスとは?と聞かれると
うん??だったのですが、読んでいくうちに私が現役(実は管理人さんより年取ってます)のころによく、バレーの試合の解説や指導の際に言われていた「平行トスに伸びが無い」という表現に非常によく似ています。「低くて早い」はトス自分が打とうと思っている地点までトスが伸びないので手打ちで迎えに行って打つ状態、もしくは打点を下げて打たないとならないトスのことでよろしいですか?

以前(15年ぐらい前の話ですが)日本リーグ男子の試合でレフト平行のトスがスパイカーの指先をかすめて行った場面がありましたが、最近はこんなシーン全く見ませんよね。日本バレーは退化したのかな?と寂しく感じます。

個人的な意見ですが、「高くて早い」トスの利点を生かすためにはスパイカー個人の技術(打てるポイントに球がある時間は非常に短い)も必要ですし、さらにチームとしても「高くて早い」トスが活きるための戦術(以前に管理人さんが指摘されていたように片側のサイドだけなら、ブロックを寄せられてメリットが消える)を組む必要があると思います。最低この2点があって初めて「高くて早い」トスの真価が発揮されるのだと考えています。単にセッターが「高くて早い」トスをあげれるだけでは決してスパイク決定率も上がらないと思います。

この点について管理人さんはいかがお考えですか?

佐々木さんが、自分のアタックの成績がどうなのかは自分だけのせいではない・・
の発言の真意は何なんでしょうか?
もし、トスのことだけを言っているのなら少し寂しい気もします。

私ごときが言って何ですが・・・

投稿: kgcci | 2007年4月10日 (火) 23時06分

 横から、になるかも知れません。失礼します。
 前に雑誌のインタビュー記事で読んだ佐々木さんの発言を、うろ覚えの不正確な記憶に基づいて紹介してしまったことを反省しているところです。もしかして誤解を生むきっかけを作ってしまったのか?と。

 彼女が何を指して言っていたのか、「>トスのことだけ」なのかどうかはわかりません。トスのことも含まれているのだろうと私は思いましたが、しかし仮にトスのことも含めて言っていたのだとしても、セッター批判(責任を他人のせいに)していたのではないと認識しております。「自分が決められなかったら、それはトスのせいである。」などというニュアンスではありませんでした。あるいはまた逆に「自分はどんなトスでも決められるほど上手くはない。」と、変にへりくだった意味合いでもないと思います。バレーボールはチームプレー・連係プレーの連続で、ひとりで何ができるものではない・・・という趣旨だったろうと思います。


 でも何と言いますか、また余計なことを書くようですが・・・、現役プレーヤーがチームスポーツの中で連携のこと(アタッカーがトスについてとか、セッターがレセプションについて等)に言及すると、いやでもどこかに批判的なニュアンスが含まれてしまいますよね。誰かを賞賛したらしたで他の人は相対的に下だと言っていることになってしまうし、ひとのプレーをどうこう言えるほどオマエはエライのか?と必ず突っ込まれるし。勇ましく「決めるのがアタッカーの役目。決められなかったらすべて自分が悪い。」と気概を示すのもいいんですが、これもある意味、当たり障りのない発言かも・・・とも思います。 
 私個人的には、そのあたりについて、賞賛や期待あるいは批判や注文など、率直なコメントがもう少しはあってもいいのではないか?とも思いますが・・・、でも嫌われるんでしょうね。

 以上、主題からズレて、すみませんでした。

投稿: one of No.33 | 2007年4月11日 (水) 23時58分

バッキーさん、Syoutaさん(初めまして!)、one of No.33さん、kgcciさん、難しい話題にコメント頂き、ありがとうございます。

この話題、、、ホントに難しい話題だとは思うのですが、、、ただ、プレー経験のある方もなぜか? 「はやい」トスは「低い」トスだという固定観念が抜けない気がして、結果的に「はやい」トスを打つのは難しい(技術が必要)、という固定観念が持っているように思います。私は、決してそうは思いません。私が定義したような「高くて早い」トスは、スパイクヒットの位置で放物線軌道の「頂点」を通りますから、トスの初速がどんなに速かろうが、スパイクヒットの瞬間にはボールのスピードはその軌道の中で最も遅くなります。私は自チームのセッターにいつも(私の現役時代のポジションはウィングスパイカーです)「アンテナ手前ぎりぎりに『頂点』があって、そこでボールが『止まる』ような」イメージのトスを上げて欲しいと要求していました。何か一見「わがまま」みたいな要求に聞こえるかもしれませんが、「高くて早い」レフト平行トスが見事に上がると、一見そのトスがどんなに「はやく」見えても、クロス方向に体を向けたままで、アンテナぎりぎりで相手のライトブロッカーの右手よりもストレート側を通って、サイドラインぎりぎり内側に強打を打ち込むことが出来たのを覚えています。もちろんそのトスは、クロス・インナーにも打ち込むことが出来ます。

プレー経験のない方にもわかるように説明しますと、同じ助走・スパイクフォームのままでストレートへ打つのとクロス・インナーへ打つのは何が違うかというと、スパイクヒットの位置をネットに対して平行方向に少しずらすのです。ストレートに打つ場合、右利き選手ではトスが左肩の前付近を通過するまで待って、相手のライトブロッカーの右手よりアンテナよりまでトスが来てから打ち込みますが、クロス・インナーに打つ場合は、もっと早いタイミング、即ちトスが右肩の前を通過するより前に打ち込みます。ということは、アタッカーのスパイクヒットの位置は、垂直方向にはそのアタッカーの最高到達点近くで一定としても、水平方向には多少幅があることになりますので、ぴったり「頂点とスパイクヒットの位置が一致」するわけではないですが、頂点がストレートに打つ場合のスパイクヒット位置とクロスに打つ場合のスパイクヒット位置の間ぐらいにあれば、ストレートに打つ場合とクロスに打つ場合のスパイクヒット位置の垂直方向の高さはさほど変わらずに済みます。しかし、トスの頂点がもっともっとセッター寄りにあれば、頂点位置から水平方向に離れれば離れるほど、垂直方向の高さも離れていきますので、ストレートに打とうとすれば、クロスに打つ場合よりも随分とスパイクヒットの位置の垂直方向の高さは下がってしまいます。従ってこの場合は、ストレートに打ってスパイクを決めるためには、敢えて全力でジャンプせずに下から上に向かって打ち上げてブロックアウトを取るなどのテクニックが必要となります。日本の最近の女子バレー界で名プレーヤーと呼ばれる選手達は、みんなこのようなテクニックを持った選手ではないでしょうか? もちろん彼女たちは、全力でジャンプをしても相手のブロッカーの上から打つような高さがないために、それを補おうとして自然とそういうテクニックを身につけるわけですが、本来ブロッカーの上から打てるような高さを持った選手が、そのようなテクニックを身につける必要があるのでしょうか?

これは以前「パワーバレー」を話題にした際にも書いたと思いますが、日本のバレー界、特に女子バレー界では、「高さ」と「はやさ」は両立しないもの、と思われている気がしてなりません。「高さ」のない日本人が世界と対等に戦うためには「はやさ」が不可欠であり、そこでもてはやされるアタッカーは先ほど説明したようなテクニックを持った選手です。従って、セッターはそういった「高さ」のないアタッカーのテクニックを最大限に活かせるトスを上げようとするのです(その昔、バレーボールの技術指導書には大抵、トスを上げるときには「バックスピン」をかけるようにトスを上げなさい、と書いてあったように思います、、、そうすれば、トスが放物線軌道の「頂点」を超えても高さが落ちて行きにくいと。最近はそういう指導は廃れているのでしょうか? それがバッキーさんの仰る、手関節の尺屈・橈屈の指導にも繋がっているのかも?)。そこに稀に「高さ」を持った大型選手が現れると、その選手はそういったトスを打ちこなせませんから、セッターは途端にハイセット(2段トス)のトスを上げようとする結果になり、だから「高さ」と「はやさ」は両立しない、という結論になってしまいます。そして、「高さ」のない日本人が世界と戦うために不可欠な「はやさ」も、「低くて早い」トスでは、世界の強豪相手には結局ブロックで「上から押さえ込まれてしまって」通用しないという現実も、バレーファンならこれまで何度もイヤと言うほど目の当たりにしてきたはずです。

何か、今ひとつすっきりしない説明になっている気がしますが、、、私が言いたいのは「高さ」と「はやさ」は両立しうる、ということです。「高くて早い」トスを打ちこなすのには、上述のようなテクニックは必要ありません。相手のバンチ・リードブロックシステムを切り崩すための「高くて早い」トスですから、「クロスに向いたまま(レフト平行ならば)相手のライトブロッカーの右手よりアンテナよりのストレートに打ち抜く」技術が必要なだけです。「はやい」トスであってハイセット(2段トス)ではない以上、(現在のバレー界での最高レベルである、ブラジル男子ナショナルチームを想像して頂ければわかるように)アタッカーはセッターがトスアップを行う前に助走をスタートします。ですから、アタッカーはセッターが確実にスパイクヒットの位置にトスを届けてくれると信じて助走に入るしかないわけで、あとはセッターの技量にかかっています。one of No.33さんが引用された、佐々木選手のコメントがどのような文脈でなされたものなのか? 私にはわかりませんので、本当のところは何とも言えませんが、一般論としてセッターのトスに問題があるケースがあるのは客観的に見ていて事実であり、今回の投稿で書かせてもらった加藤陽一選手がそのいい例だと思います。(投稿で記述したJT対堺戦ですが、途中から小川選手が德元選手に代わって登場した場面があり、kgcciさんが仰る「レフト平行のトスがスパイカーの指先をかすめて行った場面」に近い場面が実際にありました。小川選手のスパイクヒット位置には、その日の丹山選手のトスの頂点はやや高すぎたのでしょう。)

但し、もちろんスパイク決定率に関して言えば、kgcciさんが仰るとおり、それは相手のブロックシステムに対して有効な攻撃システムをアタッカー3枚〜4枚で繰り出せるかどうかに関わってくるわけで、いくら理想的な「高くて早い」レフト平行トスが上がろうとも、相手ブロッカー陣にマンツーマン・コミットブロックで、しかもセンターブロッカーがコミットでレフト平行をマークできる状況を作り上げてしまったら、そうそうアタック決定率は上がるものではありません。

投稿: T.w | 2007年4月12日 (木) 00時23分

この話題が盛り上がること自体が私にとっては大変うれしいです。

管理人さんは「速いトスは打つのが難しくない」と言っていましたが、「速いトス」自体、打てるスパイカーと打てないスパイカーがいること自体、「速いトス」が打つことが難しいことを示唆していると思うのです。管理人さんも「そこに稀に「高さ」を持った大型選手が現れると、その選手はそういったトスを打ちこなせませんから・・」と書いているので、「速いトスは打つのが難しくない」と言いきるには少し矛盾があるような気がします。

「高くて早いトス」をあげられないセッターが悪いと言う論調のように書かれているようなので、情けないレベルですが、ここはセッターの立場から言うと、「高くて早いトス」をあげたくても、怖くてあげられないスパイカーもいる(いた?)ことも知っていてほしいと思うのです。one of No.33 さんが書いていたように「アタッカーがもっとも力を発揮できる高さに、早く且つ打ちやすくボールを届けるトス」をセッターは上げるようにするので(かつ決定力も加味して)それが「高くて遅いトス」になる場合もあるし、「低くて速いトス」になる場合もあるのです。高さがあっても、打つ地点に来るのが遅いスパイカーには「高くて速いトス」は怖くて上げられず、早くするなら「低く」していました。「低く」することで時間的な余裕を稼ごうと言うわけです(スパイカーが自分の最高到達点に達する前に打ってもらう)。

セッターとスパイカーの両者の(ついでに言うとfirst passの精度)協力があって初めて「高くて速いトス」が使える状態になるのです。

あと、私自身は「トスを上げるときには「バックスピン」をかけるようにトスを上げなさい」と指導を受けたことはありません。また、国際試合でも意図的に「バックスピン」をかけてトスを上げているセッターを見た記憶がありません。指導書では見たことはあるのですが、実際にしてみると球の勢いをコントロールするのが困難です。出来る限りボールの回転をなくして、トスのスピードを上げれば、空気抵抗が最大になりますから、あることろで「ブレーキ」がかかった状態になるかな?と思ってトスを上げていました。

one of No.33 さん、私が間違って発言意味を理解していたのかもしてません。スパイカー、えてしてエースと呼ばれる選手は、よくトスに文句を言ってきたのついついそう思ってしまいました。

この手の話題をまた期待しています。

投稿: kgcci | 2007年4月12日 (木) 23時14分

>kgcciさん

現役時代はセッターでらっしゃったんですね! セッターの気持ちというのは、本音の部分でアタッカーにはわからない部分もあるのだろうと思います。貴重な御意見をありがとうございます。

まず、一つ確認しておきたいことは、私は「早い」トスはすべて打ちやすいとは書いたつもりはありません。表現が曖昧であったとすればすいません。「低くて早い」トスを打つのはテクニックが必要で、打てるアタッカーとそうでないアタッカーが分かれると思います。自身の最高到達点でない位置でスパイクヒットを行いますから、「トスに合わせる」といった感じで助走を行います。今シーズンで言えば、JTの谷口選手はこのテクニックを見事に身につけたと言っていいでしょう(ほとんど「一歩助走」に近い状態で打っています)。一方、高さを売り物にし、かつ、自身の最高到達点に達するのに「助走開始から」時間を要するアタッカーにそれを要求するのは難しいでしょう。全力でジャンプしないと持ち味が発揮できませんので、そのジャンプの助走に時間を要するならば、「トスに合わせて」助走を開始したのでは間に合いません。東レの大山選手が、その例になると思います。

しかし、「高くて早い」トスに関しては(もちろんセッターとの「息を合わせる」練習は必要ですが)基本的にはどのような選手であっても、打ちこなすことは出来るはずだと私は思います。パイオニアの佐々木選手を例に挙げますと、彼女も大山選手同様、全力でジャンプをしなければ持ち味が発揮できないタイプだと思いますが、彼女はセッターがトスアップを行うよりも時間的に遥かに前から助走(3歩助走)を開始します。そうすることによって、セッターがトスアップを行う瞬間からスパイクヒットまでの時間を短く(早く)しています。その代わり、トスアップよりも遥かに前に助走を開始しますので、「トスに合わせる」などということは出来ません。つまりはクイック攻撃と同じような感じです。この場合は、助走開始からスパイクヒットまでに時間を要するアタッカーでも、助走開始のタイミングさえ掴めば(つまり、助走開始からスパイクヒットまでに自身が要する時間から、トスアップからスパイクヒットの位置までトスが飛んでくるのに要する時間を引いた分だけ、助走開始を早くすればよい)、理論的には打ちこなせるはずです。但し、この場合は「トスアップからスパイクヒットの位置までトスが飛んでくるのに要する時間」が大きく狂うとスパイクヒットが難しくなりますので、それだけセッターに課せられる責任は重大となる一方で、少々タイミングがずれてもスパイクヒットの位置を逆にアタッカー自身がずらして、スパイクを決められる選手は、能力がより高く評価されます。世界の男子バレーはすべからく、この次元でバレーが展開されていると思います。

別にセッターを責めるつもりはありません。kgcciさんのように、「高くて早い」トスの存在を知っていて、それを上げたいという意識があるセッターなら問題はないと思うのです。あとはアタッカーと時間をかけて息を合わせれば(コンビネーションを合わせれば)いいのです。しかし現実には、「高くて早い」トスという概念が端から頭の中に存在しないプレーヤー(セッター・アタッカー含めて)及び指導者が多い気がするのです。「『高くて早い』トスを上げられない」、のではなく、「『高くて早い』トスを知らない」のが問題だと言いたいのです。

投稿: T.w | 2007年4月14日 (土) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/14490883

この記事へのトラックバック一覧です: 突然ですが男子V・プレミア、、、(「高くて早い」トスとは?)・その2:

« 突然ですが男子V・プレミア、、、(「高くて早い」トスとは?)・その1 | トップページ | 今シーズンの4強 »