« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月21日 (水)

それは無謀じゃないですか?(パイオニア-日立佐和)

試合開始時間が前日より早いことを計算しつつ、ただ距離的には前日より近いことを考慮して、前日より少し早い程度に出発したが、到着してみてビックリ! 何と準備された駐車場がすでに全て満車だというのだ! 前売りチケットの売れ行きから考えれば、どの程度駐車場を準備しなければならないかぐらい、容易にわかるだろうに。駐車場を仕切っているガードマンのおじさんは、ただ「満車です」といって体育館へ入ろうとするのを制止するだけで、「代わりにどこそこの駐車場に行って下さい」とかいうようなことは一切しない。地元のただの通りすがりの人に「バレーか? どこが来てるんや? えらい人(の多さ)やなぁ」と聞かれて、「えーと、JTとSHARPと・・・」


・・・しゃ、シャープ?!・・・


まぁ、チーム名など知らなくても仕方あるまい、と思いつつ、気持ちを切り替えて近くの大型スーパーマーケットの駐車場へ(目立たないよう)停めて(勿論、そこで昼食や飲み物もちゃんと買ったうえで)、すでに会場前の空間を埋め尽くしていた観客の長蛇の列に並んで、(ほぼ定刻どおりの)開場とともにアリーナエンドの(最前列でない)席を何とか確保したが、ひな壇のない座席並びのため、あまり見やすい席とは言い難かった。


2レグでの日立佐和戦で苦戦を強いられたことは、以前に書いたとおりだが、その流れから考えて、この日のパイオニアが試合開始早々、ユキがリーのBセミへトスを上げたのは、至極自然なことであろう(NHK BS1の中継をビデオ録画されてらっしゃる方は、ご確認下さい)。その直後、メグのサーブが回ってきて、そこで目にした光景に私は一瞬自分の目を疑った。


・・・ち、ちょっと待てよ、、、え?! ホントに山城(選手)レセプションフォーメーションに入るの?? それもよりにもよってメグのサーブの場面で!?・・・


結果は言うまでもなく、見るも無惨な結果だった、、、。それは無謀というものじゃありませんか? 他のローテーションでは彼女はレセプションフォーメーションに参加しないのに、、、。

前日より山城選手はスタメンで出場していたようで(松尾選手が故障とのこと)、恐らくパイオニアは、前日のスカウティング(偵察)により、そのことをわかったうえでスタートローテーションを決めていたのだろう。前回の対戦で見られた、松尾選手がサーブを打ち終わった直後のお粗末なレセプションフォーメーションは今回は見られなかったが、あの時のレセプションフォーメーションに対してマミのサーブが炸裂した場面と、今回のメグのサーブの場面が重なって見えた。そして前回同様、やはりそれでも日立佐和はスタートローテーションを回すことが出来なかった、、、。第1セットは相手のレフト陣(井西・山城両選手)を止めきれず、セット終盤の21-22の大事な競り合いの場面でアンラッキーなプレー(アサコのペネトレーション・フォルト)で流れを失い、22-25で落としたパイオニアだったが、そのイヤな流れを断ち切ったのが第2セット早々のメグのスパイクサーブだった。山城選手を庇おうとするリベロの井野選手を、いきなりのサービスエースで崩して試合の流れを取り戻し、セット中盤でユウの一人時間差などで日立佐和のマンツーマン・コミットブロックを翻弄、25-19でこのセットを取り返すと、勝負の第3セットでもレオがレセプションで狙われて崩され、点数的に競り合っていたセット中盤で、メグのスパイクサーブが山城選手を容赦なく襲って流れを掴んだ。このセットからは(恐らくは吉田敏明監督の指示で)相手のレフト陣を止めるために、パイオニアもリードブロックを崩して(第1セットから厳密な「バンチ」は採らずに、ライトブロッカーはリリース "release" して(=バンチから外れて)マンツーマンで相手レフトをマークしていたが、ブロックアウトを取られていた)、マンツーマン・コミットブロックに要所で切り替えを図り、それが成功した。レフト陣を止めきれずにいた試合途中には、ウィズの出場があるか? と思いながら見ていたが、この切り替えが功を奏し、前日に続いて彼女を使う必要性がなくなった。

第4セット、日立佐和がスタートローテーションを回す代わりに、山城選手に代えて菅原選手をスタメンで使ってきたのは理由は手に取るようにわかる。勿論、パイオニアのファーストサーバーとなるメグのサーブに対するレセプション固めのためである。その代わり当然、攻撃力は山城選手が出ているよりは低下するわけで、その時点で私はパイオニアの勝利を確信した。

それは良いのだが、第4セット途中から、私は試合に集中できなくなった。なぜなら(テレビの中継でもよく聞けば聞こえます)場内放送で「スギ薬局とMAX VALUE(体育館近くの大型スーパーマーケット)に駐車してらっしゃる方は、今すぐに車を移動して下さい、レッカー移動されます」と何度も連呼されたからである!


・・・それはないやろ、、、 ホントにもしレッカー移動されたらあんた達の責任やろ!・・・


と心の中で思いつつ、結局試合が終わると同時に(インタビューも聞かずに、イヤ聞けずに)すぐに車の移動のために会場外へ出た。そして、再びガードマンのおじさんとの対決。「満車です」の一点張りのガードマンに対して、「チケット持ってるんですよ! それなのに駐車場がないからって見られないのはおかしいでしょ! じゃぁ、チケット代返して下さいよ!」と嗾けたら「じゃぁ、周りのMAX VALUEとかの駐車場に、、、」って、だからそうしてたら注意されて戻ってきたんだってばっ!
結局、こっちが一歩も引かなかったら、諦めたらしく中へ入れてくれた、やれやれ。


会場運営も酷かったが、この日のNHK BS1の中継も、解説を聞くのが苦痛だった、、、。いつもこの方の解説はそうなのだが、その直前にあったGAORAの放送(グリーンアリーナでの久光戦)の解説が番平さんだっただけに、それを見た後では、あまりにも解説のレベルに差が激しいからだ(久光戦の第4セット、ユウが速攻を決めた後の解説などは、バレーの中継でそうそう聞ける解説ではない、、、あの試合は番平さんの解説があったので、私も何も投稿することがないと感じたくらいの素晴らしい解説だった)。第4セットのスタメンで菅原選手が出てきたことに対する理由をアナウンサーに聞かれて、あんな答えしかできないなんて、、、この方最近ホントによく解説されてますけど、普段(解説しない時に)ホントにバレーの試合見てるんでしょうか??


最近すっかり辛口ですが、それが何か?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ウィズが戻ってきた!(パイオニア-トヨタ車体)

関市総合体育館は、車で行く分には思ったより近かった。

全ての席が自由席のため、エンド側の見やすい席を確保するためには当然、開場時間よりも遥かに早い時間に到着する必要があり、並んで開場時間を待っていたが、如何せん外で長時間待つにはこの日の岐阜は寒かった、、、。

それより何より、当日券を販売するためのスペースがなくて、外にパイプ椅子とテーブル一つを設置して、岐阜県バレー協会の方々が直に販売していたのにビックリした。そんな体育館でVリーグの試合やってもいいんだろうか?

どうやら当日券を販売する関係者の方自身が、外の寒さに耐えられなかったらしく、列をなして並んでいた私たちに向かって「今、予定より早う開けてもらえるように、中の偉いさん方に一生懸命ゴマすってるからよぅ、もうちょっと待ってなー。オマエら(中の偉いさん方のこと)外に出てこの寒さ実際に味わってみろ、ってんだ。」と言ってくれたのが、少し微笑ましい光景だった。そのゴマすりが通じたらしく、予定より30分程前に開場され、無事にエンドの最前列を確保した。小野でもエンドの最前列で観戦したが、小野よりもコートに近い感じがして、パイオニアの各選手達の姿にちょっとドキドキ感を覚えてしまった(苦笑)。

その中に、右手の負傷のためにベンチから外れていたウィズが久々にプレーする姿があった。この時期に彼女が間に合ってくれたのは、パイオニアにとっては心強い限りだろう。残り5試合のうち、下位の上背のあまりない4チームと連戦が続くパイオニアとしては、相手を圧倒する高さを持つ彼女のブロックは重要な武器となるはずだからだ。スパイク練習でも、ようやくセッター陣とコンビネーションが合ってきた印象で、頼もしい限りだった。


一方対戦相手のトヨタ車体。このチームを生で見るのは、ほとんど初めてに近い状態であり、興味深く試合前の練習風景も見ていたが、恐らくは葛和総監督の指導であろう、NEC同様のバンチ・リードブロックシステムを徹底して採り入れ、念入りにパイオニア対策としての、トランジションでのパイプ攻撃やライトからのバックアタックに対するブロック練習を繰り返していた。当然のことながら、その「仮想」パイオニアとして、バックアタックを打ち込むのは男子のコーチ陣だったが、失礼ながら、、、


・・・貴方たちより、レオ・メグが実際に打ってる打点の方が高く見えるけど・・・


と思ってしまった(爆)。

で、実際に試合が始まってみると、、、案の定の展開だった。トヨタ車体の「バンチ」をあざ笑うかのように、ユキは両サイドのアンテナぎりぎりの「高くて早い」*1トスを繰り出し、1セット目序盤から一方的な展開となった。中盤からはレオのパイプが炸裂、トヨタ車体のブロッカー陣は試合前の練習通りに3枚ブロックを敷くも、その上や遅れてきたサイドのブロッカーとセンターブロッカーとの間を見事に抜いて見せた。トヨタ車体も何とか渾身のディグで粘りを見せるが、如何せんトランジションでの攻撃、特に前衛アタッカーが2枚の場面で、パイオニアのバンチ・リードブロックシステムの餌食にあい、あっさり25-16で終了。仕方なく第2セットでは、トヨタ車体がローテーションを3つ回して表裏を完全に入れ替えてくるが、それでもスタートから4−1・10-4とパイオニアの一方的展開は変わらず。終盤でピンチサーバーとして出場した西選手のサーブに崩されて連続失点した以外は、終始一方的展開で25-18。第3セットこそ競った展開となったが、「逆転されても負ける気がしない」といった感じで26-24。1レグでの東レ戦以来の完勝であった。

何より、ウィズを使う必要性を全く感じさせない完勝であったことが大きかった。


*1「高くて早い」トスとは何ぞや? これについては、後日詳しく投稿予定。因みに、加古川での武富士戦でレオの決定率が低かったのは、彼女の不調だったのではなく、ユキのトスがこの「高くて早い」トスに程遠いトスだったことが原因である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

兵庫県バレー協会は酷すぎる!

予定通り、加古川・神戸と観戦してきた。

昨シーズンも確か第3レグに姫路(加古川の近く)・神戸で連戦があり、どちらの会場とも大盛況だったが、それは尤もなことだ。兵庫県と言えば、現在の全日本女子の主力メンバーが所属する、JT・久光製薬の2チームがホームとしている都道府県であるからだ。2年続けてGAORAの中継もあり、全国的にもその盛況ぶりは充分に伝わったことであろう。

しかし、会場運営がいかなるものなのか? は伝わるものではないであろう、、、。兵庫県バレー協会が運営する大会は、あまりにも会場運営が酷い! のだ。

まず、会場に入るための入り口がわかりにくい。これは今シーズンの開幕戦の尼崎の会場でのこと。尼崎ももちろん、兵庫県だ。そして、会場に入った後、アリーナ席へ辿り着くためにどう進めばいいのか? それを会場係員が全く説明しようともしないし、大きくわかるように書いてある張り紙もない。これは尼崎・加古川・神戸に共通する(神戸については、昨シーズンの観戦時に苦労を経験して以来、アリーナ席への辿り着き方は鮮明に覚えているので、個人的には迷うことはないのだが)。

そして極めつけ、、、それは加古川だ! 朝6時に起きて、9時半には会場入りし、上述の通り、またまたアリーナ席へ辿り着くのに会場内を右往左往した後、ようやくエンド側のアリーナ席に辿り着いた時点では、まだ朝早いこともあって、観客の入りは疎ら状態だった。まったりと見られるのかと思いきや、試合が始まり、徐々にセット終盤の佳境が近づくにつれて、普段ならば気持ちが高まっていくはずなのに、全く試合に集中できない、、、。なぜかって? それは、次々とセット途中に観客がアリーナへ入ってきて、自分の席を探して右往左往するわ、ドンドンと架設の観客席全体を揺らしながら、階段を上がってくるからだ! 確かに、皆さんのお目当ては第2試合のJT(の竹下・宝来・菅山選手)なのかもしれない。それは仕方のないことだが、観戦する上での最低限のマナーとして、試合のインプレー中に観客が客席を動いてはいけない。そんなこともわからない観客も観客だが、それを仕切れない、いや全く仕切ろうとしない会場係員も係員だ! 普通は、途中からアリーナ席に来場する観客に対しては、係員がチケットの座席番号を確認して、しかるべきタイミングで座席に直接誘導するものだ! さらに輪をかけて酷いのが、アリーナの架設観客席の設置の仕方だ。本来は、架設観客席の最後方(即ち一番高いところ)から出入りができるように設置すべきであるのに、出入りが最前列からしか出入りできないようになっているから、途中から自分の席に向かってくる観客と、セット途中で(恐らくトイレに)出ていこうとする観客とが交錯する。その都度、視界は遮られるうえに、座席は激しく揺れる、、、結局最後まで、試合には集中できなかった。もちろん、パイオニアの不甲斐ない試合ぶりも影響しているのだが、試合が終わった瞬間、第2・第3試合を見ることなく、会場をそそくさと後にした。長年バレー観戦をしていて、こんなことはそうそう経験することではない!

もちろん、兵庫県での大会には、想定以上の観客が訪れているために人員のcapacityを超えている、という側面もあるのかもしれない。確かに、同じ兵庫県でも唯一、小野だけは別にこのようなことはなく、非常に快適に観戦できた。小野の観客数は887人に対し、加古川は3,000人を超えていた。しかし、例えばお隣の大阪府も、兵庫県同様にV・プレミア男子の8チームのうち、実に3チームもがホームとする都道府県であるが、このようなお粗末な会場運営は見受けられない。今シーズン、V・プレミア男子のパナソニックのホームゲームも観戦した(ニコロフのサーブは凄かった!)が、実に洗練された会場運営だった。会場内のトイレは全て女性専用とし(男子の場合の観客の男女比率や、相対的にトイレに行く頻度の男女差を考えれば、尤もな運営スタイルだ)、アリーナ内にクロークサービスまで設けられていた(勿論、「パナソニック」という企業のイメージアップ戦略の一環であることは明らかだが)。当然のことながら、加古川のようなマナーをわきまえない観客もいない。現在、男子バレーファンは少なくなっているが、今も男子を見続けているファンは、間違いなく「真の」バレーファンである。一方の女子バレーファンは、完全な「にわか」ファンが多数を占める。単に、観客数だけを見ての「大盛況」という状況にあぐらをかいて、真のファンサービスを疎かにする会場運営では、「真の」バレーファンは会場から確実に足が遠のく。昨年秋の世界バレーの入場料収入が大幅減に終わったのも、頷ける結果である。日本バレー狂会だけの問題でなく、各都道府県のバレー協会も真剣に考えるべきである!

「兵庫県」と括ってしまったが(こう見えても、実家は兵庫県にある、元兵庫県人なのだが、、、)、ひょっとすると、私が足を運ぶ近畿圏内で大阪と兵庫の差が激しいだけで、全国的に見れば実は兵庫レベルが「当たり前」で、大阪だけがレベルが違うのかもしれない。大阪は大昔から、黒鷲旗という極めて特殊な大会を毎年運営している実績・経験があるからこそ、なのかもしれない。このあたりは、是非近畿圏以外の方に教えて頂きたい。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2007年3月 7日 (水)

しっ、しまった!

この土日は、V・プレミアリーグの中継が山ほど行われて、それはそれで良かったのだが、ビデオ2台を駆使してBSとスカパーを撮っているものとしては大変だった、、、。お陰で、土曜日の浦安でのBS中継を撮ったテープを、入れ替えずにただ巻き戻しだけしてその上から日曜日の福岡でのBS中継を撮ってしまうという失態を、、、。先週シーガルズに完敗した久光が、どう立て直して同じ相手に勝利を収めたのか確認したいところだったのだが、それは叶わなかった。ご覧になった方、どうか教えて下さい。

今週末の加古川・神戸での死闘を観戦予定、、、加古川はチケットは取ったものの正直辛いな、、、11時から試合開始とは、、、。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »