« 東京体育館(テレビ)観戦記(その3・パイオニア - 東レ) | トップページ | 小野市総合体育館観戦記〜パイオニア-久光製薬(その2) »

2007年2月18日 (日)

小野市総合体育館観戦記〜パイオニア-久光製薬(その1)

当直明けの強行スケジュールで、車で小野へ向かった。若干無茶かな? と思わないこともなかったが、出かけた甲斐があった試合だった。

第1セット、スタートローテーションは昨シーズンの決勝戦でパイオニアが成功したマッチアップの形。即ち、メグのサーブの際に、久光は後衛センターがセッターの橋本選手となる形。このローテーションで、オポジットの成田選手がレセプションフォーメーションから外れられない(女子型(オポジット=ユーティリティープレーヤー型)のレセプションフォーメーション)ことが、勝敗の決定的分かれ目となったことは何度も説明済みだが、遂に(!)真鍋監督はそのローテーションで、成田選手をレセプションから外すフォーメーション(男子型(オポジット=スーパーエース型))を敷いてきた。
それは恐らく、今シーズンのメグのサーブの威力が昨シーズン程でないことと、今シーズンの久光のここまでのレセプション成功率の高さからくる自信が、真鍋監督にその決断を下させたのであろう。実際、試合序盤はその決断が正しいかのように、レセプションから成田選手の高速ライト平行が繰り出されて見事にパイオニアコートに突き刺さった。
その成田選手の攻撃に代表されるように、お互いに相手チームのバンチ・リードブロックシステムを切り崩すべく、両サイドの早い攻撃にセンター陣の早い速攻とパイプ攻撃を絡めるコンビネーションで、まさに男子バレーレベルのサイドアウトの応酬。その流れの中で、バンチ・リードブロックシステムが機能してブロックシャットが生まれたチームがリードを取る展開。8点まではユウのブロックが出たパイオニアがリードし、16点までは逆にレオを止めた久光がリードしてテクニカルタイムアウト。終盤に差し掛かり、ピンチサーバーで出た徳川選手がサービスエースを決めて21-18と久光がリード。ここでパイオニアの吉田監督は、前衛だったユウをウィズに代える。久光リードのままゲームは進み、パイオニアは更なる作戦として2枚替え(ユキとマイ・リーとユミ)を繰り出す。それによりパイオニアの前衛はマイ・アサコ・レオの3枚、対する久光は前衛アタッカー2枚(フェヘイラ・大村両選手)であり、このレセプションローテーションでは久光の攻撃にバックアタックはなく、レフト側2枚の攻撃のみとなる。それを見越して、パイオニアはレオをライトブロッカーとして跳ばせる戦略に出て、それによって確実にワンタッチを取り、トランジションでマイの高速レフト平行で切り返す形で点数を稼いで追い上げ体制に入ってジュースに持ち込む。ジュースの攻防の中でウィズがフェヘイラ選手のパイプ攻撃をシャットして流れを掴んだパイオニアが27-25で第1セットを先取する。

第2セット、セット終盤の重大な場面で、第1セット同様の戦略に出た吉田監督。上述のローテーションから両チームとも一つ回ったローテーション、即ちパイオニアの前衛がメグ・マイ・アサコの3枚、久光が前衛アタッカー2枚(落合・大村両選手)の場面でも、同じくメグをライトブロッカーとして跳ばせる戦略を採ったが、ここは久光の新セッター橋本選手が冷静に相手ブロッカーのポジショニングを確認し、徹底してマイの前から、即ちフェヘイラ選手のライトからのバックアタックを連続して使い、パイオニアに得点を稼がせなかった。最後はメグのレセプションが乱れて、25-21で久光が取り返す。
しかし、このセットぐらいから、遂に(!)眠れる獅子が目を覚まし始める、、、。昨シーズン、各チームの名だたるレセプションの名手をあれだけ苦しめた、あのメグのスパイクサーブが!

|

« 東京体育館(テレビ)観戦記(その3・パイオニア - 東レ) | トップページ | 小野市総合体育館観戦記〜パイオニア-久光製薬(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/13966407

この記事へのトラックバック一覧です: 小野市総合体育館観戦記〜パイオニア-久光製薬(その1):

« 東京体育館(テレビ)観戦記(その3・パイオニア - 東レ) | トップページ | 小野市総合体育館観戦記〜パイオニア-久光製薬(その2) »