« 結婚してたの!?(NEC - パイオニア) | トップページ | 東京体育館(テレビ)観戦記(その2) »

2007年2月12日 (月)

東京体育館(テレビ)観戦記(その1)

シーズンも中盤に入り、フルセットの大熱戦が続いている。東京体育館での中継を見ながら、ここまでの各チームの戦いぶりをまとめてみた。

まず、東レ。

昨シーズンの決勝ラウンド前にも書いたとおり、以前から若い大型のウイングスパイカー陣の揃っている東レであるが、問題点はレセプションをこなせるウイングスパイカーがいないことであった。昨シーズンはイェレナ選手がその問題点をカバーし、そして今シーズンは途中からレフトに回った木村沙織選手が、一手にその役割を果たしていると言って過言ではなかろう。その彼女の果たしている役割に象徴されているように、実は東レの一番の問題点は、個人技に頼ったバレーを展開する傾向にある点、言い換えれば組織としてのバレー戦術が見られない点と言ってよい。179cmの大山未希選手をセッターに据えて、セッターの大型化、ひいてはブロックの強化を図ったはずの東レだが、実際には184cmの木村沙織選手を含めて、結果には繋がっていないようだ(大山未希選手がセット当たり0.09本・木村沙織選手が0.19本)。それには多分にブロックシステムが組織化されていないことが影響していると思われる。個人技の戦いに持ち込めればある程度の強さを発揮するかもしれないが、リードブロックを採用するチームが増えつつある現状で、果たして4強に残れるだろうか? これからが正念場であろう。


続いて、久光製薬。

予想通り、安定した戦いぶりで首位を走る久光製薬。
し・か・し、昨シーズンの久光と比べて何か見劣りする。それは、開幕当初に書いたとおり、バンチ・リードブロックとそのあとのトランジションである。第2Legに入ってそろそろリーグ中盤に差し掛かっても、どうやらそれは変わらないようだ。

昨シーズンのレギュラー陣と比べて落合選手が狩野(美雪)選手に代わり、レセプションをはじめ安定感を増した感がある一方、やはり落合選手と狩野(美雪)選手ではブロック面で大きな差が出る。個人データとして表れる数字だけではなく、チーム戦術としての組織的バンチ・リードブロックシステムとして、大きな差が出ている気がする。昨シーズン対戦成績で圧倒的優位に立っていた東レ相手に、今シーズンは苦戦を強いられているのには、昨シーズンに比べてブロックシステムの完成度の違いが影響している気がしてならない。

トランジションについては、開幕当初に比べて助っ人のフェヘイラ選手がチームに馴染んで、本来の力を発揮し始めたが、それでもやはり昨シーズンのケニア選手のようにはいかない。もちろんその分を補うために、先野選手の打数が増えているわけだが、これからシーズン終盤、まぁ4強入りは固いとしても、大事な決勝ラウンドに向け、果たしてトランジションでの決定力不足は解消されるだろうか? フルセットの大熱戦では個人技同士の戦いに持ち込まれることも多いであろうが、その場面で果たして力が発揮できるであろうか? それが久光優勝のための鍵になるであろう。


|

« 結婚してたの!?(NEC - パイオニア) | トップページ | 東京体育館(テレビ)観戦記(その2) »

コメント

こんにちは。
丁寧なレポありがとうございます。

土曜日の東レvs久光を観戦してきました。

東レについては何といったらよいのか・・・。
一つだけいえるのは、東レは管理人さんの言うように、大型のWSを揃えてはいない、ということかな。
大山加が戦線離脱しているので、WSで180以上は木村だけ。去年のような、大山加ニコリッチ対角のような高さとパワーはないんですよ(東レって175cm前後のWSが好きですよね~)。

土曜日も勝てる試合かなと思ったのですが、最後に強引なブロードを完全に読まれて西脇が①どシャット、②アウト、になったのが痛かった。

実は先日の東レvsNECも観戦したのですが、そのときに一応私も「今の東レって組織プレーじゃなくて個人技頼みだなぁ」とは感じました。

あと、プレミアを観ていて気になったのは180超のWSがほとんどいないこと。木村、栗原、佐々木、眞、有田くらいですか、日本人では・・・。
でもって、175cm前後にオールラウンドで、センスのよい選手が多いですよね。身長があと、5、6cm高かったら、バレー人生が変わっていた選手が何人もいますよね。谷口隊長とか・・・。

長くなってしまいましたが、最後に一つだけお願いがあります。
「組織的なブロック」というのはどのあたりを観るとわかるのでしょうか?私も日曜のビデオが在りますので、典型的な場面があったら教えていただきたいのですが・・・。

よろしくお願いします。m(__)m

では、今後も渾身のレポ、楽しみにしています。

投稿: ディーラー | 2007年2月12日 (月) 14時39分

>ディーラーさん

こんばんは。いつもありがとうございます。

ディーラーさんはじめとする、東レファンの方には、少し手厳しいまとめかたをしてしまったと反省しています。
確かに仰るとおり、大山加奈選手が戦線離脱している現状として、決して180cm以上のウイングスパイカー陣が揃っているわけではないというのはその通りで、不正確な記述でした(すいません、そういう「イメージ」で何となく書いてしまいました)。

>「組織的なブロック」というのはどのあたりを観るとわかるのでしょうか?

「組織的」といっても、何も「バンチ・リード」が全てではないので、一概に言うのは難しいのですが、、、
ただ、少なくとも東レのセンター陣のブロックの跳び方を見ていると「リードブロック」を心がけているのは明らかです。そうであるならば、現在のV・プレミアリーグ女子の状況では「スプレッド」で構えなければならないような、高速の両サイドの平行トスを打つ選手はごく限られています(久光の成田選手や武富士の吉澤選手など)ので、「バンチ」で構えなければ「リードブロック」の本来のメリットである「2枚・3枚ブロックをきちんと揃える」点が活かせないはずです。その意味で「組織的」とは、両サイドの選手が中央での攻撃に対して「如何に確率高く」ブロックに参加できるように「意識付けして」いるか? さらには、それが可能となるような「戦略的サーブ」を打って、ブロックシステムと連携させているか? ではないかと思います。

日曜日のパイオニア対東レ戦で言えば、例えば第3セットの17-11でパイオニアがリードの場面。東レのサーバーは芝田選手で、東レもパイオニアも前衛アタッカー2枚の状況です。芝田選手はアタックラインより前に落ちる緩いサーブを打っており、これで多治見選手の早い速攻や、ライト側のアンテナぎりぎりまで流れていくワン・レッグ攻撃を封じて、彼女の速攻に2枚(荒木・向井両選手)でリードブロックを行う、ここまでは「組織的」と言っていいでしょう。しかし、そのあとラリーになって、向井選手へ2段トスが上がります。彼女へ2段トスが上がるのは状況的に明らか(他にトスを上げる場所がない)なため、パイオニアは低身長の内田選手をブロックカバーに回して栗原・多治見選手の2枚ブロックをつかせます。これも尤もな戦略です。で、向井選手はその2段トスを打ちきれず、軟打でパイオニアコートへ返すのですが、軟打を打つと決めた時点で、その後のパイオニアのトランジションの攻撃はほぼ絞られるはずなのですが、なぜか彼女はスパイクを打ち終わった後、「バンチ」の位置に戻りません。パイオニアは栗原選手がセンターブロックを跳んだ直後のトランジションですから、彼女のレフト攻撃はあり得ず、従って高い確率で後衛の佐々木選手のパイプ攻撃にトスが上がるはずであり、実際そうなります。そこで向井選手は慌ててブロックに参加しに行きますが、不完全な2枚ブロックになってしまいます。これがもし、向井選手がライトブロックに跳んだ直後の多治見選手へのライト攻撃にトスが上がるのに「コミット」でマークしたために「バンチ」の位置に戻らなかったのであれば、東レサイドから見てライト側ブロッカーである(はずの)中道選手がブロックに参加しなければいけないのですが、彼女は実はネット際にすら近づいておらず、端からブロックカバーに回るつもりの動きをしています。結果的には、佐々木選手のパイプ攻撃が東レに拾われて、逆に東レがトランジションで木村選手にパイプ攻撃のトスを上げて、それがブロックアウトを誘って東レのポイントになるのですが、同じ攻撃(パイプ攻撃)を繰り出しても、パイオニアの方は栗原選手が「バンチ」の位置にすぐに戻っているため、2枚ブロックが完成しています。そして、その直後のプレーも、芝田選手のサーブからしてほとんど同じような展開を辿り、ラリーで今度は荒木選手が軟打をパイオニアコートへ返します。当然パイオニアのトランジションでの攻撃は再び佐々木選手のパイプ攻撃となるわけですが、ここでも向井選手は「バンチ」の位置に戻っておらず、またまた不完全な2枚ブロックとなってしまいます(もちろん、またまた中道選手は端からブロックカバーに回っています)。そして結果的に再び、東レの見事なディグに拾われ、トランジションで向井選手に2段トスが上がるのですが、それに対してパイオニアは3枚ブロックが完成します。

上記のシーンが最も象徴的に、両チームのブロックシステムの差が出ているかなと思います。しかし、最終的な結果はもちろんご存じの通り、東レの連続ポイントとなります。ただ、それは不完全なブロックの間を抜けてきたスパイクを「たまたま」見事なレシーバーの「個人技」によって繋いで、最終的に木村・向井両選手のブロックアウトの「個人技」によってポイントとなった、というだけなのです。

但し、勝負の世界は結果が全てですから、上述の議論はあくまでパイオニアファンの「負け犬の遠吠え」に過ぎません(苦笑)ので、あまり気を悪くしないで下さいネ。

投稿: T.w | 2007年2月16日 (金) 01時10分

大変丁寧な解説ありがとうございます。
何だか余計な手間を取らせてしまったようで、恐縮しています。

さて、ご指摘のシーン何度も観てみました。
なるほど・・・。いままでこういう視点からは見ていなかったので、また一つバレーボールを観る楽しみが増えました。本当にありがとうございました。

p.s.
>あまり気を悪くしないで下さいネ
いやいや、全く気にしてないですよ。(^o^)丿

投稿: ディーラー | 2007年2月18日 (日) 01時03分

>何だか余計な手間を取らせてしまったようで、恐縮しています。

いえ、好きでやっていることですから(爆)、気にしないで下さい(笑)。


>なるほど・・・。いままでこういう視点からは見ていなかったので

昔、高校生の頃、後輩を指導するに当たって、テレビ中継のバレーの試合を見るときには、「敢えてボールを見ないように」とよく言っていました。ボールを見なければプレーは出来ませんが、同時にボールに直接関わっていない選手の動きなどを意識しなければ、いいプレーヤーにはなれませんので。そんなことばかりしてバレーの試合を見ていると、、、私のようになってしまうみたいです(爆)

投稿: T.w | 2007年3月 1日 (木) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/13875670

この記事へのトラックバック一覧です: 東京体育館(テレビ)観戦記(その1):

« 結婚してたの!?(NEC - パイオニア) | トップページ | 東京体育館(テレビ)観戦記(その2) »