« どなたか教えて下さい(パイオニア - デンソー) | トップページ | 結婚してたの!?(NEC - パイオニア) »

2007年1月28日 (日)

妄想・・・@京都府立体育館(パイオニア - 東レ)

京都府立体育館にて、、、試合開始1時間以上前に入ってみると、コート全面を使って東レが練習を行っていたのだが、、、


ん? 合同練習!?


よーく見ると、そんなはずはなかったのだが、なぜそのような誤解をしてしまったのかと言えば、、、
実は、東レの選手達やスタッフ陣が着用していたウインドブレーカーのデザインが、どう見ても「それってパイオニアのパクりやろ!」というものだったのだ! 何か不思議な気分、、、なんかやっぱりパイオニアのデザインだと似合わないなぁ、という選手が多い中、次の瞬間に目がいったのは(パイオニアに入りたがっていたと報道されている)木村沙織選手、、、


結構、似合ってるやん・・・


思わず、彼女がパイオニアに入団していたなら、、、などと妄想が膨らんでしまった、、、


こぼれ話はこの辺にしておいて、試合の内容に話を移すと、、、
吉田新監督の頭の中に、着実に各チームのデータが蓄積してきているな、という印象が色濃く出た試合だった。

パイオニア同様、2連敗のスタートとなった今シーズンの東レ。3試合目からオポジットの木村沙織選手を表レフトに配して、5連勝を飾っていた。彼女をレフトに配したことによるデメリットは、セッターが前衛のローテーションにおいて、バックアタックが使えないために攻撃枚数が2枚になってしまうことである。即ち、セッターが前衛の3ローテーションとセッターが後衛の3ローテーションで、実は攻撃力に大きく差が出来るという「弱点」があるのだが、これまでは表レフト即ち、攻撃力の弱い3ローテーションのうち2ローテーションで前衛となる木村沙織選手の、卓越した「個人技」によってそれをカバーしていたはずなのだ。

しかし、所詮「個人技」は「組織プレー」には敵わない。吉田新監督の指導の下、ついに組織的バンチ・リードブロックを採り入れたパイオニアが、上述の弱点を持つ東レに対してどう戦えば良いか? これは教科書的な問題である。
そう、東レの前衛アタッカーが2枚のローテーション(セッターが前衛のローテーション)で、前衛レフトのプレーヤーをサーブで徹底して狙えばいいのである。即ち、木村沙織選手が前衛の場面で、彼女に取らせるようなネット際に落ちる緩いサーブを徹底して打てば、彼女が高速のレフト平行を打つことは不可能となり、バンチ・リードブロックの「思うつぼ」となる。この日のパイオニアは、この戦略を徹底して実践し、そして彼女の攻撃を完膚無きまでに封じ込めた(彼女のアタック決定率は何と8.7%!)。さらに、その戦略の意図は、この日がV・プレミアリーグのデビューとなった、バックマン(ウィズ)の使い方に象徴されていた。この日のパイオニアは、東レのスタートローテーションと各ポジション同士の選手が完全にマッチアップする形でスタートローテーションを決めており、即ち、東レが前衛アタッカー2枚の場面でパイオニアも前衛アタッカーが2枚となる形となっていた。第1セット序盤、レセプションを乱されてリードを許したパイオニアだったが、セット中盤でリーとユミ・ユキとウィズを交代させる2枚替えを行った。これによって、東レが前衛アタッカー2枚の場面で、パイオニアは前衛アタッカー3枚の状態となり、しかもレフト(メグ・レオ)・センター(アサコ・ユウ)と193cmのウィズによる3枚ブロックを作り上げる形となった。この3枚で組織的バンチ・リードブロックが機能すれば、前衛アタッカー2枚では歯が立つはずもなく、あっという間に連続ポイントで逆転。木村沙織選手だけでなく、東レのウイングスパイカー陣は悉く潰され、そこで勝負あった。

記録上ではパイオニアのブロックは9本(セット平均3本)程度に過ぎなかったが、東レのウイングスパイカー陣がそれ以上の驚異を感じていたのは、コート外から見ていても手に取るようにわかり、まるで全日本女子が世界の強豪国と戦っている姿を見るようであった。パイオニアの組織的バンチ・リードブロックと、それが機能するために欠かせないデータバレー、さらにブロックシステムと連携すべきサーブ戦術は、予想以上にかみ合ってきていると言っていい。

|

« どなたか教えて下さい(パイオニア - デンソー) | トップページ | 結婚してたの!?(NEC - パイオニア) »

コメント

vs東レ戦は、本当に完勝でした。
数字以上にブロックがよくて、東レのサイドアタッカー陣が潰され、東レの特徴でもある「若さと笑顔爆発」ムードがすっかり影をひそめてしまってました。
バックマン選手が入った時には、メグ・バックマン・ユウと並ぶ、“新・パイオニアの壁”に、相手セッターの大山(妹)選手が脅威に感じてテンパってしまった・・・と勝手な想像もしてたりして。
庄司選手は日に日によくなっているというか、彼女の持っている本来の力を発揮できるようになってますね。
あと、リベロのガッツは好レシーブ連発でした。
これはスタメンリベロ争い一歩リードかなぁと。
リーさんは指を負傷しているようで、少し守備面での精細を欠いてるところが不安といえば不安です。
あと、マイが復帰してきたので、ここらへんでメグを休ませてあげてもいいかなと。

T.Wさんは、木村選手にはパイオニアに入ってほしかったですか?あきらめきれない感が(笑)
私も彼女にはパイオニアに入って、できればセッターをやってほしかったです。

投稿: マツ | 2007年1月28日 (日) 12時57分

>マツさん

こんばんは。いつもありがとうございます。

>木村選手にはパイオニアに入ってほしかったですか?あきらめきれない感が(笑)

えーと、、、パイオニアに入って欲しかった、というのは正確じゃないです。
ただ、今の彼女を見ていると、今のまま東レにいたのでは、彼女はこれ以上伸びないんじゃないか? という不安に襲われるだけです(東レファンの方、ごめんなさい)。海外チームでもどこでもいいんですが、「彼女の今ある個人技術」に頼らない「確固たるチーム戦術」を持ったチームでプレーすることでなければ、彼女自身が「本当に自分自身に足らないもの」が何なのかを見誤って、結果的に彼女が今以上の領域に到達することは出来ないだろうと思うのです。そして、それが不可能ならば、全日本の未来は暗いだろうと。

我が父親の受け売りではないですが(苦笑)、あの若さとあの上背を持ってして、全力でジャンプして渾身のスパイクを打つことを放棄しているようではダメです。今の彼女はどう見ても、センター付近での「ちょこまかした」移動攻撃のような攻撃ばかりに目が向いている気がしてなりません。ウイングスパイカーとして大成するためには、渾身で2段トスを打つ、さらにレセプションを行った直後にパイプ攻撃や両サイドの高速平行を安定して打てることが不可欠です。それが出来ないのなら、潔くセッターに転向すべきです。

投稿: T.w | 2007年1月31日 (水) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/13685295

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想・・・@京都府立体育館(パイオニア - 東レ):

« どなたか教えて下さい(パイオニア - デンソー) | トップページ | 結婚してたの!?(NEC - パイオニア) »