« V・プレミアリーグ(2006/07シーズン)開幕(その2) | トップページ | GAORA観戦(久光製薬 - NEC) »

2007年1月 8日 (月)

GAORA観戦(JT - 日立佐和)

雪が舞う中、夜中から職場に呼び出しがあったりして、あまりじっくりとは観戦できなかった。

JTは2セット目までは、昨日のパイオニア戦での勝利の勢いそのままに、安定したレセプション・ディグからのトランジションでの早いサイド攻撃で得点を重ね、ストレート勝ちの流れであったが、案の定第3セットに入ると徐々に日立佐和のサーブにレセプションが崩され始め、寺廻戦術の要とも言える高木選手を第4セットから代えざるを得なくなって(代わりに入った位田選手も頑張ってはいたが)、俄にガタガタと崩れていった。センターの宝来・江藤両選手がラリー中のトスアップでは頑張っているものの、如何せんトスがサイドに集中しすぎていて、センター陣の速攻があまりに少なく、リーグが進むにつれデータが集まり出すと今のウイングスパイカー陣では苦しいかもしれない。寺廻監督になって最も変わった谷口選手が、どこまで踏ん張れるか? がやはり鍵であろう。助っ人ケニーの力は本物と見て良さそうだが、彼女一人で勝ちきれる程のチーム力はまだなかったようだ。

それにしても、日立佐和の佐田選手はどうしたのだろう???
(実は、隠れ佐田樹理ファンだったりする(爆))

|

« V・プレミアリーグ(2006/07シーズン)開幕(その2) | トップページ | GAORA観戦(久光製薬 - NEC) »

コメント

 はじめまして。いつも見させていただいてます。バレーのファンサイトは多くありますが、戦術論を語っているサイト・ブログは少ないので大変ためになっております。

 私が応援しているNECはこのままだと入れ替え戦も十分考えられる状況。とりあえず怪我人の人の怪我が治ってくれると希望が見えるんですが・・・。

 JTは戦術的には固まってきていいですね。ただ、ちょっと決定力不足が気になるところでしょうか。ケニーと谷口だけでは厳しい。
 佐和は板橋姐さんが完全復帰するとなかなか健闘しそうですね。やっぱりセッターで大事だなぁと痛感させられるリーグです。
 ちなみに、佐田選手は怪我だと聞きましたよ。もうしばらくは出場は難しいかもしれません。

 それでは長々と失礼しました。

投稿: 近江牛 | 2007年1月 8日 (月) 08時16分

>近江牛さん

初めまして。コメントありがとうございます。
しかも、佐田樹理選手の情報まで教えて頂きありがとうございます。そうですか、怪我なんですね。

NECですが、東レ戦は惜しかったですね。今年は久々にバックオーダーに戻していますが、今ひとつフォーメーションがしっくりいっていない気がします。やはりリーカ選手の怪我が痛かったのでしょうか?
JTは、予想通りセンター線の打数の少なさが、決定力不足に拍車をかけているようです。谷口選手は攻撃面では頑張っていますが、レセプションが課題ですし、高木新キャプテンは「いっぱいいっぱい」といった感じでしょうか?

投稿: T.w | 2007年1月16日 (火) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/13378096

この記事へのトラックバック一覧です: GAORA観戦(JT - 日立佐和):

« V・プレミアリーグ(2006/07シーズン)開幕(その2) | トップページ | GAORA観戦(久光製薬 - NEC) »