« バレヲタのDNA!? | トップページ | V・プレミアリーグ(2006/07シーズン)開幕(その2) »

2007年1月 7日 (日)

V・プレミアリーグ(2006/07シーズン)開幕(その1)

何とか予定通り、尼崎に辿り着くことが出来た。
我がパイオニアレッドウイングスは、残念ながら開幕戦を勝利で飾ることは出来なかったが、本日の尼崎会場で試合をした4チームを見ての感想だが、今シーズンは通常よりも開幕時期が遅かった割には、どのチームもまだまだ「試行錯誤の段階」だな、ということだ。

第1試合:武富士 - 東レ

エステス(旧姓アルタモノワ)選手をどう使うのか? が最も私の興味を惹いた部分であったが、裏レフトに配されていた。代わりに昨シーズン裏レフトとして特にリーグ序盤で大活躍を見せた吉澤選手は、オポジットに配されるフォーメーションであった。イメージとしては、裏レフトにケニア選手を配しオポジットに成田選手を配していた、昨シーズンの久光製薬に似ている感じとなるが、その実は全然異なり、リベロ(和久山選手)とオポジットの吉澤選手と「裏」レフトのエステス選手でレセプションを行う、即ち「表」レフトの足立選手がレセプションを行わない、いわば "スーパーエース" 的な扱いとなるフォーメーションとなっていた(昨シーズンの久光の場合は、「裏」レフトのケニア選手がそれに相当していた)。そのため足立選手が後衛に回ると、基本的に彼女はレセプションフォーメーションから外れて、バックアタックを打つフォーメーションとなっており、実際に何本か彼女のバックアタック(バックライトからあるいはパイプ攻撃)を見せていたが、そもそも彼女はテクニシャンタイプのプレーヤーであり、強力なバックアタックを打つタイプではないため、さほど有効なフォーメーションとは思えなかった。さらには、昨シーズンと異なり、レセプションの要である吉澤選手をオポジットに配したために、セッターが後衛センターのレセプションフォーメーションで「女子型」のフォーメーションを取らざるを得ず、さらに運悪くそのフォーメーションで唯一、足立選手が後衛にいながらレセプションを行わざるを得なくなっていたため、その際に前衛レフトにいるエステス選手へのレフトオープンへ上げざるを得ない苦しい形となって、実際東レに奪われた第2セットは、そのローテーションでセット序盤に連続失点を喫して取られてしまった、、、。

恐らく武富士は、今シーズンも本当はハニーフ選手に来てもらいたかった、あるいはその目論見でフォーメーションを組んでいたのではないだろうか? それが叶わなかったために、急遽「配列」を修正している段階のように思えた。レセプションをこなせるエステス選手が加わることになって、レセプションを苦手とする足立選手をレセプションから外すこと、を第一に考えて今の「配列」を選んだのであろうが、結果的には上述の弱点に加えて(実際にエステス選手が昨シーズンの久光のケニア選手並みの攻撃力を発揮できれば、さほど問題ないと考えているのかもしれないが、まだ開幕戦を見る限りは恐らく彼女の「試合勘」がまだ戻っていない印象で、本来の(かつての?)力は発揮できていなかった)、昨シーズン武富士が上位進出を果たした原動力にもなった、2つの違う種類の攻撃パターン(足立・吉澤両選手への早いレフト平行と、ハニーフ選手への2段トス)を上手く試合中に使い分けて戦うという形も、吉澤選手がオポジットに配されていることで、見せられない形となっていた、、、。

昨シーズンから本格的に取り組んでいる、組織的リードブロックについては、内藤選手及び途中から出場した石川選手を中心に見事に機能しており、その点は評価できたが、「配列」については恐らくまだ「試行錯誤」の段階なのであろう、、、。

|

« バレヲタのDNA!? | トップページ | V・プレミアリーグ(2006/07シーズン)開幕(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/13367221

この記事へのトラックバック一覧です: V・プレミアリーグ(2006/07シーズン)開幕(その1):

« バレヲタのDNA!? | トップページ | V・プレミアリーグ(2006/07シーズン)開幕(その2) »