« (世界バレーPool F)ロシア - ブラジル(その1) | トップページ | (世界バレーPool F)ドイツ - アメリカ(その1) »

2006年11月14日 (火)

(世界バレーPool F)ロシア - ブラジル(その2)

第3セットも、基本的には第2セットと流れは変わらず。ただ、ブラジルが「独り相撲」を取ってジュースの展開になっただけの話、、、すなわち、ブラジルが適度にスパイクミスを犯してロシアに点を献上しているだけで、ロシア自体は何にもしていない。ブロックの上を抜いてもブラジルレシーブ陣に拾われ、ムキになって下に打ち付ければまともにヴァレウスカ・ファビアナのブロックの餌食になり、、、一方のブラジルは第1セット以降、ゴーディナ・ガモワの強烈なスパイクサーブにも、レセプションはほとんど乱れず、ロシアがブロックでワンタッチを取ったと思っても、それを繋いでトスを上げる場面で、今度はロシアが「ダブルコンタクト」の反則! 第1セット終盤の、ブラジルのファビが取られた「ダブルコンタクト」以降、各選手がみんな若干不安げにトスを上げにいっていたものが、ロシアの選手達にとってはこの第3セットの「ダブルコンタクト」で完全にピークに達し、以降アンダーハンドレシーブでしかトスが上げられない状態に陥り、、、これではいくらロシアのウイングスパイカー陣であっても、決定力はなくなってしまい、ベテランのゴーディナもミスをし始める。27-25でブラジル。

第4セット、ロシアはサフローノワに代えてクリコワでスタートするも、セット早々にクリコワがサーブで狙われて崩され、またすぐにサフローノワに戻さざるを得ない展開、、、単発では強烈なスパイクやブロックも出るが、流れを掴むようなプレーはロシアには生まれない。イヤ、生まれないはずだったのだが、、、15-14とブラジルリードの場面でこの試合最大のヤマ場が訪れた! ファビアナの見事な速攻が決まってテクニカルタイムアウトと、会場の誰もが思った瞬間、一瞬の沈黙を置いて、気づけば主審は「ロシアのポイントである」と合図している。会場全体が「何が起こったの?」という状態、、、当然ブラジルはコート上の選手もベンチも怒りがおさまらない(ビデオで見る限り、恐らくはファビアナの「タッチネット」の反則という判定なのだろうと思うが、、、)。特に当事者のファビアナの怒りは頂点に達し、ネット越しにガモワと一触即発の雰囲気、、、。その判定で流れが変わり、フォフォンも敢えてそのあとも2連続で興奮さめやらぬファビアナを使ったのが完全に裏目に出て、連続失点、ロシアが逆転する。そのイヤな流れを断ち切ったのは、この日好調のジャケリネ。その状況下でも興奮せずに、冷静にブロックアウトを取って、もう一度流れを引き込む。そこからしばらく一進一退の攻防となるも、ゴーディナが連続スパイクミスを犯して勝負あり。最後は、ファビアナが「これで文句ないだろ!」と言わんばかりの速攻を決めて、25-22。

ビデオを見ると、リューバのコンディションにやや問題が生じているとのことだが、まぁそうだとしてもやはり決勝を見越しての温存であるのは間違いないであろう。彼女がいれば、展開はもう少し変わっていた可能性はある。その意味で、もし今大会の決勝戦が再びこの両チームの戦いとなったとして、ブラジル有利とまで言い切る自信はない。ただ、この日のブラジル戦を見る限り(女子バレー三昧の写真に写る、試合後のゴーディナの涙を見ると、必ずしもロシアがリューバを温存することで「試合を捨てていた」とも言い切れないわけで、、、)結局何年来ロシアが抱え続けている大きな問題点は、新しくイタリア人の監督を招いた現状でも、いっこうに改善された気配がないのだ。即ち、「力と力の真っ向勝負」しか出来ないため、自分たちの「力」(=即ち、高さのあるスパイクなり、力強いスパイクサーブなり)が相手に通用しないと、そこからは全く打開策が生まれてこない、、、確かに、イタリア人監督になり、これまでとは異なり組織的なブロックを行おうという意図は伺えるし、「何かを変えよう」としているのは感じるのだが、、、結局、この問題点を解消できない限りは、世界ランク1位でありながら本番ではキューバに全く歯が立たなかったシドニー前後同様、今後も金メダルは遠いような気がしてならない。

|

« (世界バレーPool F)ロシア - ブラジル(その1) | トップページ | (世界バレーPool F)ドイツ - アメリカ(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/12677751

この記事へのトラックバック一覧です: (世界バレーPool F)ロシア - ブラジル(その2):

« (世界バレーPool F)ロシア - ブラジル(その1) | トップページ | (世界バレーPool F)ドイツ - アメリカ(その1) »