« (世界バレーPool B)ドイツ - 中国 | トップページ | (世界バレーPool F)中国 - ブラジル »

2006年11月 8日 (水)

(世界バレーPool F)ドイツ - オランダ

日本の入った Pool E、すなわち Pool A と Pool D の上位4チーム同士の結果は、予想されたことながら、初日からはっきり出てしまった、、、。Pool A 1位の台湾が Pool D の4位のトルコにあっさり負け、他の3試合もすべて Pool A のチームが負けてしまったわけで、明らかに Pool A のレベルが低かったのが露呈した形だ、、、(まぁ、日本が露骨に優遇されているのは今に始まったことではなく、世界のバレー関係者なら周知の事実だから、誰も文句など言わないだろうが(爆))。

さて、一方の実力伯仲の Pool F。今日一番の注目カードは、ここ数回の投稿で書いたとおり、ここにきて明らかに急速に力をつけてきている、ドイツとオランダの対戦。

第1セットから第2セット序盤までは、中国戦でドイツが見せた「堅実な」バレーそのままにドイツが先行するが、第2セット中盤からは、1次リーグでオランダが見せた「相手の弱点を確実かつ徹底的につく」サーブで、中国戦では全くミスらしいミスのなかったドイツから連続のミスを誘って、第2セットを取り返す。ドイツの試合を見るのは2試合目だが、中国戦はやはり「出来過ぎ」だったのか?? 一方、オランダのリベロのヤネカ(スカパーの放送ではファン・ティエネンと紹介されていた)のレセプションの安定ぶりは相変わらず素晴らしい! ランキングでは規定受け数に達せずにランク外となっているが、レセプション効果率自体は現在も全選手中でトップのまま。要するに「あまりにも上手いため」にどこのチームも彼女に取らせまいと必死なのである。中国も然り、今日のドイツも然りであった。これはオランダにしてみれば大変楽な展開である。コート半分以上を彼女に守らせて、残りの半分以下の範囲を2人でレセプションすればよく、そして相手はほぼ確実に、その狭い方の範囲に打ってくると分かっているのだから。

第3・第4セットはお互いにミスの少ない、緊迫した展開。ドイツの3枚ブロックを多用したバンチ・リードブロックも素晴らしいのだが、やはり前回の投稿で懸念したとおり、ヨーロッパ勢のチームとしては上背がないだけに、ワンタッチをきっちりとっても、トランジションで上背のあるオランダのブロック陣に逆にワンタッチを取られてしまう上、ネット際での攻防はことごとくオランダに軍配が上がる。一方のオランダは、フリールも試合を重ねる毎に安定感を増してきて、ミスも明らかに減ってきた。彼女のラリー中にトスを上げにいく姿を見ていると、「ひょっとしてセリンジャー(息子)監督は、将来的に2セッター制構想を抱いているのか?」とまで思わせるぐらいで、今までのオランダとは全くイメージの違う、緻密なバレーを見せる。1セットずつを取り合って迎えた第5セット。ここまで来て、オランダの「肝心な場面で頼れる選手がいない」本質が露呈し始め、ミスを連発してドイツが8-4とリードしてチェンジコート。それまで安定して決めていたフリールも決まらなくなり、「ここまでか、、、」と思われたが、ここから再び冷静なサーブ戦術でドイツのレセプションを乱し、ブロックで得点するパターンがはまり出し、遂に13-13と追いつく。先にマッチポイントを握られるも、最後も連続ブロックで16-14。試合後はみんなが笑顔で喜ぶ中、一人フリールだけが最後の「自分のふがいなさ」に対してか? それとも勝利に感極まったか? 泣き崩れていたのが印象的であった。

オランダは着実に、試合を重ねる毎に強くなっている。一方のドイツも、第2セットの中盤以降にのみミスを連発したが、第3セットからは立て直してきた。中国戦の戦いぶりは決して「出来過ぎだっただけ」ではないと確信した。上背のないアジア勢が「理想とするべき」バレースタイルを体現していると思う。さほど上背のないブラジルとも互角の戦いを見せるのではないか? と期待される。これが世界ランキング16位と18位のチームの対戦だなんて!? 全く世界ランキングなんて意味ないじゃん!

|

« (世界バレーPool B)ドイツ - 中国 | トップページ | (世界バレーPool F)中国 - ブラジル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/12612637

この記事へのトラックバック一覧です: (世界バレーPool F)ドイツ - オランダ:

« (世界バレーPool B)ドイツ - 中国 | トップページ | (世界バレーPool F)中国 - ブラジル »