« フランシーも大好きな、、、 | トップページ | "リベロ"についてルール確認(その1) »

2006年10月10日 (火)

『女子バレーの女神たち』

今日は、いつもと趣を変えて、書籍を2つほど紹介。

『甦る全日本女子バレー 新たな闘い』・『100%の闘争心 全日本女子バレーの栄光、挫折、そして再生』に引き続き出版された、吉井妙子氏の全日本女子バレー関連書籍、、、『女子バレーの女神たち』を読んでみた。

確かに、ネット上でさんざん指摘されていたように、明らかに事実と異なる不正確な記述(特に、Vリーグ女子の決勝第3戦の、パイオニア優勝決定の瞬間のプレーなど)もあるのだが、私個人的には一応、「読む価値はある」本だと思う。世界バレーが近づくにつれ、(予想通りに)嫌気がさすほどアイドル的取り上げ方をされている各選手たちの本音が、少しながらも垣間見える本だと感じた。筆者の主観的記述は別にしても、インタビュー的に書かれている各選手の言葉は、事実からそう大きくねじ曲げられてはいないであろうから。特に竹下選手の「(低身長セッターの)私は繋ぎ役に徹した方が日本の(将来の)ためにはいいんじゃないか」といった発言や、イタリアセリエAリーグを経験した高橋みゆき選手の、「世界の視点から日本のバレーを見るようになった」などの発言からは、現在の「柳本JAPAN」にあって中核を担う選手たちが、今何を考え、葛藤しながらプレーしているのか? と想像を駆り立てられた。いつも戦術中心、すなわち「監督の視点から」語ることを意識している当ブログではあるが、その戦術を実行するのは「ただの駒」ではなく、選手という「一人の人間」である。あとがきにこうあった。

「女子バレーには中高年の隠れ男性ファンが多く存在する・・・(中略)・・・しかし、この層はバレーの試合会場には足を運ばない・・・(中略)・・・彼らが野球やサッカーを観に行くように、Vリーグや国際大会の会場に足を運んでくれたら、バレー人気にも本物感が生まれる。本書はそんな彼らの手引き書になることを願って執筆した。選手の人間性が分かれば、応援の熱も変わってくる。」

当サイト及び、当ブログは「戦術をみれるようなファン」が少しでも増えてくれれば、という思いで作っているが、戦術すなわち「監督側の視点」と、その戦術を実行する「選手側の視点」の両方が備わって初めて、「本当のバレーファン」が増えるのかもしれない。その意味で、(決してすべてを鵜呑みにせず、批判的態度も持ったうえでという前提で)一度読んで頂きたい。全体的な内容は前2作の内容と重なる部分も多いだけに、前2作を読んでらっしゃらない方にとっては、この1冊だけで前2冊を買わずに済むかもしれない。

もう一つ、こちらは一般の書籍店では購入不可能な『Coaching & Playing Volleyball(CPV)』の44号(2006年9/10月号)。特集が「勝利の方程式」と名付けられ、我がパイオニア・レッドウイングスの新監督である、吉田敏明氏の「データから勝利の要因を探る」も取り上げられており、こちらも一読に値する。

購入はこちらからどうぞ。

|

« フランシーも大好きな、、、 | トップページ | "リベロ"についてルール確認(その1) »

コメント

お、「女子バレーの女神達」、僕も買いましたよ。

たまには、練習のぞきにきてくださいや。最近、チーム状態下降気味ですわ。個々のメンバーはそろってるんですけどね。

世界バレーの取材を上司にお願いしたんですが、一笑に付されましたわ。せっかくのチャンスなのに無念です。

投稿: オーツカ | 2006年10月12日 (木) 19時57分

>オーツカくん

世界バレーも全日本のいないグループの取材ならどうなん? フランシーがオランダナショナルチームの練習に復帰しているらしいっていう情報もあるし、もしそれが事実なら確か神戸会場だったはずやから、仕事の合間にちょっと覗きに行くぐらい出来るんちゃうの?

投稿: T.w | 2006年10月19日 (木) 00時06分

まぁ恐らく、日本戦以外はウチんところも派遣しないと思うんで、もぐりこめると思いますよ。最近、自由に予定を組めるようになってしまったんで、ご要望あれば行きますよ。ただ、言葉通じるか怪しいですけど。

投稿: オーツカ | 2006年10月19日 (木) 20時24分

じゃあ、是非是非!神戸会場のレポートを個人的に(爆)教えて下さい。待ってるよ!

因みに、神戸会場当日チケットってあるんかな? 3連休のどこかでは観戦してみたいなぁ、、、。

投稿: T.w | 2006年10月29日 (日) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/12232277

この記事へのトラックバック一覧です: 『女子バレーの女神たち』:

« フランシーも大好きな、、、 | トップページ | "リベロ"についてルール確認(その1) »