« ワールドグランプリ | トップページ | ワールドグランプリ 日本-ブラジル(その2) »

2006年8月21日 (月)

ワールドグランプリ 日本-ブラジル(その1)

やっと見た、ビデオで。

案の定の展開、、、。大山選手が後衛でもサーブカットフォーメーションから外れているとは、前回の投稿時には知らなかったが、これなら相手チームとしては、サーブで前衛のウイグスパイカーを狙うのが定石であろう。そう、大山選手が前衛の場面で木村沙織選手を狙えと前回の投稿で書いたのは勿論、彼女のパイプを潰して大山選手の2段トスのみにさせて3枚ブロックで封じるためだが、大山選手が後衛の場面でも、対角レフトに配される前衛の木村選手を狙えば、バンチ・リードブロックシステムを敷く上で支障となる前衛両サイドの早い攻撃はなくなる(あるとしても高橋選手のみマークすればよい)。スプレッドで構えなくてよいため、大山選手がいくら後衛でサーブカットフォーメーションから外れていようとも、彼女のパイプは使えない、、、。

そして極めつけは、第2セットの後半、徹底的に後衛の木村沙織選手がサーブで狙われ崩された場面。苦し紛れなのか? 考え抜いた秘策なのか? 真偽のほどは定かでないものの、竹下選手を小山選手に、大山選手を落合選手に交代して木村選手をセッターにさせていたが、この場面は例の「セッター(即ちこの場合は木村選手)が後衛センターに位置するサーブカットフォーメーション」であった(詳しくはこちらを参照のこと)。この場面でライト/オポジットの役割となった(即ち木村選手の対角の)落合選手は「サーブカットの要」として投入されており、即ち「女子型(=ライト/オポジット=ユーティリティープレーヤー型)」のサーブカットフォーメーションとなるため、当然のことながらブラジル女子のサーバーであったサッサ選手は、強力なジャンプサーブを落合選手目がけて打ってきた。結果は言わずもがな、といったところか、、、。柳本監督って、確か今年のVリーグ女子決勝戦ちゃんと見ていた(解説していた)はずだよねぇ、、、。

|

« ワールドグランプリ | トップページ | ワールドグランプリ 日本-ブラジル(その2) »

コメント

はじめまして。
以前トラックバックしていただきました「knowledge kingdom」管理人のマツです。
いつも拝見させていただいてます。
トラックバックしていただいた時には、恐れ多くてビビりまくってしまいました。ご挨拶が遅れて申し訳ありません。
今回、どうしても管理人さんにお伺いしたいことがあります。
ズバリ、今年の全日本女子をどう思いますか?
「変化とスピード+高さ」に適ってると思いますか?
私個人的には、「レシーブのできない(あてにできない)サイドアタッカーはいらない」と思っていまして、いてもSA的な役割として一人かと。
某パイオニア選手を贔屓しているせいか、キャッチにも入れてバックアタックも打てる控え選手がいたらなぁと思ってしまうのですが・・・。(ブラジルから一人くらい借りれたらとも思いましたけど)
木村選手がケガでもしたら終わりのような気がして仕方ありません。

投稿: マツ | 2006年8月21日 (月) 23時38分

>マツさん

初めまして。こちらこそいつも"knowledg kingdom"を拝見させて頂いているので、何か「初めまして」という気がしません(笑)。

えーっと、、、今年の全日本女子の感想ですか?
確かに昨年のチーム構成を中心にしながら、そこに「高さのある選手」を加えた、というのは事実だと思います。去年のチームは絶対的に世界レベルの「高さ」がなかった、という認識はきちんと監督の中にあるのでしょう。
ただ、私はいつも思うんですが、ちょうどマツさんがコメントをしていただいている同じ時間に、私が投稿しようとしていた(その2)の方とダブる話になりますが、「誰をメンバーに選ぶか?」から始まって、「そのメンバーで出来るバレーを見つける」のでは、いくら練習を積んでも伸びしろに「限界」があると思うのです。「その選手にしかできないプレー」を前提にして戦術を組み立てて、それがうまくいくことはあっても、うまくいかないときにどうするのか? 今の世界のバレー界にあっては、きちんと相手にデータバレーを駆使されれば、こちらの思い通りに戦術を組み立てることなど不可能です。よく「自分たちのバレーが出来なかったから、、、」とかいう、自分たちが力を出し切れなかったから負けたかのような敗戦の弁を聞きますが、正確に言えば「自分たちのバレーを相手にさせてもらえなかった」のであって、それこそがチームとしての本当の実力なのです。

以前、フロントオーダーの欠点を書いた投稿で、逆にフロントオーダーで成功した例としてアテネ五輪のOQTの全日本女子を挙げましたが、あれは「あの時限りの策」だから成功したのです。負ければ終わりという、追いつめられた場面での策としては、苦し紛れでも結果が出ればいい。しかし、まだ北京五輪まで2年(OQTまで約1年半)あるのです。「負けても構わない」年に、明らかにチーム戦術として劣っているフロントオーダーでローテーションを組むなどという「守り」の姿勢ではダメでしょう。これ以上は書くのは控えますが(どうしても本音を、ということなら個人的にメールを送って頂ければ、お返事します)、明らかにチーム戦術として優れていて、外国勢が当たり前のように使っているバックオーダーの配列を使えるメンバーを選ぶべきです。

投稿: T.w | 2006年8月23日 (水) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/11547868

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドグランプリ 日本-ブラジル(その1):

« ワールドグランプリ | トップページ | ワールドグランプリ 日本-ブラジル(その2) »