« 『ばれにゅ☆どっとねっと』に、、、 | トップページ | ワールドグランプリ 日本-ブラジル(その1) »

2006年8月20日 (日)

ワールドグランプリ

非国民の私(笑)は、日本の試合はまだ見ていない。見たのはブラジル女子の2試合のみ。

ただ、せっかく最近立て続けに書いていた戦術に絡めて書くと、全日本女子の今回のスタメンの配列は「フロントオーダー」のようだ。これは高橋みゆき選手と木村沙織選手を同時にスタメンとして使おうとする(さらに言えば、竹下選手がセッターであるというのが大前提として)ならば、至極納得のいく戦術である。その兆しはモントルーやクールマイヨールを見ていても感じたので、大体見当はついた。

竹下選手がセッターである以上、彼女と高橋みゆき選手の2人が同時に前衛になるといくらなんでもブロックシステムは破綻する。従って、高橋選手はライト/オポジットに配する以外にはあり得ない。さらに木村沙織選手もスタメンで使うのならば、以前書いた「フロントオーダーの欠点」である「ライト/オポジットの選手と裏レフトの関係」を逆手にとって、木村選手を裏レフトとして「フロントオーダー」で配列させれば、ライトからの攻撃が得意な木村選手がライトから、レフトからの攻撃が得意な高橋選手がレフトから攻撃することが可能となる。そして表レフトには比較的サーブレシーブを苦手とする大山選手を配すれば、「フロントオーダーの致命的欠点」であるセッターが後衛レフトでのサーブカットフォーメーションで、彼女をサーブカットから「外す」ことで欠点が補える形になる。

但し、この配列での最大の問題点は、このスタメンメンバーの中で最もバックアタックを要求されるはずの大山選手が「表」レフト、即ちセッターと隣り合わせで配されるため、チーム戦術としてコンビネーションに組み込まれたバックアタック(即ちパイプ攻撃)がほとんどなくなる危険性がある(相手チームの作戦次第で、そう持ち込むことが出来る)、、、。私が外国チームのアナリストであったなら、今の全日本を相手にする際に、サーブを狙う位置としてこう指示する。セッターが前衛で大山選手も前衛の場面ではジャンプサーバー以外は前衛センターに取らせるような緩いサーブを、ジャンプサーバーには木村沙織選手を狙うように、と、そして大山選手が後衛の場面では彼女を狙うように、と。

|

« 『ばれにゅ☆どっとねっと』に、、、 | トップページ | ワールドグランプリ 日本-ブラジル(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105977/11516201

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドグランプリ:

« 『ばれにゅ☆どっとねっと』に、、、 | トップページ | ワールドグランプリ 日本-ブラジル(その1) »